刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 三位一体の災厄。

<<   作成日時 : 2014/08/23 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

即ちトリニティ・カラミティ。五条です。明日はエンブレのリアイベですが、サイファーの方がなんかえらいコトになってきました。




昨日ロシアンタイガー討伐依頼のリプレイが返却され、見事ロシアンタイガーを撃破しました。
尤も、覚悟を決めた彼の自爆に近い結果だったようですが…。
彼が持っていた弱体化装置は回収こそ叶わなかったものの破壊はできたのでこちらは問題なしですね。

しかし、そこに鞍馬天狗&デボネアさん率いる朱雀門高校の部隊が襲撃。
とは言えこの事態も参加者さん方は予想できていたようで、これを退けるコトにも成功…したばかりか、何とデボネアさんをも灼滅せしめるに至りました。
貴重な正統派メイドが…

が、ここでデボネアさん、ロシアンタイガーから奪った「白と黒の力」を何処かに放出していました。
「継人」なる人物に向けて放出したものだそうで…少なくとも朱雀門高校の関係者であるコトは間違い無いでしょうが果たして何者でありましょうか。聞く所によれば朱雀門高校の校長にして爵位級吸血鬼の一人らしいですが。
嫌な予感を感じつつ、一夜明けて本日を迎え…



♪:Pressure(「悪魔城伝説」水没都市ステージ後半)

えらい事態が起こりました。

デボネアさんから受け取った力を用い、三名の爵位級吸血鬼が活動開始。
かの吸血鬼の代名詞たる伯爵との関連が窺われる「殺竜卿ヴラド」、なんか臼に乗っていそうな「魔女バーバ・ヤーガ」、そして奴隷ヴァンパイアの元締めである「絞首卿ボスコウ」
彼らを中心とした儀式によって、学園のサイキックアブソーバーを奪取しようと動き出しました。
彼ら爵位級吸血鬼は極めて強大で、現状ではほぼ勝ち目の無い相手とのこと。
しかし幸いなことに、一定時間耐え切れば儀式は失敗するとの事でもあるため、ここに付け入る隙があると見れるでしょう。
いずれにせよ、仕掛けてくるならこちらも迎え撃つのみでございます。


というわけで、リアルタイムイベントサイキックアブソーバー強奪作戦、開催決定と相成りました。
開催日は8/31(日)……


……エンブレのリアイベから一週間で今度はサイファーのリアイベです。
富頑張るなぁ…。



今回の戦いの鍵を握るのは、学園祭の折の約束通り援軍に来てくれたラブリンスターの軍勢。
彼女達は爵位級吸血鬼達のうち、やや戦力に劣るとされるボスコウの軍勢に攻撃を仕掛け、儀式の成就を遅らせてくれます。
ボスコウとの戦力比は互角なものの、他の吸血鬼戦力からの援軍が来ると徐々にラブリンスター側が押されてしまうとの事。
即ち、各ターンの最後に、学園が攻略可能だったが攻略できなかった戦場1つにつき1点のダメージがラブリンスター軍に与えられ、このダメージが6点に達するとラブリンスター軍は崩壊、儀式は成就し学園の敗北となります。
逆に、6ターンを凌ぎきれば爵位級吸血鬼達は活動限界を迎えるため、学園の勝利となります。
他に、3体の爵位級吸血鬼のうち1体でも撃破できた場合も勝利となりますが、彼らはいずれも「恐らく勝つことはできない」と言われる程の相手。一応、ボスコウは他2体より若干劣ると言われているので、撃破を狙うならこちらでしょうかな。


戦場は大きく分けて南北に分かれており、北側にヴラド卿、南側にボスコウとバーバ・ヤーガが居る形。
基本はボスコウを目指しつつ「攻略可能な戦場数-1」箇所を攻略していくのが良いかなと思いますが、この辺は相談の結果との兼ね合いですね。


私も当日はフル参加予定。後一週間遅かったらフルでは参加できない処でした…。
恒例のリアルタイム更新も行います故、暇潰しにでもいらして頂ければと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三位一体の災厄。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる