刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 合わせ鏡の向こう側。

<<   作成日時 : 2015/03/14 04:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そこに広がる無限のわたし。五条です。色々な方面に手を回していたら一月半もの間放置してました…!ともあれ今回は富ゲの話題。





●サイファー

♪:この子の七つのお祝いに(あさき / GuiterFreaks10thMIX & drummania9thMIX)

新たなルーツ「七不思議使い」が登場しました。

どうやら、年末の時限TOPでラブリンスターが接触した学園以外の灼滅者組織というのは彼らの組織らしく。
その件を伝えにきた彼女曰く、それとは別の九州の七不思議使い達がうずめ様によって闇堕ちさせられているとのことで、彼らを救出する全体依頼を経て、うずめ様らの本拠地・軍艦島に攻め入ることに。

それが今月1日に行われたリアルタイムイベント「軍艦島攻略戦」
私は当日は所用で外出していたので、スマホからの参戦に留まり、リアルタイム更新もできずじまいでしたが…。
結果として七不思議使い達は救出できたものの、他の副目標はいずれも達成できず、ちょっと悔いの残る結果ではありましたでしょうか…。

また、このリアイベ中に、以前から名前は聞かれていたあの存在…日本のご当地幹部「ザ・グレート定礎」が復活。
最終ターン、残るほぼ全ての戦力が突入した結果、一応KOはできたものの戦場を制圧しきれなかったため灼滅には至らず。
しかし、彼の頭である定礎石の中には何故かダヴィンチ・コードなる代物が収められているなど、なんかまた新たな謎が生まれた感じでありました。


まあそれは兎も角。

この七不思議使いですが、様々な都市伝説を喰らい「自分の七不思議」を作ることで力を得るという性質を特徴としています。
都市伝説、ですので…つまりエロ都市伝説ばかりを喰って触手やらスライムやらを操る七不思議使いなんてのもアリなワケですね。

対応するダークネス(宿敵兼闇堕ち先)は、その七不思議いずれかの姿を取り更なる都市伝説を生み出す存在「タタリガミ」
生み出した都市伝説が成長したところでそれを喰い、己の力を高めるという行動原理のようです。
現時点でもちょこちょことそうしたタタリガミを灼滅する依頼が出ていますね。


私は既に新しいPCを作る余裕がないので登録はしないと思いますが、どんな七不思議使いのPCが出てくるやら楽しみですね。




●エンブレ
ゼルフォニアの戦いに勝利したことで、いよいよ本格的に大魔女のもとへ進攻するコトになりました。
しかし、流石にそうすんなり突入ができるハズもなく。

♪:Fatal Duel(「ギルティギア・ゼクス」同キャラ戦)

大魔女はエリクシルに願いをかけることにより、己の新たな戦力として「エンドブレイカーの複製」を創造。
足を踏み入れたエンドブレイカーを、同一人物によって迎え撃つ森を城の周囲に展開しました。
大人数で突っ込むのは面倒なコトになるので、少人数のチームを複数投入し、複製エンドブレイカーを退けて森を制圧するという流れに。
そのための全体依頼が、先月下旬にリリースされていました。

私もナルで参加してましたが…

ナルは偽者もエロかった
ただし本物よりSっ気が強い模様。


ともあれ森を制圧し、6つの鍵ギガで鍵所有者となったPCさん達を中心に、今度こそ大魔女の城へ突入…

そこで待っていたものは。


♪:Premonition(「ファイナルファンタジー8」魔女関連ボス戦)

配下たる無数のマスカレイド達…の姿は全くなく、かの大魔女が居るのみ。


…ただし、たくさん


そんなとんでもない状況を実現したのが、遺失魔術「ギガンティア」
己の存在を多重化させるというその魔術により、無数に現れ重なりあう大魔女「達」でもってエンドブレイカーを迎え撃とうというわけです。

この大量の大魔女達を撃破するべく、更なる全体依頼がリリース。
共通してその目的は「大魔女の撃破」

多重化した大魔女一人一人に対し1つの依頼で対応するという形なので、各依頼ごとの敵は大魔女一人のみ。
ただしこちらも8人での対応となる上、相手が使ってくるのは「プラスワンを振るまでもなく範囲内全ての敵にダメージを与える魔術・メテオスウォーム」「単体に即死級のダメージを与える魔術・パワーワードキル」「自分の受けたダメージをなかったことにする魔術・イミュニティ」と、凄まじく強烈なものばかり。
しかしメテオスウォームにパワーワードキルというと銀雨のデスサガを思い出す。
一見、勝ち目のなさそうな相手ではありますが…

しかし、それぞれの依頼で示されたヒントとして「己の意思」が大事になるというのがありました。
つまり、この戦いにかける己の想いが勝機を導く…即ち心情が大事、というわけですね。
大魔女の魔術に対しても、これらを以てすることでダメージを抑えられる、というような記述が散見されます。

それ故なのか、今回の依頼は大規模戦イベシナ同様「ギガンティアの戦法が適用される」という仕様。
なので、戦法に関してはそちらを利用し、プレイングは心情で埋めてしまうという普段ではありえないプレイングも、今回は一つの方法としてアリかもしれません。
というか私は(今回もナルで参加した上で)そうしました。更にサポートで参加したリリとプリムも。


ともあれ、既に依頼は出発済み。来週には結果が出ると思われますが、果たしてどうなるでしょうか。




…と言いますか、どうも大魔女を倒しても、その後ろに更なる敵が居る可能性が十分に考えられるのですよね。
エンドブレイカーの複製を作り出した際、エリクシルを「外世界」から呼び出した、というようなことを言っていたので。
因みにその記述を見た銀雨以前からのプレイヤーは、皆一様にこう言ったといいます。宇宙か、と。

つまり、外世界から現れる脅威こそが真のラスボスである可能性がある、と。
そうだとしたら酷いポッと出になりそうな気がしないでもないですが…

それとは違う展開も十分考えられますが、いずれにせよ最終決戦がリアイベ以外の形というのは考え難いですし、とにかくまだ何かあるのは間違いないでしょう。
依頼の結果共々、来週果たしてどうなるか…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
合わせ鏡の向こう側。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる