刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 絡み合う思惑。

<<   作成日時 : 2013/04/30 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

絡み合いすぎとも。五条です。さて今回は富ゲの話題。エンブレ・サイファーとも戦争後の動きを纏めてみました。





●エンブレ
リアイベは最終ターンのみ参加してました。
前日に風邪を引いてしまい、日曜になっても治らなかったため当日は寝て過ごし。
漸く起きてログインしてみたら既にエリクシルが出現していました…。

しかし今回のリアイベはサイファーが本格的に始まった影響もあってかかなり人数が減っていたらしく相当に苦戦していたようで、初めて全敗数10到達によってエリクシルが出現するに至りました。
それまでにカーニバルのリーダーとマギ様を撤退させ、クーデター残党軍と銀の塔主軍を壊滅させるコトができたおかげで何とか勝利はできたものの、本当にギリギリだったようです。
まあ私も今回でマギ様が倒せるとは思っていませんでしたが、ここまでとは。

一部の精力的に参加なされている方々は今回の件で「全体の意思統一が必要」と感じたようで、全体での相談場所を用意して貰うよう運営への働きかけを始めたようです。
情報局におけるその旨の投稿に対するリーさんの反応を見るに、運営としてはあまり積極的ではないようですが…。
また、有志によって全体での意見交換を目的とした旅団も設立されてます。良かったら覗いてみては如何でしょうか。
まあ私はちと思う処あって基本的にスルーの方針ですが。あくまで私個人の方針なので夢幻館との友好は一応締結済。


閑話休題。
さてそのリアイベの結果、マギ様は北に撤退。
一度は説得成功したものの結局再度攫われてしまった銀の塔主と共に。

これに対しどう対応するか、の投票が行われた結果、勇士号の進路を北に向け追撃する方向に決定しました。
あちらは一度捨て置いてアマツカグラに専念する、という方針もありましたが、やはり銀の塔主は見捨てられないというコトか結構な票差がついて決定となりました。
それでも有効得票数が700〜800程度だった気がします…本当にPL減りましたなあ、エンブレ…。銀雨末期でももうちょっと居たような気がするんですが。



さて一方そのアマツカグラですが。

いきなりマギラントに来たハンクス長老によると、何かアマツカグラにも代理者が誕生したとの事で。
因みにそれと同時に、緑の塔主と黒の塔主が世界の瞳の代理者になったそうです。
しかし誰が代理者か分からない。ならどうするか。

「皆で向かえばよろしい。解決ですな」

というわけでアマツカグラに拠点を築きつつ代理者を探すシナリオが出ておりました。
何とPCが代理者になれるという前代未聞の機会だったんですが、代理者は拠点に居ないといけないので代理者になった場合NPC化してしまうというリスクが存在してました。
なので、私も当初プリムを代理者にするつもりで送り込んだものの、やっぱり考え直しました。
まだヤりたいコト色々ありましたし!

ともあれ。
このシナリオの結果、PCさんから3人+調査依頼にも同行なされたナミネ嬢が代理者となり、拠点もできたので晴れてアマツカグラへの転移が可能に
これに伴い、アマツカグラを舞台とした依頼がリリースされるようになりました。
今後アマツカグラでどんなイベントが起きるのでしょうかねぇ…。



そして再び勇士号。
途中、シーバルバの特攻部隊が襲い掛かってきたのでこれを迎撃する全体依頼がリリースされ、それが成功した処で北に何やら大陸を発見。
上陸してみたそこは、世界の瞳の認識範囲からも外れる未知の大陸。

早速、ここを調査する全体連動依頼がリリースされました。
以前にも何度かあった、依頼ごとにチームに分かれそれぞれがどんな行動を取るかを決めて判定するタイプの全体依頼ですが…


なんか今回、ここがかの大魔女の版図であるかのような記述がいくつかの依頼で散見されてます。
もしかして、幾つか段階すっ飛ばしていきなりラストダンジョンのある大陸に上陸しちゃったんでしょうかねこれ。
そのせいか難易度は一律「難しい」、更に死亡同然の生死不明に陥る可能性も示唆されてます。

おまけに、日曜に行われたGWオフ第一弾・札幌オフにおいて「東京オフの時には現在と全く状況が違ってきているだろう」との上様発言があったとの事。
恐らくはこの全体依頼の返却と同時ぐらいに何かしらの動きが起きると思われますが、一体どうなるというのでしょうか…?

今日更新されたTOPでも、エルフヘイムの森の主が新たな予言を下したとクライブさんが仰ってました。
それもまた新たな動きに関わっているのでしょうか…?




●サイファー
不死王戦争の後、早速とばかり連続時限TOPが出現。
コルベインが灼滅された件を受けての、各ダークネス組織の動きについての内容のようですね。

その内容を覚えている限りで記述。既に動きが出ているものについてはその辺も併記。


1:アンブレイカブル
葛折・つつじ嬢というアンブレイカブルの女性が、彼女の師匠と思しき存在より命を受けている処。
因みにこの師匠、腱と目を潰し身体を山の下敷きにしても尚、動ける程の弱体化ができない=動くために十分なサイキックエナジーが無い状態らしく、相当強大なダークネスであろう事が窺えます。

彼女が師匠より受けた命は、只管に強くなろうとする彼らの理にそぐわぬ『雑魚』を叩き伏せ道を示すこと。
早速、彼女はそれに基づき行動を取り始めたらしく、彼女と接触するシリーズシナリオが現在リリースされております。
現在は第2回まで出ている処ですが、どうも最初の接触は不首尾に終わったようですね…まあ、学園の灼滅者の多くが志しているであろう「弱者の為に戦う」事もアンブレイカブルにとっては下らない事です(上述の『雑魚』に該当する)から、価値観が決定的に違う以上仕方ないのかもしれません。


2:淫魔
自分のCDを手売り中のラブリンスターのもとに、不死王戦争を生き延びた淫魔の一体・ヒヒイロカネ銀虎が現れ同戦争の顛末を報告した処。
かの戦争を生き延びた淫魔達は、学園は友好的にやれそうな相手と認識しているらしく、ラブリンスターも同様に認識した模様。
そこで、彼女の新曲CDが完成次第学園に挨拶に赴くつもりだそうです。何かダンスパフォーマンス多目…と言っていたので、ちょっと前まで相次いでリリースされていた淫魔とのダンスバトル依頼と関係があるのでしょうか。
しかし相手は兎も角、学園側に友好的にやる意思があるかどうか…貞操観念強い人多いですからな。


3:六六六人衆
名称不明の六六六人衆(ワールドガイドの種族紹介・六六六人衆の項に貼られているイラストの存在)の独白。ただし犠牲者を嬲り殺しながら。
他のダークネス組織の動きを鑑み、地道に組織の強化に努める方針のようです…が、六六六人衆にもそういう真面目な人が多ければ…ともボヤいてたりします。
まあ六六六人衆って見るからに纏まりの無い組織…と言うか集団ですからねぇ…。


4:ご当地怪人
年末の時限TOPで名前が出ていたご当地幹部・ゲルマンシャークの、ドイツ化ご当地怪人達へのお言葉。
コルベインが倒されたことを受け、早急にご当地パワーを集めるべく、ある命を下しました。

それ即ち「第二回ご当地怪人選手権」の開催。
一体何なのか、と思っていたらその動きはすぐに現れました。


富士急ハイランドを舞台としたイベントシナリオ群として。
因みにそのうちの1つ・ご当地怪人選手権においては、基本PCはご当地怪人に対抗するヒーローとしての参加となっていましたが、ルーツがご当地ヒーローであるPCにはもう一つの選択肢がありました。

大会期間中だけ闇堕ちしてご当地怪人として参加という、一見禁じ手にも見える選択肢が。
が、何か大会が終われば闇堕ちから復帰できる仕様だったので安全安心。
そんな簡単でいいのか闇堕ち…。


ともあれ、そんな依頼群の結果、ご当地怪人達の陰謀は何とか阻止できた模様。ゲルマンシャークは何処かに飛んでいきましたがまあ生きているでしょう。
勿論、闇堕ちしていたご当地ヒーロー達も無事全員復帰。「さっさと元に戻ってね」という当時TOPに居たPCさんからの有難いお言葉と共に。



また、これら以外にも新たな人語を解するイフリートが現れたり、ヴァンパイアも相変わらず暗躍してたり、シャドウのネームド個体である「慈愛のコルベリウス」との対決を経てシャドウが新たな動きを見せたりと、相変わらず忙しないサイファー情勢。
置いていかれないようにするのがなかなか大変です。もうちょっと、もうちょっと低速でもいいのよ!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
●エンブレ
サイファー本格始動もありますが、
それ以上に過去2作に比べたら
通常依頼はすごく単調気味なのに
重要依頼は難易度以上を
求められる事が多い
悪いギャップがあるのと、
リアイベや投票、重要イベシナで
公式で誰でも話し合える場が設けられなくて
協力プレイではなく個人プレイになりがちなのが
過去にないエンブレ参加PLの
減少なのかなと思います。

まあそれはともかく、
風邪で不参加は残念な気持ちになりますが、
くれぐれも無理をなさらずに。
ゲームだからこそ心身ともに
健康で楽しく!(良い事言ったぜ的な顔(ぉぃ

●サイファー
富士見書房
(特にドラゴンマガジンのラグナロク事件)
とコラボレーションしている以上、
今までの3作とは全く違った
忙しないハイスピード展開が
これからも起きそうですねぇ。
自分もたじたじですよぉ!

でもその分、各ダークネス種族らしい
各々の行動やら思想が垣間見えて
面白いです。
敵でPCが苦しめられていてくやしい…!
でもPLからは魅力たっぷりで感じちゃう!(ぁ

●これから
なんかすごく長文ですみませんorz
でも相変わらずわかりやすくて
面白くてすごく楽しんでます。
これからも五条さんのペースで
頑張って下さい。
応援してます!

…あと、デモノイドヒューマンの
ツッコミ、もとい解説も期待しちゃったり(チラッチラッ
金月水木
2013/05/02 09:00
ここまで長いコメントができるとは正直予想外でした(ぉ)

>エンブレ
寧ろ個人プレイに走りたがる身としては世知辛い処です…。
あ、お気遣いには感謝いたします。

>サイファー
確かに色々個性的で楽しい処はありますよね。
やはり把握するのが大変ですが(ぉ)

ともあれ応援ありがとうございます、でもやっぱりもうちょっとペースは上げたい処…!
後、デモノイドヒューマンのコトをすっかり忘れてました(駄)
五条
2013/05/04 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
絡み合う思惑。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる