刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 時代が変わる匂いがする。

<<   作成日時 : 2016/05/03 02:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

つまり己のボーダーを(略)五条です。さて今回も富ゲ、主にサイファーの話題。ってか前回の記事ちゃんと〆てませんでしたね…。





リアルタイムイベント「ハンドレッド・コルドロン」は、名古屋市街を制圧する形にて勝利。
その際に、今回の首謀者であったトリプルクエスチョンの灼滅に成功したので、一先ずの成果は挙げられたというべきでしょうか。
それに、再臨ダークネス達を倒すには戦力があまりにも足りてませんでしたし…

しかし、その後1ターンを使って掃討戦へ移行…と思った矢先に非常事態が発生。



マツコもとい黒翼卿メイヨールが武蔵坂学園へと直接攻撃を仕掛けてきたのです。
以前のサイキックアブソーバー強奪作戦といい、学園への直接攻撃好きですね爵位級ヴァンパイア…。


これへの対処を行うべく、急いで学園に戻るか、予定通り掃討戦を行うかの選択が発生。
結局、掃討戦は行わず学園へと引き返すコトに。

この結果をTW史上最悪の結果とまで言う人もいましたが、流石にそれは言い過ぎですよねぇ。
無限ではそもそも負けたリアイベも3回ありましたし、エンブレでも1回負けましたし(所謂強制敗北戦闘でしたが)。
勝ったリアイベでも、主目的しか達成できなかったリアイベは銀雨でもエンブレでも数度ありましたし。
ただ、イベピンのファイナルが中止になってしまったので、そこへの反発は仕方ないと言えましょうか…




ともあれ、メイヨール率いる部隊の迎撃作戦は全体依頼になりました。
戦力はメイヨール以下、瑠架嬢・ラゴウ・ファフニールといった朱雀門の指揮官クラスに加え、協力者的な立場としてナミダ姫やウァレフォールといった面々。
勿論、総大将であるメイヨールを撤退させるか灼滅すれば学園の勝利となるワケなのでしたが、以前から出ていた情報によれば、瑠架嬢曰く「メイヨールが灼滅されれば武蔵坂と朱雀門が全面戦争に突入するコトになる」らしいのと、瑠架嬢も学園とは対話を望んでいたっぽい雰囲気だったので、一先ずメイヨールを撤退させ瑠架嬢と対話を試みる方向になった模様。


…だったのですが。


メイヨール灼滅できちゃいました。

…恐らくメイヨールの実力が「灼滅する気でいかないと撤退すらしてくれない」レベルであるという話から、そのつもりで作戦組んだら勢い余って灼滅してしまったという形だったようで。
何にせよ、同時並行して瑠架嬢との対話も話が纏まりかけていた処にこれは痛恨でした。一先ずメイヨールは撤退させるに留めると約束した矢先の出来事でしたからなぁ。
まあ、交渉役が前線部隊に交渉結果を伝える前に前線部隊がやりすぎてしまった…と考えれば、まあ約束を反故にしてしまった感は少ない…か?
瑠架嬢は投降したという話なので、彼女との対話次第で今後の流れが決まる感じでしょうか…?

因みに、他の有力敵のうち、ラゴウとファフニールの灼滅にも成功したようです。




さて、この結果の発表に前後して、緒方校長からお話がありまして。
簡単に言うと、状況の変化によりPC達に全ての情報を開示できるようになったので、それを話すと共に、サイキックアブソーバーの最後の機能「サイキック・リベレイター」を解放するとのこと。
これを使って、各ダークネス勢力に自ら決戦を挑むべし、というコトらしいです。


…何と言うか、唐突すぎる気はします。
一応判断材料となる情報は用意されているものの、いきなり見覚えのない勢力と決戦しろというのは…。

とはいえ、ここで解放を保留してもらうのもなんか違う気がしますし、何より殲術再生弾の確保が大変そうなので、とりあえず何処かには撃つべきかなぁとも思う処ではあります。
さて、どうしたものか。





さて、今はGW真っ只中というコトで、GW恒例の縦断オフが行われております。
今回は既に4月中に東京オフが行われ、1日には島根・岩手・香川で同時オフが開催されました。
尚、オフで出た情報の確認等はまた後日…。

そして日付変わって本日は名古屋オフが行われます。
私も勿論参加予定ですので、お会いできましたらばどうぞ宜しくお願い致します。
恐らくクノンのステシ抱えて動いてると思われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時代が変わる匂いがする。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる