刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 嵐吹くこの街で。

<<   作成日時 : 2016/04/17 10:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

おはようございます、五条です。さて本日はサイファーのリアルタイムイベント「ハンドレット・コルドロン」が行われております。(11:00更新)





<お知らせ>
尚、本日以降日曜は仕事になってしまったため、3ターン目〜7ターン目くらいまで自宅を離れてます。
そのため、今回以降当分の間、リアルタイム更新はほぼ行えない(開始直後と終了後の1回ずつのみの更新になる)と思われます。ご了承ください。





先日、軍艦島勢力の中心的存在であったうずめ様をはじめとする7体の有力ダークネスとの決戦が名古屋にて行われました。
その結果、アフリカンパンサーを除く6体の灼滅に成功したのですが…


ここで動いたのが、六六六人衆の上位ダークネスである「???」ことトリプルクエスチョンとエンドレスノット
彼らは名古屋市を巨大な密室に変化させしめると共に、市民の殺戮を開始。
その目的は、先の決戦で灼滅された6体の有力ダークネスを「ハンドレットナンバー」なる上位の六六六人衆として蘇生すること。


そのようなコトを看過するワケにはいかない、というコトで早速とばかり阻止するための作戦が開始。
リアルタイムイベント「ハンドレット・コルドロン」決行の運びと相成りました。


今回のポイントは、なんといってもハンドレットナンバー蘇生儀式でしょう。
5ターン目までに儀式を行っている拠点を全て制圧するか、そのための殺戮を行っている名古屋市街を制圧するコトが勝利条件となっていますが、儀式拠点を制圧しなかった場合、ハンドレットナンバーにはならずとも上位の六六六人衆としての蘇生は達成されるらしく、出来れば全拠点制圧して勝ちたいところ。
しかし早めに名古屋市街を制圧し、市民への犠牲を最小限にしたいとも思うところで…悩ましいところ。


今回は私の地元たる名古屋市が舞台ということで、見慣れた地名が作戦図に並んでおり親近感抜群。
因みに、新幹線の改札とメイチカは直接繋がっていない(一応南改札から出てちょっと歩けば名鉄名古屋駅の構内に入れ、そこを経由してメイチカに行けます)というのは名古屋オフ参加経験のある方ならご存知のコトかと思われます。
ついでにメイチカとエスカも直接は繋がってません、というか新幹線の北改札から出るとエスカ入口が目と鼻の先です。
一応、作戦図でメイチカと括られている範囲内にJRセントラルタワーズの1階部分にあたるコンコースも含まれていると解釈すれば、まああの作戦図も間違ってはいないのですが。


これは普段以上の気合を以て挑みたい…ところであったのですが、生憎と今回も仕事のためスマホからの参加に留まります。
そしてリアルタイム更新もほぼできません。一応行ってはいますが、今回の作戦の都合上、次の更新は終戦後になるかと思われます。



と言ってる間に2ターン目がきてました。というわけでここで一旦エントリアップ。




<11:00>
しかし今日はやたらと風が強い状況。その上雨も降っているという酷いコンディションです。
これが日曜でなかったら仕事休んでたレベル…ですが日曜出勤の場合休むワケにはいかないので行かざるを得ないという辛いところ。
まあ、頑張ってきます。


ともあれ、1ターン目結果出ました。
4は制圧したものの他は殆ど削れず。その4もギリギリ制圧しきれたという状況であり、サイファーも過疎ったなと思わされてしまいますね…

これは一点突破で行くしかないか、というわけで2ターン目は全員9に吶喊させる方向。
ここを落とせば12への道が開かれるので、12制圧を以て勝利し市民への犠牲を最小限に抑えるという方針が取れるというワケですね。
ついでに(?)楢山御前の再灼滅も可能。


何やら今回は今までと違った意味でハードな戦いになりそうですが、はてさてどうなるか…。




というところで仕事行ってきます。次の更新は帰宅後に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嵐吹くこの街で。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる