刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 君は夏のマタドール。

<<   作成日時 : 2008/08/18 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オリンピック中継の公式ソングで覚えてるのって、これと栄光の架橋だけだったりする五条です。さてお盆も明けたワケですが、WT・PBWの公式で大きな動きがあったのは無限だけでちょっと寂しい思いをしていたりする今日この頃。まぁそんなワケで今回はその話題。




ただ、最近寺ゲは日付変更直前に動きが発生するコトが多い為、まだ全く動きが無いとは言い切れない状況ではあるのですが…
まぁそれはさておき。





ワイルドファイア大運動会開催まで後二週間を切りましたが、ここにきて前回以上にガチな副目的が追加されました。
因みに主目的は「盛り上がるコト」。


その目的というのが、ドラゴンロード・パラダルクの企みの阻止。




どういうコトかと言いますと。
先日報告書の上がったマリンキングボスに併走して動く、謎の島の調査依頼によって判明した事実なのですが。


この島の正体は「飛天大王ガルベリオン」
ワイルドファイア七大怪獣の最後の一体で、空飛ぶ超巨大な海亀。ガメラ?

そしてそのガルベリオンの腹の上には何とドラゴン界が展開されており。
それを統べる存在が、先日の時限TOPにてその姿を現したドラゴンロード・パラダルクなのだそうです。
彼(?)は「目を覚ましている生物を支配する」という能力を持っているらしく、その力を以てガルベリオンを支配下に置いているようです。

また、その為の実行部隊として、美少女の姿に改造された「ドラグナー・ガール」を配下に従えています。
改造して現在の姿になっている為か、その容姿は全員全く同じ。ただ全体依頼のOPを見ると分かりますが、服装にはある程度のバリエーションがある模様。
彼女達は個々の能力は低いものの、他の生物を魅了し支配する能力を持っており、また、窮地に陥ると誘惑や泣き落としなどを駆使して何とか逃げようとするという、なかなか厄介な存在。
銀雨で言えばリリスみたいなヤツですな。


パラダルクの最終的な目的は、大大怪獣ワイルドファイアをも支配下に置き、その力を取り込むこと。
世界の根源とも言われるかの大大怪獣の力を取り込まれては、それこそ太刀打ちできなくなってしまいますし、仮に勝てたとしてもそれはそれで世界の破滅フラグが立ちかねないので、まず支配されるコトを回避する為の手段を考えねばなりません。



しかしパラダルクの能力は、眠りについている存在には効かないという都合の良い欠点があるそうで。
よって、先述の目的を達成する為の手段として、運動会で大大怪獣の目覚めを防止するコトになりました。結局の処、やるコト自体は全く変わってないワケです。
まぁ私は一日目にしか参加できませんが、出来るだけ盛り上がるよう頑張ってみましょうかね。



また、これに並行し、ワイルドファイア大陸の各地に散って大大怪獣を目覚めさせようとしているドラグナー・ガールを討伐する全体依頼が酒場に出ています。
難易度は普通のもあればやや難のもちらほら。最近無限の全体依頼は余り気味なので、私も何とか★を確保して参加したいのですが…無理かなぁ。





しかし、酒場の全体依頼のOP。

幸い、パラダルクは慎重な性格のようで、ブックドミネーターを倒した『不気味な力を持つ』冒険者達に対して、直接攻撃はしてこなかった。
「もしかしたら、冒険者を殺すと呪われて死ぬとでも思っているのかもしれないな」



この一文にヘタレ臭を嗅ぎ取ってしまったのは私だけだろうか。


それでなくとも、舞台がワイルドファイア大陸という性質故か、或いは現状敵も味方も目的遂行の手段が芸である点からなのか、どうもドラゴンロードとの戦いにしては緊張感が無さ過ぎるような気が。
まぁ、適度に力抜いて参加できるドラゴンロード戦というのもある意味貴重ですけど。




ともあれ私としても、ドラゴンロードが相手なら全力で参加せざるを得ない。

パビリオンとアイドルコンテストも、ちゃんと参加して参りますよー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
君は夏のマタドール。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる