刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 修羅の塔。

<<   作成日時 : 2008/05/24 04:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

極まるとここで経験値稼ぎしまくりなんですよな。五条です。さて、今回も寺ゲの話題です。





●AFO
リアイベ第二ターンの結果が出ました…が。




慈円和尚暴走し過ぎです。



いや、酒呑童子を援軍として呼んだのはまぁいいんですよ。つか慈円和尚と酒呑童子の関係が気になる処。

でもその鬼の力を借りて平織軍を蹴散らしたからと調子に乗って、都まで追撃に行くのはホントどうなんだ。


…ただ、リプレイを読むに、何かしら隠しているコトがあるようではありますが…何なのでしょうか。




ともかく、叡山防衛が成って尚戦いが終わらないとなれば、落とし所を何処に設定すべきか。
個人的に叡山壊滅は何としても避けたいので、虎長公を討つか、或いは講和を成立させるか…の二択ですかね。

今ここで虎長公を討てば、その背後に居るであろうデビルの計画もある程度挫けましょう。が、延暦寺相手に敗北を喫したとあれば尾張藩の権威は損なわれ、その下で統一されつつあった畿内がまた乱れる恐れがあります。また、虎長公は仮にも神皇様の勅命を受けて叡山を攻めていたワケなので、それが負けたとあれば神皇家の権威にも傷がつく恐れが。
そう考えると、やっぱり講和に向けて動くべきでしょうか…。が、慈円和尚の言う「ここで逃せば百年の戦が起きる」というのも正直分からないではなく。次に虎長公を討つ機会が出来たとして、それまでにどれだけ血が流れるのか…と考えると。

非常に悩む処であります…。

また、どちらを目指すかで酒呑童子の扱いも変わってきます。囮にするか捨て駒にするか…ってあんまり変わらない?

まぁ〆切の関係もあって土日を相談に使えますし、じっくり考えるとします。
今回の行動で延暦寺を見放した人が多そう、というのが凄く心配なんですけども…。





さて、PC個人の結果ですが。

今回描写があったのはころりとエルと、あともう一人……彼女





ええ、実はAFOに登録してたんですよ、彼女。
見ての通り今まで放置してましたけど。


今回は適当に戦死者の死体をズゥンビ化して戦力を補う、というプレを書いたのですが…「周囲の仲間にそれと連携するよう呼びかける」という行動が「周囲の黒僧侶にもクリエイトアンデッドを使わせる」と解釈されたようです。


戦功についてはころりの35位が最高位。哀音と虚雪が並んでて噴いた。



次のターンは、とりあえず哀音とエリゴールは鬼の迎撃に向かうとして、残りをどうするか…と悩んでます。





●CtS
旧式機体のヴァージョンアップが可能になりました。
20万Cと★400を支払うコトで、機体の特定の能力を伸ばすコトができます。ちなみにR−01だと攻撃力+30、回避・抵抗それぞれ+10です。
ある程度改造した機体を更に強化すると考えれば、費用対効果としても決して悪くはない感じですな。

私のPCの場合……仁奈かイスクでやってみようかなと現在思案中。ただリアルマネーの必要な改造ですので、やっぱり仁奈でやりますかね?
もういっそ最後までR−01で通そうかと考えてたトコですし…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
叢|ω・`)死者利用が更に比叡山を悪役に見せてしまってる気が…。
MIST
2008/05/25 23:08
2ターン目開始時点では叡山不利でしたし、守りきる為にあらゆる手段を講じたかったので、あのような手段を取ったのですが…
…やはりやり過ぎな感はあったか、と、今にしてみると思います。
虎長公も同じ手段を取るコトが出来る状況でありながら、敢えて自重していましたし…。
五条
2008/05/26 02:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
修羅の塔。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる