刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 再びの序曲。

<<   作成日時 : 2014/08/31 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

でも悪魔城伝説は思えばその前のステージが最大の山場だった気がする五条です。難易度的な意味では。さて本日はサイファーのリアルタイムイベント「サイキックアブソーバー強奪作戦」が行われます。(最終更新19:14)





♪:Bloody Tears(IIDX EDITION)(DJ YOSHITAKA / beatmaniaIIDX13 DistorteD)


ファーストアタックの結果、主に南方面の敵に打撃を与えることに成功。
しかしボスコウの強さは巨大化ゲルマンシャーク以上というとんでもない事実までも判明、今回の戦争が一筋縄ではいかないコトを物語っております。
しかし援軍に来てくれているラブリンスターの為にも負けるワケにはいかない戦い。何としても戦い抜きませんとな。



既に1ターン目の行動入力は完了。
とりあえず2・3に均等に戦力を配分しましたが、さてどうなるか。
後々のラブリン軍へのダメージを考慮するに、出来ればここで二面落としておきたい処ですが。




<11:10>
1ターン目は3のみ制圧。2が落ちなかったのは幸運と捉える人不運と捉える人が居て認識が錯綜してる感。
やはり大勢において認識の統一ができないのは難しいですね…。

個人的には、1ターン目から順に「3→5→2&9→8→4&12→13」というルートでいけば5ターン目まで耐えられるという認識ですが、3ターン目に二面攻略が上手くいくかどうかなんですよね。
2ターン目までに2が落ちても、3ターン目に8と9を同時に落とせれば勝ち目はありますが、戦力十全な拠点を2箇所同時に落とせるかどうか、というのは厳しい処。
私は全員5に突っ込んできました(重傷食らった零のみ応援)が、さてどうなるか…。




<12:35>
2ターン目は5のみ制圧。個人的な考えとしては凡そ予定通りですが、どうやらボスコウに2ターンかけるプランは完全に崩壊してしまったようで。尤も、あの場合でも4が早期に落ちると詰むのでどっちもどっちって感じでしょうか…?

ともあれ、次が正念場の3ターン目。最低限二面制圧が前提。
私の考えとしては、希望的観測である三面攻略が最良なのは前提として、次善が2・9制圧と考えているので、戦力は9へと配分する方向で。
ここで9が落ちないとかなり厳しいので、8を捨ててでも落としに行きたい処ですが…8狙いの人もかなり多いっぽいのが悩ましい処。
最悪、8・9どちらも落ちないというコトも有り得るので…。でも私は9集中で譲らない。

悪くない結果になるコトを祈りつつ、今は待つと致しましょう。




<13:55>
3ターン目は2と9が落ちました。そして8が……

ギリギリ落ちませんでした。
ここまでギリギリになるとは予想外だ…。

一応私の想定範囲内ではあるんですが、やっぱり予断を許さない状態ではありますな…。


ともあれ4ターン目。
このターンで4を落としてしまうと(ほぼ)詰みますが、さりとて5ターン目には落とす必要があるコトを考えると出来るだけ削っておきたいというのが正直な処。
8の残敵数を考えるに、結構な浮動票が流れると考えられるので、私からはタシェと4thのみを送るに留め、残りは8に投入してきました。
上手い具合に戦力がバラけてくれれば良いのですが。




<15:35>
4ターン目は8が落ち、これでいよいよボスコウへの攻撃が可能になりました…が。

4があまり削れておらず、予めファーストアタックで削っていた12と同等の戦力が残っている状態。
一方ボスコウの居る13は、恐らく個々の質が高いのだろうというコトを考慮しても1150と、そこまで多勢というワケではない状態。

これならば下手に戦力を二分するより、ボスコウ一点集中の方が勝算は高いかもしれない…
というわけで、13一点集中を選ぶ人が多数。私もそうしてみました。
実際、23勝できればボスコウ自身を倒せなくても撤退には追い込めるので、勝利はできますしね。

幸い3rdが重傷から復帰したので、ディフェンダーとして出撃させつつ。

恐らくは勝っても負けてもこれで終わり。果たしてどうなるか…。


という処で外出するので一旦離脱。




<19:14>


♪:EVERGREEN(「悪魔城伝説」スタッフロール)

これが今の俺達のありったけだァァッ!!

っというわけで、他の方々も揃ってボスコウのもとへ突入、激しい戦いとなりました。
敵のレベルが軒並み70近いというのもあって、約90の戦場のうち6割以上で敗北したものの、それでもボーダーであった23勝はクリア。

更に、敵の大将たるボスコウの灼滅にも成功しました。
これを受けて、バーバ・ヤーガとヴラドも撤退。
サイキックアブソーバーは守られ、今回の戦争も無事武蔵坂学園の勝利で幕を閉じたのでございます。

尚、ラブリンスターの軍も同時に撤退。
曰く「今学園に攻撃されたら全滅してしまうから」との事。まあ学園にも未だに彼女に敵対的なPCさんとか居ますし、リーダーとしては賢明な判断…なんでしょうかね。
自分一人なら何とかできるものの、自分程には強くない配下の身の安全を考慮すれば適切と言えるのでは、と。


ともあれ、一時はどうなるコトやらと思いましたが今回も無事勝てて何より。
皆様、本日は大変お疲れ様でございました。これにて本日のリアルタイム更新を終了致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再びの序曲。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる