刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS マイナス5万コームの夢。

<<   作成日時 : 2013/12/18 03:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夢破れたり、か。五条です。だがこれで生まれ変われるかもしれませんね。さて今回は(も?)サイファーの話題。こまめに話題を取り上げていかないとまた更新止まってしまいそうなので…。





♪:IMPLANTATION(TOMOSUKE / drummania 2ndMIX)


今回の戦争の前に話のあった『病院』ですが、その時の話通り、戦争の終わったこのタイミングで早速使者の方がいらっしゃいました。
何処か不穏な殺気を纏った黒ナース姿の女性・鈴森ひなた嬢と、まるでイフリートの如き赤い獣の姿をした男性・佐藤誠十郎さんのお二人……この状態で『二人』と呼ぶのは少々語弊があるかも知れませんが。

彼らから、『病院』という組織についてと、その活動に関する説明……そして、組織を解体した上で学園の傘下に入りたいという申し出がありました。

とりあえず、そこで出た情報について簡単に纏め。



1.『病院』について
・『病院』の正式名称は『人間改造病院』何ちゅうストレートにヤバそうな組織名だ…。
・所属構成員の生い立ち自体は、ほぼ学園の灼滅者と同じ。ただし、灼滅者にもダークネスにもならず一般人のままだったという大きな違いが存在する。
・基本的に大半の一般人は灼滅者にもダークネスにもならず、その存在を知ってもバベルの鎖によって情報は拡散されず、いずれは記憶を自ら改竄しその存在を忘れるものらしい。
・それでもダークネスと戦う力を求めた者が、人間改造病院の展開する各地の殲術病院に行き着き構成員となった、というのが大体の参加経緯のようです。
・そうまでしてダークネスと戦わねばならない理由が、構成員の誰にもあったそうです。

・この人間改造病院は医療組織でも何でもなく、人間としての自我や意思を保ったまま肉体を灼滅者並に強化した存在…『人造灼滅者』を作り出す手術の技術を伝えるが故、そう名乗っている。
・その設立経緯は、組織の構成員が例外なく短命であるため、既に忘れられてしまったらしい。
・組織の構成員は、全員人造灼滅者である。


2.『病院』の現状とその敵
・現在、『病院』は先日のハルファス軍との戦いでほぼ全滅状態。
・ただ、幾つか芝居を打った結果、ハルファス側は痛み分けとして認識している模様。
・『病院』の主要な敵としてはハルファス軍の他、四大シャドウの一角オルフェウス・ザ・スペードこと『贖罪のオルフェウス』率いるシャドウの軍勢が存在する。
・そのオルフェウスに大規模な戦いを挑むべく、那須殲術病院に『病院』ほぼ全軍が集まってソウルアクセスを行っていた処をハルファス軍に襲撃され、その結果、壊滅的打撃を被った…という流れのようです。

・『病院』を傘下に加えた場合、ハルファス及びオルフェウスを敵に回すことになる。


3.スサノオについての情報
・新宿防衛戦で灼滅したスサノオは、元々四日市市地下の巨大洞窟内に封印されていたもの。
・複数の小さなスサノオに分裂しようとしていた処であり、『病院』はそれを追おうとするも小スサノオの呼び出す『古の畏れ』に阻まれ果たせなかった。
・代わりに、残った大スサノオの封印を維持するため、洞窟直上に殲術病院を建てた。
スサノオはこれらの他にも日本各地に存在しているのでは、と推測されている。


4.人造灼滅者について
・佐藤さんの無理矢理なテンション上げっぷりなんか泣いた(?)

・人造灼滅者は、灼滅者とは言っているが厳密には強化一般人の類
・ただ、人間としての自我と意思を保っているのが最大の違いである。
・なので基礎的な能力は学園の灼滅者と同等。ただし幾つかの代償は背負っている。

・人造灼滅者は、純粋灼滅者(=学園の灼滅者)と同等の力を得る為、闇堕ちしないギリギリまでの領域…つまり、魂以外の全てをダークネスに明け渡している…つまり肉体的には完全にダークネスである。
・どんな肉体になるかは本人のルーツに依存。
・ただし、どんなに異形化しても殲術道具の装備部位は変わらない。
・尚、唯一人間を保っている魂に関しては、霊子強化ガラスなる物質に鎧うコトで守っている。
・更に、生命維持の為に定期的な薬物投与も必要なんだとか。

・また、純粋灼滅者と異なりポテンシャルを持たない。代わりに、純粋灼滅者には無い固有のサイキックを持つ。
・ダークネスの灼滅で魂の癒しを得なかったり、人間らしさを忘れてしまうと闇堕ちしてしまうのは純粋灼滅者と同じ。
・なので、人間と同じ姿を取るコトも可能。現状存在する全てのダークネス種族は人間体になれるのと同様である。


5.『病院』の殲術道具
・『病院』では殲術道具の研究も盛んに行われていたが、流石に殲術道具を1から開発するコトは出来なかった模様。
・現在学園に存在する殲術道具のうち、龍砕斧とリングスラッシャー、ウロボロスブレイドと魔道書とクルセイドソードは『病院』では未確認の種類だったようです。
・まあ後半三種は昨年末時点では学園でも未確認だったのでしょうがない?

・逆に学園で未確認かつ『病院』に存在する殲術道具としては「バベルブレイカー」「殺人注射器」が存在。
・前者はひなた嬢も装備している、早い話がパイルバンカー。
・後者は、見た目もサイズも普通の注射器だが、ダークネス等の超存在にも通用するサイキック毒を生成・保持できる代物。


6.『主任さん』
・某ひろしのボイスで「吊るされた男」のエンブレムを掲げたACに乗ってたりはしません。

・『病院』における最重要人物。ただし今は1人しか生き残っていない。
・他の構成員同様人造灼滅者であるが、それに加え、脳の一部に『全能計算域』という領域を所有する特殊肉体者である…
・…つまり学園のエクスブレインと(ほぼ)同様の能力を持つ人造灼滅者。
・それに加え、人造灼滅者の魂を保護する霊子強化ガラスや生命維持用の薬物は、彼ら主任の血液から精製される。
・まさに『病院』の命綱と言うべき存在である。
・病院の勢力規模は主任の人数に依存する。その主任がたった一人まで減ってしまい組織規模の維持が困難になったことが、学園の傘下に入る一番の理由である。



と、こんな感じですね。

でもって、彼らを学園に迎えるか否かの投票が現在行われています。
選択肢は賛成・保留・反対の三択。


とりあえず、現時点での懸念事項としては…

まず、彼らの説明にもあった、ハルファス軍とオルフェウス軍を敵に回す可能性に関しては、元々両方とも敵対寄りでしたし協調の必要性もあまり感じられないので問題無いでしょう。
オルフェウスに関しては結局どうなったのかあまり把握していませんが、ハルファスに関してはほぼ間違いなく。
先の戦争の結果、ハルファス軍にスキュラの闇堕ち誘発結界の技術が伝わった可能性が高い点は、念頭に置く必要がありそうですが。

他には、『主任』に関する問題が挙げられましょうか。
乱暴な話、学園のエクスブレインを人造灼滅者にしてしまえばそれで主任(と同様の存在)になってしまうでしょうしね。
悪しように考えれば、『病院』の目的はそれではないか、とも取れます。

後は…半分以上人間を辞めてまでダークネスと戦う力を欲する程、ダークネスを倒す事に積極的な人達である(と思われる)ので、クロキバやラブリンスターといった学園に友好的なダークネスとの関係への影響も懸念点かなと。
とは言え、現状でもいずれ彼らも灼滅してやるという学園灼滅者は少なからず存在するので、その辺考えるとあまり変わらないかも知れませんが。

また、これはRPの範疇の問題ではあるものの、人為的な肉体改造という行為への生理的嫌悪感(?)を感じるPCも居そうではあります。


とまあ、懸念事項も幾つかあることはありますが…



面白そうだしこれはもう受け入れ一択でしょう!!

というわけで早速賛成に一票を投じてきました。
助けを求めている人を放ってはおけないでしょうというのもありますが、人造灼滅者という存在が非常に魅力的だというのが個人的な最大の理由。
設定的にも能力的にも興味のある部分は非常に多いですからね。

もしPCとして登録可能になるなら、登録するコトも吝かではありませんが…
しかし、こうも特殊な仕様の存在だと、果たして登録できるのかという懸念はちょっとあります。
何せポテンシャル無し+固有サイキック持ち、闇堕ちしてなくても戦闘時にはダークネス同様の姿になるワケですから、人造灼滅者用のシステムを組む必要はあるでしょうし。
実装されたらされたで、不具合などが生ずる可能性はありそうな気がします。


しかし可能であれば、やはりPCとして登録できるようになって欲しいなと思うのは正直な処で。
投票結果は恐らく受け入れになるとは思いますが、果たしてどんな仕様になるでしょうかねぇ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイナス5万コームの夢。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる