刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 蒼と白の境界線。

<<   作成日時 : 2008/04/26 04:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SHの曲としてはかなり異色な気がしているのですが如何でしょう。五条です。さて最近寺ゲの話題ばっかり続いていますが、今回もそれ。CtSにていよいよアレが来ましたよ。(14:36追記)






大規模作戦「ヨーロッパ攻防戦」




イタリアを制圧し、今度はスペインへの侵略を始めたバグア軍。
これに対し、逆にイタリアを攻め返して欧州からバグアを叩き出そう…というのが今回の作戦。で良いんですかね?

以前にも情報はありましたが、今回は水中の戦場もあるとの事で。
KF-14やテンタクルスを持っている人は、其方で頑張るのも良さそうですな。



私も早速仁奈で金銀銅塊を購入・換金し、昼前にテンタクルスをゲット……したのは良いのですが。



夕方、新機体登場一部既存機体値下げの告知。



5万C無駄にしたぁぁぁぁぁぁぁぁ○| ̄|_




…まぁ、やっちゃったモンは仕方ありません。




その後イスクも金塊の売却金でテンタクルスを購入。こっちは値下げ後に購入したので問題無しでした。


武装は、まず双方の副兵装に魚雷とガウスガンを装備。
主兵装は、仁奈の方にはレーザークローを装備しましたが、イスクの方はどうしようかと現在悩み中。同じくレーザークローにするか、それともツインジャイロにするか…と。

まぁ作戦開始までまだ時間はありますし、じっくり考えるとします。





<14:36追記分>



さて新しい機体についてですが。


今回新たに追加されたのは、英国王立兵器工廠製KV「EF-006ワイバーン」銀河重工製KV「XA-08B阿修羅」の計2機種。
奇しくも、いずれも変形時には人型ではなく四足獣の形態になるという特徴を持っています。確かにゾイドっぽい。



さて、その性能ですが。

まずワイバーン。
最大の特徴はまず命中力。同社のナイチンゲールを更に上回り単独トップの280という値を誇ります。これならば多少命中率の低い武器でも問題なく使えるでしょうし、元々命中率の高い武器ならば相手が余程でない限りまず当たるかと。
次に移動力。空戦型KVとしては初となる移動力5。ただ、依頼などでは多岐と足並みを揃える方が重要な場合も多いので、その辺は考えて行くべきでしょうな。

また生命・練力の値もかなり高く、いずれも現状出ているKV中でトップ。更に装甲もバイパーと同等のものを誇っており、解説通りの高い生存性・安定性を実現したKVと言えましょう。

欠点としては攻撃力と回避力の低さ。素の攻撃力は190と、岩龍とほぼ同等のモノしか持ってません。なので、あんまり命中を重視しすぎて素威力の無い武器ばかり装備してると、当たるコトは当たるけどダメージが入らないという状況も起こりうるかと思います。
回避については、まぁバイパーも同じような値なのであんまり心配する必要は無い気はします。

特殊能力は「マイクロブースト」。
ナイチンゲールに搭載されているハイマニューバの強化版のような感じで、練力50消費で1ターン移動+3、回避・命中+30という効果。
ただでさえ高い命中力を更に高めるコトが可能な為、そこを見込んで使用する場面が一番多そうですな。

総じて見ると、威力を犠牲に機動力と命中力を高めたバイパー、という感じですかね。
確実に攻撃を当てられる戦力が必要な状況においては活躍できそうです。やっぱり対シェイドの切り札になるのでしょうか?



続いて阿修羅。

特徴は何と言ってもその攻撃力。素で350と、ディアブロすら上回る凄まじい威力を持ちます。
ただし他の性能は今一つ。回避・防御いずれも150、抵抗100、挙句の果てには生命たった80という脅威の紙装甲。
また知覚も80しか無いので、非物理武器の運用には向きません。
更に、命中も現状存在するKVでは最低の140。ワイバーンとは逆に、こっちは多少威力を犠牲にしてでも命中を重視して装備を選んだ方が良いのかも知れません。

と、まぁ極めてピーキーなこの機体。つーかハヤブサと言い、銀河はこういう極端なKVが好きなんだろうか。
それでも、僅か120万という価格でこの攻撃力というのはやはり魅力的。
他の友軍機の後ろから強力な砲撃をブチかます方向でセッティングすれば、目覚しい活躍を見込めそうな気はしますが如何でしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蒼と白の境界線。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる