刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 我ら共に目指した剛の拳。

<<   作成日時 : 2012/08/14 04:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

砕破と略すとどうしてもこっちが出てきてしまいます。五条です。さて日曜のコトになりますが、とうとうアレが開始となりましたですよ。





TW4「サイキックハーツ」!


私も開始と同時にPC登録すべく突撃しましたが……



何故かTOPページがバグる

しかし周囲はちゃんと登録画面に行けたりしてたので何故だろう…と暫し疑問に思っていたのですが、ブラウザをIE7から火狐に変えて見たらちゃんと表示されました。
やはりIE7ではもう限界なんでしょうか…。


ともあれ早速PC登録へ。
色々と仕様が違ったりして戸惑いましたが、無事に登録完了です。
改めてメアドを登録する必要があったので、プレイヤー情報の管理もエンブレ以前とは別個になってるっぽいですね。

そんなわけで、早速PC晒し。
タシュラフェル・メーベルナッハ、通称タシェ。ダンピールが登録可能だからとばかり登録したメーベルナッハ一族の新たなる娘です。
性格設定は登録寸前までかなり悩んだ結果、基本何事にも気だるげなアンニュイ娘に。勿論エロいコトには積極的ですが。
ともあれ、お会いしましたらば一つ宜しくしてやって下さいませ。


PC登録も済んだところで、早速ゲーム解説を一通り読んでみましたが…とりあえず雑感をつらつらと。

この項目のイラストの娘さんパンモロすぎて困る。
・学園の名前は「武蔵坂学園」。事前情報で一切出てこなかったのでここに書いて覚えてみようという魂胆。
・サイキック=アビリティ、ESP=本業能力と考えれば良いようです。
・ただし今回、防具にもESPがついている模様。

・バベルの鎖の効果を簡単に纏めてみると…「サイキックでしかダメージを受けなくなる」「自分や自分が起こした怪奇現象の情報が広がらなくなる」「自分に対する危険予知ができる」こんな処でしょうか。

・今回、学園生徒はほぼ全員灼滅者。
・一般人の生徒は、後述のエクスブレインのみの模様。
・一応教師は一般人らしい。
・魔人生徒会の概要からするに、将来PCが生徒会入りできる可能性もあるのでしょうか?
・4月の「地獄合宿」って何ぞ…!?
・また、運動会が5月にあったり、10月にはマラソン大会・11月には芸術発表会と、銀誓館には無かった行事も色々増えてますね。
・マラソン大会を如何にサボるかも醍醐味の一つかもしれない?
・やっぱり臨海学校ではダークネスとの戦いがセットになってくるんでしょうか…。
・そう言えば後期期末テストだけ行事表にありませんが、何故でしょう?

・銀雨のイグカみたいなスレイヤーカードもあります。
・今回、能力解放のキーワードは自由に決められるようです。
「イグニッション!」と叫ぶ人はどれくらいいるでしょうか。
・更に、武蔵坂学園関連店舗ではスレイヤーカードをご提示頂くと漏れなく全商品10%オフ!
・後、ダークネスも「ダークネスカード」を持っている場合があるそうな。

・エクスブレインは銀雨の運命予報士に相当する立場のようです。
・また、OP情報から外れる行動は「敵に確実にバレる」という理由で明確に非推奨となってます。

・ステータスは銀雨と同じ気魄術式神秘の三種が基礎。
・ただ、今回は気魄がHP、神秘が攻撃力に影響する模様。術式は両方に影響するようです。
・あと、今回攻撃力は「破壊力」「斬撃力」「魔法力」で表現されている模様。それぞれシステム的にどんな意味合いを持つかは現状不明ですが…。
・今回イニシアチブは無く、行動はレベル順に行う形。
・戦闘では敵味方ともそれぞれポジションにつき、それによって隊列が組まれます。
・サーヴァント使いは本体とサーヴァントそれぞれで2回行動できる代わり、HP・威力・エフェクト発動率が半減。

・ポジションの隊列と効果は以下。
クラッシャー(前):与ダメージ2倍
ディフェンダー(前):被ダメージ半減+時々仲間のダメージ肩代わり
ジャマー(中):エフェクト(バステや強化エンチャントの総称)を2個与える
キャスター(中):与ダメージとヒール1.5倍
スナイパー(後):命中率2倍
メディック(後):ヒール2倍+全サイキックにキュアとブレイク付与

・要するにジャマーはバステを撒いたり仲間を強化したりするバフ&デバフ係、メディックはヒーラー兼敵の強化を消したり仲間のバステを治したりする役割…という認識で良いでしょうかな。
・近距離アビは「敵の後衛を攻撃できない」だけで「自分が後衛に居る場合でも使える」。ここ重要かもしれません。
・範囲攻撃は特定の隊列のみを対象とするものしか無いようです。後、あまり対象が多いと威力が減衰したりエフェクトがかかりにくくなるようです。
・今回、同じ能力値のアビを使い続けていると徐々に命中率が落ちます一極型のPCはちょっと辛いかも?

・命中判定に関しては銀雨同様のようです。
・今回はクリティカルより更に上、再行動にあたるダブルなんてのもあるようです。

・ダメージは衝撃ダメージ殺傷ダメージの2種類。
・前者はヒールで回復可能、後者は不可能。
・RPGで言うと、前者は現在HPへのダメージ・後者は最大HPへのダメージと考えれば良いっぽいでしょうか。
・あと、HP以上のダメージを受けるとKOされるものの、10分休めば衝撃ダメージは全回復できるようです。
・また、肉体凌駕は即座に衝撃ダメージ全快という形になっています。
・殺傷ダメージは、ヒールサイキックを破壊(そのシナリオ中使用不可能な状態にする?)コトで回復できる模様。

・戦闘中に闇堕ちするコトを選択するコトも可能。
・一気にパワーアップできるので逆転の一手として考えられそうですね。

・ダークネス組織は、それぞれPCとして作成可能なルーツと宿敵関係にあるようです。
・また、PCが闇堕ちした際に変化するダークネスのタイプも、ルーツごとに固定の模様?
・学園以外にも灼滅者の組織は存在するようです。現時点では「病院」がその名前だけ公開されていますが、果たしてどんな組織なんでしょうか。

・ルーツや殲術道具についてはかなり長くなりそうなので別記事に。
・でもこれだけは言いたい。
・防具ESPの「プラチナチケット」ロォォォォォォング・ミッドナイト様じゃないか!?

・今回、エンチャントやバステは重複するので重ねがけはかなり有効そう。
・その分、キュアやブレイクの重要性も上がるでしょうか?

・毒と炎と氷の違いが分かりにくいですが、要するに…
・毒:発動率が高い。
・炎:発動率がやや落ちる代わり、発動時に自動で重ねがけされる。
・氷:自分が行動した時ではなく、攻撃された時に発動。単純に言って、相手の攻撃に氷BSをかけた相手の攻撃力が上乗せされる格好。重ねがけすればその分さらにダメージが加速していく。
・という認識。これが正しいとなると、氷BSが凄い凶悪になりそうな気がします。まあダメージは全部衝撃ダメージなのでリカバリーはできなくもないですが。
服破りの名称がエロい因みに防御力低下。
・敵専用バステのずぶ濡れうごめき恥ずかしい…これ基本的にエロ依頼専用バステじゃないでしょうか。システム的な不利は何も無いらしいですし。
・エンチャントはそれぞれ、ポジションの効果に応じたものになっているようです。
・さすがにメディックのものは癒アップとBS耐性とEN破壊に分かれてますが。

・でもって、現在β依頼予約受付中。
・現状、依頼を出しているのは銀雨から移動のMS陣ですね。
・私も早速予約してきましたが、通るかなぁ…?
・そしてNPCの何名かがいきなり闇堕ちしてます。
・そのうちの一人、陰仁神・桃香嬢(神薙使いのサンプルNPC)の物凄いおっぱいぶり。素晴らしい。

・今回、依頼のアイコンは基本的に敵のタイプによって分かれているようです。
・また、今回は依頼優先度が無いらしく、代わりに「前回の予約に落選した」「敵が自ルーツに対応した宿敵である」「運命を消費」といった要因で予約当選確率が上がるようです。
・運命はMSにファンレターを送るコトで増やせる模様。
・あと、白紙や短プレを出すなど、問題のある行動をしたPC及びその同背後PCは、予約当選率大幅低下という形でペナルティを受けるようです。時々問題になる白紙常習や薄プレ対策のようですね。

・プレイングはエンブレと同様、作戦プレとパフォプレに分かれていますが、難易度に応じてそれぞれの字数が変化。
・普通依頼でエンブレと同じ400+200文字、そこから難易度が上がるごとに50文字ずつ作戦プレの字数が増えパフォプレの字数が減少。難易度が下がった場合はその逆。
・因みに至難依頼でもパフォプレの字数が50文字残ります。まあ心情に使うといいんじゃないでしょうか。
・一方簡単依頼の場合、作戦プレよりパフォプレの字数の方が多くなります。

・依頼で闇堕ちした場合、エンブレで言う処の生死不明のような状態になるようです。
・その状態になると、闇堕ちシナリオのリクエストが可能になるとか。
・リクエスト費用は、MSを指定しなければ無料!という太っ腹仕様。
・あんまり闇堕ちが増えるとMS陣が大変そうですが…。
・因みに闇堕ちシナリオは、そのPCと関わりのあるPCが参加しやすい仕様だそうな。

・MSにリプ完成一週間以内にファンレターを出すと、運命が1点得られるほか、依頼の事後行動が行えます。
・エンブレのNextを更に進化させた感じでしょうかな。
・サイファーでも大規模戦シナリオは出るようですね。
・…あれ、そう言えばエンブレで決戦シナリオって出たっけ?


・イラストコンテンツはかなり様変わりしています。
・正直慣れるまではかなり使いづらそうだ…。
・まあエンブレ以前の仕様も、慣れるまで非常に使い勝手悪く感じましたしね。
・今回は色々オプションが付けられるようで楽しそうです。
・☆8〜でNPCセットもリクエスト可能。
・スレイヤーカードも闇堕ちバージョンをお願いできたりするんでしょうかな?


・後、課金情報の確認はページ上部の課金コンテンツのアイコンを見て確認します。
・正直分かり辛いとです…。
・しかしPC間で★の移動をする手間が無くなったのは嬉しいですね。
・あと、今回★に半年の使用期限がつきました。何でも法律との兼ね合いだとか?
・一度でも移動させれば、その後戻ってきても使用期限はリセットされますので、レア絵師ハンターの方も安心(?)


一先ずはこんな感じでしょうか。
次記事あたりで、ルーツや殲術道具、それらのサイキックについて書こうかと。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
我ら共に目指した剛の拳。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる