刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 震える大地。

<<   作成日時 : 2014/02/21 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

実際寒い。五条です。新年最初の更新からいきなり一月半以上開けてしまいましたがいい加減更新の習慣を取り戻したい処。さて今回はエンブレの話題、そう言えば三勇者決戦後初めての更新ですな…。





♪:gigadelic(teranoid feat. NC Natsack / beatmaniaIIDX11 IIDXRED)

●アクスヘイム崩壊

さて三勇者決戦直後、アクスヘイムへの世界の瞳による転移ができなくなったというコトで、急遽調査隊が組まれたワケなのですが。
時同じくして、アクスヘイムに残留していたPCさん達に対しても、同地の異変を解決するためのリアルタイムシナリオが公開されていたようで。
外と中からその異変を解決するコトになりました。

世界の瞳の転移先であったアックス家の屋敷は、予想通りと言うか何と言うかマスカレイドの一団に占拠されており。
とりあえずこれを排除し、捕えられていたフローレンス嬢を救出するコトで世界の瞳での転移機能は復活。

…が、最大の脅威はこれではありませんでした。
ディスカスハイヴに向かったPCさん達の前に現れたのは、あの“黒刃使い"ガブラス。しかも、あの喋る武器を携えたマスカレイドを従えて。
エンドブレイカーとの遭遇に対しては全く準備していなかったらしく腹痛を起こしかけていた彼ですが、ここであの事実が判明。

即ち、三勇者決戦の時点で予想してた人も結構居た通り…


彼こそが、六勇者の一人ガンダッタ・アックスその人でありました。

正体の判明した彼との戦いも空しく、彼の目的…即ち、アクスヘイムのシンボルであった戦神斧は…どういう手段を用いたのかは不明ながら、縮小されて彼の手に収まってしまいました。
それに伴い、アクスヘイム全域が激しく破壊され、かの都市は壊滅状態になってしまいました…。

その後の全体依頼を経て、残ったマスカレイドは粗方駆逐されたものの、ガンダッタはその間に準備を整え、滅びの大地から艦隊を率いて再び姿を現しました。




♪:明鏡止水(TOMOSUKE feat.あさき / GuitarFreaks11thMIX & drummania10thMIX)

●三度アマツカグラの危機

ガンダッタが向かった先はアマツカグラ。どうも、以前の戦勝祈願祭の際訪れたあの大地の扉を破壊しようとしているようです。
彼らの上陸を阻止するべく、水際での防衛作戦が大規模戦闘イベシナとしてリリースされましたが…

今回は250人揃って五分五分、大将首を狙おうと思ったら400人必要。
そのイベシナが全部で5本リリース


前回の拠点防衛戦で勝利安定となった1200人よりも更に多い1250人が集まってやっと五分五分、勝利を安定させるには実に2000人が必要という酷い仕様です。
上様そこまでしてアマツ潰したいかと流石に私も思いましたさ…。

流石に各依頼200人程度しか集まらず、防衛戦は敗北。
かの軍勢はほぼ無傷でアマツカグラ上陸を果たしてしまいました。
しかしその後、大地の扉に至る道へ踏み込んだガンダッタの軍勢を、一度に接敵できる数が限られるその地勢を利用して迎撃する全体依頼がリリース。
私もナルで参加してきました。

結果、マスカレイド達の凡そを殲滅するコトに成功。ガンダッタに対しても大打撃を与えたのですが…

苦し紛れに彼が投げつけた戦神斧が大地の扉と共鳴を起こし、そして現れたのは六勇者の一人“剣狼剣聖”ガロウマルと、かの喋る武器の作者である“鋼語りの”ジュウゾウ
どうやらジュウゾウもマスカレイドだったようで。まあ喋る武器…彼の『真打』が粗方マスカレイドであったコトを考えれば自明でしたでしょうか。

が、そこで更なる異変が。
何か、大地の扉の向こうから発された謎の力で洞窟が崩壊。
そこに居た全員を閉じ込めた上で、何故かエンドブレイカー達だけ負傷が回復
直前のガロウマル達の会話からするに、大地の扉に閉じ込められているらしい『姫』――此華咲夜若津姫(コノハナサクヤワカツヒメ)の仕業と推測されますが。
しかし彼らの目的がかの存在の解放である以上、かの存在もまたマスカレイドの側の存在であろうとは思われるのですが、それが何故エンドブレイカー側に利を齎したのかは不明。どうも相当な癇癪持ちっぽいのでそのせいでしょうか。
しかし名前こそコノハナノサクヤビメですが、何処となくイザナミっぽくもありますね。

閑話休題。
閉じ込められたPC達がそれぞれガンダッタ・ガロウマル・ジュウゾウと対峙するという形で、大地の扉防衛全体依頼に参加してたPCだけが参加可能な決戦依頼がリリースされました。
因みに難易度は対ガンダッタだけ「難しい」、他二者が「至難」。エンブレでは初(だったと思う)至難依頼です。
私もナルを投入しようかと思ったのですが、この展開を予想していなかったために直前でデモニスタにジョブチェンジしてしまっていたので見送りました…。

結果、見事ガンダッタを撃破するコトに成功
他二者は惜しくも取り逃してしまいましたが…まあ至難依頼ですし致し方なし。

死に際に正気を取り戻したガンダッタからは、2つの事実が語られました。
まず、三日月湖で出会ったイヴ・ザ・プリマビスタは信用に値する存在であるということ。
彼曰く、彼女は大魔女の五将軍の一人に数えられてはいるが大魔女を裏切ったそうで。そして大魔女をもってしても彼女をマスカレイドにはできないとの事。

次に、最後の六勇者…即ちラズワルドは今もまだ大魔女と戦い続けているということ。
と言うかガンダッタ曰く、本来勇者とはラズワルド一人の事を指すらしく、彼は他の五人よりも遥かに強い、と。
そして、彼が大魔女に敗北しマスカレイドになれば誰にも止められない、即ち彼が大魔女に屈した時が「タイムリミット」であると。

その前に、他5人の持つ鍵を入手し魔女の城に向かえ、大魔女とラズワルドが目覚める前に――そう言い残してガンダッタは砂と化し今度こそ死を迎えました。
しかし最期まで何処かコミカルな処があった気がします、ガンダッタ。

そしてマギ様の時同様、彼の魂から現れた『鍵』はギガンティアの形を取り実体化。探索可能になりました。
今度はあのステンドグラスに描かれた、王冠を被った髑髏の形を取ってます。
因みにマギ様の鍵のサブシナリオ扱いです。今後出てくる鍵もそうなるのでしょうかな?

とりあえず探索してみましたが……


何処まで斧大好きなんですかガンダッタ…。
※ボス戦時の配下が全員斧持ち。




♪:THOUSAND NIGHTS(TWO-MIX)

●砂月楼閣シャルムーン編

さて、そんなガンダッタとの戦いに前後して、以前から予定のあったアクスヘイム西方への船旅が始まりました。
そして到着した先は勿論、砂月楼閣シャルムーン
でもってこれまた大方の予想通り、既にシャル姫様(※)の支配下に落ちており、エンドブレイカー迎撃策が進んでました。

※:マギ様同様、都市国家名との区別のためにこう呼称致します。

探索隊の皆さんの活躍により、エンドブレイカーの能力を封じる結界の形成は阻止。
そこでレジスタンス活動をしていたアジェンドさん…例のソーンイータールルブの表紙の人ですね。彼が都合良く世界の瞳の代理者となったことでシャルムーンへの転移が可能になりました。

その後、シャル姫様の戦力たるピュアリィの女王達を電撃戦にて殲滅、更にシャルムーンデイに乗じた棘増幅作戦も阻止に成功。
シャルムーンデイの依頼にはリリで参加。ナルは別の依頼に行ってたもので…。


このままではジリ貧と判断したらしいシャル姫様、棘を開花させての決戦を挑んでくるコトになりました。
…しかし、その告知となる時限TOPはなかなか意味深なもので。
エリクシルを手に入れたシャル姫様、何と「自分が魔女になること」を願いました。
が、エリクシルの妖精曰く、「魔女の資格を有するのは『大地母神の骸を貪りしもの』のみ」との事。
そうでない者は、エリクシルと然るべき代償を以てしても魔女にはなれないということのようで。
そしてシャル姫様は、禁を犯した罰と称して、都市国家そのものより巨大な、不気味な混沌の肉塊と成り果てる――というエンディング。
ここにきて、また新たな謎が生じましたね…魔女とはなれるモノであるとか、大地母神なる存在とか。

ともあれリアルタイムイベント「シャルムーンの戦い」開幕でございます。
…なんか早すぎませんかね?


今回の敵軍勢は全3軍勢と少なめ。
途中で新たな軍団が参戦してくるのでしょうか、それとも最近の過疎っぷりを考慮してでしょうか。


●シャルムーン軍(全9軍団)
今回の戦争の主軸となる、シャル姫様率いる軍勢。
いきなり第1軍団にウォール持ちのカレルヴォが居り、更に第4〜7の4軍団は揃って死亡フラグを立てているシャル姫様を対象としたガード持ち、と、シャル姫様を守ることに特化した布陣。
どうにかシャル姫様を引きずり出さないといけませんね。
しかしシャルムーンメイガス…何てモノをマギ様に作らせてたんですか…。


●原初のピュアリィ軍(全8軍団)
ピュアリィの原初種からなる軍勢。これを見るに、ピュアリィとは何者かの手で作り出された種であると思われますが…?
ともあれ、第1軍団から順にジェリファン・アルラウネ・スタッガー・ベアゼリィ・ディノシャン・キャンサルド・ディミヤーナ・ラミアの8種族の原初種が存在し、シャル姫様撃破時点で健在だったものに関しては逃走し野に放たれるとの事。
そうなった場合、それらの種族のピュアリィが強化される可能性があるそうで…具体的にどんな影響が生ずるのか少し興味はありますが。


●ランスブルグ残党軍(全9軍団)
アリッサムからシャル姫様に預けられたランスブルグのマスカレイドの残党で、現在はゼペット老によって纏められています。
戦いが終わったら滅びの大地に向かうつもりだそうで、その前に殲滅しておきたい処ではあります。
そもそも虐殺持ちが3軍団、うち2軍団が絶望も持ってるという、なかなかに危険な軍勢ですしね。
しかし死んだら早速模造品が作られるガンダッタぇ…。


決戦は23日。今回もきっちり全ターン参加の予定でございます。
勿論リアルタイム更新も行って参りますよー。




♪:CriticalCrystal(青龍 / beatmaniaIIDX21 SPADA)

さて個人的な状況ですが。

上でもちょっと触れた通り、ナルをデモニスタに戻しました。やっぱりこっちの方がしっくりくるというか何と言うか。
次いで武器を魔道書に変更。ムーンブレイドは強いのは強いんですが、何か面白みが無くて…。
アクセの方は現状クリムゾンハウンドに特化させていますが、いずれは他にも主力アビを用意したい処。
やはり6目特化アビが良いなぁと思う処ではありますが…虚無と純粋威力でダークネスフォールにするか、3マヒと防御封じで封印儀式にするか、という処で悩んでたり。

後は、リリとレーテが経験値回収の結果それぞれレベル55に到達。
リリはヒステリックパレードを習得しましたが、やはり使うならアクセを揃えたい気はします…安定性ではフェアリーストームに軍配が上がるんですがね。
レーテは、実はシャイニングレインが彼女にとって重要なアビであったコトが判明。他の主力アビがいずれも近距離アビであるので、遠距離攻撃手段を確保しつつ2目自キュアを得られるというのは。


他の娘も、リアイベまでに出来るだけ仕上げてやりたい処ではありますが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
震える大地。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる