刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 時は駆け出す。

<<   作成日時 : 2014/04/08 04:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

もう一週間経ってしまったよ!五条です。さて今回もサイファーの話題。





ゴッドモンスターを巡る戦いが終わって、早速新たな動きが出てきました。
まずは1日のエイプリルフールネタもとい時限TOP5連発。



1.鞍馬天狗と朱雀門生徒会長
先の戦いにてアメリカンコンドルに対し攻撃を仕掛けていた刺青羅刹の長・鞍馬天狗と、朱雀門高校の生徒会長の会話。
どうやら鞍馬天狗は朱雀門高校との交渉の結果あの戦いに参戦していたらしく、報酬として外道丸陣営に関する情報提供を受けたようです。

ところでこの鞍馬天狗、どうも学園のコトが気に入ったっぽく。まあ、恐らく好敵手的な感情でしょうが。
現状において学園は朱雀門高校より強い、というのが彼の見立て。

が、これを聞いた会長、どういうわけか「そうでなくては…」との返事。
その意図を見抜いたと思われる鞍馬天狗が「身内をも焼き尽くさんとする程の情念」と評した会長の真意や如何に。
処でこの会長の名前が未だ不明なのは何かの意図によるものでしょうかな…?


2.業大老
以前ロシアンタイガーを襲撃して以来動けずに居た業大老ですが、ここで何やら大掛かりな動きに出てきました。
「武神大戦殲術陣」なる秘儀的な何かを発動し、彼が言う処の「眠れる強者」を呼び起こしにかかった模様。

ところでこの業大老、どうやら自分の力の影響を及ぼせる範囲を自らの「間合い」と称しているようで。
ロシアンタイガーを襲撃した際はオホーツク海を自らの間合いと呼んでいましたが、どうやら現在は何かしらの要因により日本沿海を間合いに収めたようです。

しかし彼の発言もまた、気になるものが非常に多い処。
ガイオウガやスサノオ大神が遠からず「竜種」に至ると見ていた処とか。
「王を僭称する簒奪者」とか。これは「王」の称号を持つ者、つまり現状ではセイメイやアフリカンパンサーでしょうが。
武神大戦殲術陣の発動に際し口にした「武神の蒼き頂」とか。
蒼、といえばコルベインですが…?


3.コルネリウスと…?
久々登場の“慈愛の”コルネリウス
彼女の会話の相手は、何と先の戦いで灼滅されたはずの七凪・小鳩嬢。
…正しくはこの小鳩嬢は残留思念であり、灼滅されて尚それが残っているという話だったりしますが。
誰か詠唱銀持ってこい。

そんな小鳩嬢を救うべく、コルネリウスはある存在に協力を求めます。
その名はプレスター・ジョン、かつて中世ヨーロッパで信じられた、伝説の東方キリスト教国君主と同名の存在。
コルネリウスの力で顕現したかの存在の「国」に、小鳩嬢(の思念)を匿ってもらった模様です。

これは今後、プレスター・ジョンの国に誘われる一般人とかが現れるフラグでしょうかな。


4.サイキックアブソーバー前
今度は武蔵坂学園、サイキックアブソーバーの前にての武内先生と…教授こと緒方・時雄なる人物との会話。
どうやらこの緒方教授、ゴッドモンスターのアブソーブによって大きな負荷を受けたサイキックアブソーバーを修理しようとしているようで…どうやら彼がサイキックアブソーバーを作り上げた人物(の一人?)のようです。

その後の武内先生との会話で、どうやらサイキックアブソーバーにはこれまで吸収したラグナロクの力が因子として蓄積されているらしいことが判明。
この辺の情報が灼滅者達に伝わっていないのは、闇堕ちした場合それらの情報がダークネス組織に漏洩する危険があるためらしく。そうなると、全てがこちら側に伝わるのは結構先になりそうですな…。


5.慈眼衆
最後は何かヒャッハーな集団。
どうやら彼らが慈眼衆のようです。
彼らは先の戦いで傷つき、死を待つのみとなったご当地怪人達に彼らの拠点「慈眼城」へ来るようにと誘いをかけていました。
分裂弱体化はしてしまうが、死ぬよりは彼らの「主」のもとで「永遠の戦人」となれ、というのが彼らの言。
分裂弱体化と言えばブレイズゲートですが、一体何の目的なんでしょうかな。

…と言っていたら、この時限TOPの後本当に慈眼城というブレイズゲートが実装されました。
場所は大阪と京都の県境辺り、天王山トンネルの直上。
私はまだ探索してませんが、一体何があるんでしょうか。
と言うか探索してないBG多すぎだ私。



そしてこの時限TOPの後、ある人物が校門に現れました。
西園寺・アベル、ゴッドモンスターがそのラグナロクとしての力をサイキックアブソーバーに吸われた結果、人に戻った方です。
どうやら彼、それによってどういうわけかエクスブレインとなったそうで…しかも何故か料理を通して予知を行うという妙な仕様で。

ともあれ、そんなアベルさんの予知によれば。
先の戦いでゲルマンシャークを失ったグリュック王国のゲルマン怪人達は現在大混乱中、更にゲルマンシャークの死によってかかの王国周辺の闇堕ち結界も無くなったそうで。
再起されたり他の勢力に取り込まれたりすると面倒なので今のうちに纏めて片付けてしまおう、というワケでグリュック王国に攻め込む全体依頼が出ました。もうすぐ出発のようですね。



でもって昨日更新されたTOPには、4番目の時限TOPに登場していた緒方教授…改め緒方校長が登場。
彼が武蔵坂学園の校長(且つ設立者)でしたのです。

何かホトワの「校長」を見るとラスボスだの覇気だけで倒されそうだの、皆一様に「強そう」という感想を抱かれたようで…。因みに私は通天教主(by藤竜)を思い出しました。

しかし彼の言によれば、やはりサイキックアブソーバーの老朽化に伴ってより強大なダークネスが復活する可能性が充分にある、という状況のようで。
また、やはり先の戦いの直前にアフリカンパンサーが言っていた「トキオ」とは彼のコトだったようで。トキオ=学園、ぐらいの意味合いっぽかったですが。
彼女にしろセイメイにしろ、サイキックアブソーバーの出現を予見し対策を取り、そして今「蒼の王から簒奪した何か」を得たとか。
呆気なく倒されたように見えたコルベインですが、存外に重要な存在だったんですねぇ…。
そういえば業大老も蒼の王、或いはそれに類する存在及びその力と思しきものに言及していましたし、蒼の王という存在は思った以上に大きかったのかもしれません。


ともあれ。ここで更なる動きが出てきました。
朱雀門高校から情報とロード・パラジウムの援護を得た鞍馬天狗が、新宿の外道丸一派を攻撃に向かったとのこと。
直前に出た時限TOPにもあった通り、外道丸は勝ち目が無いと判断、新宿迷宮に立て篭もり地の利を活かした戦いに切り替えたようですが…
彼のもとには、何故かデモノイドロードのロード・ビスマスの姿が。

それは一旦置いておきまして、この戦いに介入する全体依頼がリリースされました。
今回は連動式の全体依頼となっており、大体以下の通りにチームを分けるコトになります。
1.迷宮浅階層で警戒に当たる鞍馬天狗配下の攻撃(半分以上のチームが向かった場合鞍馬天狗は撤退を決める。向かったチームが少ない場合、2以降のチームが配下に襲撃されるかも)
2.鞍馬天狗を攻撃(彼の灼滅には6チーム48人以上の参加+優れたプレイングが必要)
3.ロード・パラジウムを攻撃(退路遮断のため過半数のチーム+2チームが必要。その上で4チーム以上が向かえば彼女の撃破成功率は高くなる)
4.外道丸を攻撃(鞍馬天狗・パラジウム両名の撤退or灼滅が必要。その上で4チーム以上が向かえば彼を配下ごと灼滅できるかも)
5.外道丸が保護した何者かの確保(正体を予測し且つプレイングが優れていれば少数でもいけるが戦闘になる可能性もあるかも)


と、こんな感じ。
チームは全部で22、鞍馬天狗・パラジウム両名を灼滅しようと思うと11+2チームで退路遮断しないといけないので、残りは9チーム。両名に充分な戦力を振るのがこの時点で不可能になってしまいます。
外道丸に接触したいなら鞍馬天狗を諦めてパラジウム狙いに専念した方が良さそうな感。外道丸が保護した何者か、とは恐らくロード・ビスマスのことでしょうから、彼を狙うパラジウムだけは潰しておいた方が良い気がするので。
以前までの情報を見る限り、外道丸は話の通じない相手ではなさそうなので、彼に関しては無理に灼滅する必要は無いかも?
ただ、パラジウム狙いの場合実に13チームが中心的役割から離れてしまうのがちょっと辛いかなぁという気がします。私は別に良いんですが、そういう役割を狙ってこういう依頼に参加する人も少なくないでしょうから…。


ともあれ、落選数的に厳しいかもですが私もちょっとタシェで狙ってみようかなとか検討中。





…今回こそはイラスト感想纏めて挙げようと思ったのに無理だった…!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分はロックマンエグゼシリーズのほうの
Dr.ワイリーを思い出しました。
ダークネスになってしまったら
「デリートじゃ!」と叫びそう<校長
金月水木
2014/04/14 20:10
そして倒すとジャンピング土下座……はエグゼではしないですかな。
五条
2014/04/26 05:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
時は駆け出す。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる