刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の為の善と書いて偽善。

<<   作成日時 : 2007/05/13 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

故に正義とは己の中にしか存在しえないモノであると。五条です。結局AFOのチャットイベントには全然顔出せてない現状ですが、皆様は如何でございましょうか。





どうもこういうチャットイベントというのは動きづらいのですよな、私…。ログインできるのが大抵日が変わるか変わらないかぐらいの時間になるのもあって。




それでも現在何とかチャット参加中。



あと、11日に行われたNPC会議はログのみ覗けたのですが…何かあまり発言が無くて寂しかったなという印象。




とりあえず情報としては、


・家康公は房総から船で三河に落ち延びたとの事。
・源徳軍はかなりやられはしたものの、壊滅という程ではなかった様子。
・尾張はお市の方対信行一派になりつつある。信行は平織家当主の座しか眼中に無い様子。
・近藤局長は強硬に長州出兵を主張したものの、晴明様や秀吉公に窘められている。
・神皇様的には尾張の件も長州の件も話し合いで解決したいらしい。
・秀吉公としては搦め手も考えている様子(大宰府関係の依頼を出す予定があるとか無いとか?)

・紅葉タンが酷く寂しそうでした。



あたりでしょうか。
既出の話題も幾つかありますが。







さて、華の乱関連の依頼リプレイが一本上がって参りましたのでご報告。
ころりで参加しておりました「【華の乱】箕輪城の桜(菊池五郎MS)」。


まず一言。



菊池MS、GJッ!


なかなか的確にころりのキャラを掴んで頂けたようで嬉しい限り。ちょっと笑い過ぎな気がしないでもないですが。
プレイングに書いた思想に関する記述も殆ど採用されていたようで幸い。



さて。
とりあえず昌幸公は、自身の一族が安泰であればそれ以上の野心は無い様子。
家康公の敵に回りはしたものの、かの御方が数少ない「天下を取れる」武将の一人である事は認めているようです。他は平織・藤豊だとか。
で、饗遊宴での口ぶりからすると秀吉公にも野心は無いようですから…天下の安定を図るには、やはり平織の騒動を一段落させるのが優先事項でしょうか。



そう言えば、リアイベ時に信玄公も言っていましたが、大体の大名は天下に対する野心が無く、寧ろ、自身の勢力基盤たる領地の安定をこそ優先しているようで。
正直、今まで抱いていたイメージとは大きく異なっていました。

今後を考えるにおいては、この事を念頭に置く必要がありそうですな。






それと、先日ギルドを覗いてみて嬉しいニュースが。


小沢田MS復活。

どうも突発的に依頼が出せなくなる状況に陥ってしまうようで…大変そうです。
が、わがままと知りつつもやはり金山依頼の続きを出して欲しいと願ってみたり。

家康公が三河に行ってしまったので、今が独立の好機では!?と思うワケですよ。
まぁOPを読むまでそれが可能かどうかは果てしなく未知数ですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人の為の善と書いて偽善。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる