刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 磊塊の民、命果て。

<<   作成日時 : 2008/03/23 06:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

予定調和崩れぬ。五条です。銀雨にてリアイベがきましたが、こっちで記事に上げるのが随分と遅れてしまいました…。





というワケで、リアルタイムイベント狂鬼戦争の開催が告知されております。



戦いの舞台となるのは、栃木県にある「もみじヶ丘ニュータウン」。
因みに同名のニュータウンは実在するのですが…長崎県です。

ここでは既に、儀式によって全ての住民が死に絶え、その肉体はリビングデッドに、思念は鬼型をはじめとする地縛霊へと変えられてしまっています。
それに加え、かの組織による防衛機構も存在。

特に目を引くのが、敵の本拠であるもみじヶ丘市庁舎及びそこへの経路にやって来る増援。
発生源たる「東洋新世界ビルディング」はゴーストタウン化しており、本作戦での攻略は不可能と判断されているとの事。
となると、リアイベ後に新GTとして公開されるんでしょうかね?


まぁそれはさておき。
それらの仕掛けのみならず、今回は単に敵本拠を攻略するだけでは作戦成功とならなかったり、竜宮城のリアイベ時同様「最低限の成功条件」に加え努力目標的な要素も存在しており、何処まで出来るのか・何処までやるのかが重要なポイントになりそうです。
で、現時点ではそれを巡ってコマンダーが紛糾気味。



個人的には、とりあえず最低限メガリスは奪っておきたいなという処。
何しろ、今回「さまよえる舵輪」を破壊してしまうと、学園に残るメガリスはティンカーベルしかありません。
加えて、ナイトメアとの戦いがまだ少数ながら続いているコトも考えると、ティンカーベルは壊しづらい。
故に、壊しても問題無さそうなメガリスを確保しておきたいというのがまず一つの理由。

次に、例のフードの女性にメガリスを持って逃げられてしまうと、後々面倒なコトになりそうだという点。
具体的には、竜宮城後の幽霊船リアシナみたいな感じで。
最低限の勝利条件しか満たさなかった場合、後々何かしらの形で竹箆返しが来ると思うのです。
経験値的には寧ろそっちの方が美味しいかもだけど。

とは言え、電波塔まで押さえようとすると戦力配分やタイムテーブルがかなりタイトなコトになりそうですし…難しい処。





さて私のPC達ですが、一先ずこのように所属させてみました。


サーチャー:7th
クラッシャー:ティル・智恵理・輝沙羅
キャスター:3rd
ポゼッショナー:唯花
ディフェンダー:ニーナ
ラストスタンド:9th・12th
メディック:9th
コマンダー:11th




…ただし、コマンダーの11thに関してはキャスターかラストスタンドへ移動させようかと考えてます。
実際に相談参加してみて実感しましたが、ありゃ私のスペックではついていけない…。

6thについては現在検討中。レベルが低いのでメディックで後方支援要員にするか、術式型なのでキャスターで術式火力要員にするか。



今回もかなり厳しい戦いになりそうですが、少しでも良い結果を目指して頑張って参りますよ。







そう言えば、今陰陽都市計画についての纏めを確認していて気付いたのですが…



劉君の武器って何なんだろう。

初めてちゃんと全身図を見たのですが、こうやって見ると何か剣の鞘のようにも見えます。
バストアップだけで見た場合は錫みたいなモノかと思っていたので、やっぱり違うんかなぁと今更ながらに思う。



それと。

黒幕の御老人も何か良く分からん詠唱兵器持ってる。
パッと見は剣で間違いないのですが、どう考えても普通の長剣の類とは思えず。
彼も劉君と同じような術士であるとするなら、宝剣かそれに類する武器でしょうかね?








<ゴルロアメモ:ヴァニラさんの奇妙な冒険>

タイトルが妙なコトになっているのは気にしないで下さい。


・黄金暦91年11月:巨大な怪物討伐依頼
ちょっと前には死亡フラグとして恐れられていた(気がする)依頼。正直ヴァニラさんも年貢の納め時かとガクブルしてました。

で、結果ですが。

超巨大ムカデと遭遇したものの、これを撃破。

ヴァニラさんは軽傷を負った程度、他の仲間もそれなりの傷は負いつつも、全員無事に生還。
能力の上がりは微妙でしたが多額の財宝を獲得、情熱も100以上上がりました。


・黄金暦91年12月:グール討伐依頼
グールならまだ安心か、と思いつつも油断してポックリ…なんてコトが無ければ良いな、と心配する私をよそに討伐へ向かったヴァニラさん。

特に危ない所も無く、無事討伐を遂行して来ました。
途中でインプが出てきてちょっと焦りましたが、これも大した被害は受けず勝利。
能力もそこそこ伸び、情熱も上がりました。




さて、次回のヴァニラさんの冒険は。

人型の怪物討伐依頼、ただし情報の信頼度は

馬鹿みたいに強い敵に当たらなければいいな、と願うばかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
磊塊の民、命果て。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる