刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 見えざる未来へ手を伸ばす。

<<   作成日時 : 2012/11/09 04:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

それが明日を導くのならば。五条です。さて今回は富ゲの話題。





●サイファー
相変わらず激戦が続く依頼争奪戦。私も未だタシェで一度入ったきりです。
零で入った依頼は返金となりました…ちくせう。

その辺への対策としてか、先月半ば頃に発言力というシステムが導入されました。
超簡単に言えば、1日1回発言しないと増えない予約優先度、ですね。
ただ、上限値が15であるのと、依頼に当選した時点でゼロに戻るというのがちょっと違います。予約優先度は上限が50で、消費されるタイミングは出発した時なので。
活発に活動している人なら依頼に当選してから出発〜リプレイが返ってくるまでに10くらいは貯まってるハズなので、この辺からも「活発に活動している人が依頼に参加しやすいようにしよう」という、サイファーにおける富の意図が伺える気がします。

ともあれ、発言力の実装のおかげで、ある程度は依頼参加の目算が立ちやすくなりました。
尤も、15あってもだいたい抽選になりますし、最近は運命3点持ってる人も増えてきたので、人気MSの依頼や難易度やや難の依頼は運命使って初めて枠を争えるレベルですが。それでも発言力実装前よりは改善されたんじゃないでしょうか。

後、公式にはアナウンスされていませんが、当落選上に同率順位の人が複数人居る場合は最も落選続きの人初心者の人が優先的に当選する仕様になったようです。


さて、公式の動きは細かい範囲では色々ありましたが、注目すべきは以下でしょうか。


ライブハウスブレイズゲート
現状未実装の2つのコンテンツ。
前者はプールや闘技場に相当するPvPコンテンツですが、今回大きく違うのはその大会形式。
16に分けられた東京の各地区から自分のチームが参加する地区を選択しそこで予選トーナメントを戦い、各地区の優勝者が武蔵野での決勝トーナメントに進む、という流れになってます。
ミソは「どの地区の予選に出場するかは自分で決められる」という点。参加チームの少ない地区は対戦数が少なくなるため決勝に進みやすく、逆に参加チームの多い地区は対戦数が増えるため経験値を稼ぎやすい、というコトですね。
優勝を狙うなら参加チームの少ない地区、経験値を稼ぎたいなら参加チームの多い地区に行くのが良い、という感じですが…後はそれに加えて、強豪チームを避けて本戦出場の可能性を高めたり、あまり強くないチームの多い地区を狙ってより経験値を稼ぎやすくしたり…等々、出場地区選びから色々考えるコトが多くなりそうです。
ただまあ、一部の闘技場クラブ以外は大体経験値稼ぎ目的で参加すると思われるので、最終的には1地区或いは少数の地区に大半のチームが集中し残りの地区には優勝狙いのチームがバラける…という形になりそうな気はします。

ブレイズゲートは要するにウェブゲームコンテンツ。
世界観的には、エクスブレインの目には白い炎の柱で視界が遮られてしまう領域のこと、となっています。
一般人はもとより、灼滅者やダークネスから見ても何の変哲も無い場所に見えてしまうという不思議な場所のようです。
ブレイズゲート内部ではダークネスや眷属が増えたり強くなったり弱くなったり、建物が迷宮化したりなど奇妙な現象が頻繁に起きるとの事。どちらも、ゲーム性を確保しつつ世界設定との整合性を取るための措置でしょうか。特に迷宮化に関しては、銀雨のGTが建物としておかしい構造になってたコトが多かった反省かも知れません。
エンブレで好評のデスマーチも搭載される予定で、また従来の最短踏破の代わりに最長踏破記録を競うようになるようです。

ライブハウスは11月末、ブレイズゲートは近日実装予定との事。楽しみですね。



芸術発表会
ワールドガイドの学園年間行事にもあった芸術発表会。
私の母校の中学では、年によって合唱コンクールと演劇が交互に催される形だったので、武蔵坂学園のそれも同じような形を想像していたのですが、実際はかなり違ってました。

簡単に言えば、8つのジャンルそれぞれで技術またはネタを競うイベシナ群、という形ですね。
ジャンルは創作料理詩(ポエム)創作ダンス人物画ショドーもとい書道器楽服飾総合芸術
総合芸術とは、要するに他7ジャンルに含まれない無差別級フリースタイル。自分で芸術と言い張ればだいたい無問題のようです。担当MSが池田コントMSというのもあって今からカオスな事態になる予感しかしません。

あと、詩は黒歴史上等と言うか寧ろ黒歴史推奨だったり人物画は恋人専用(居なければこの機会に告白することだったりと、一部のジャンルは妙に難しいコトになってたりしますが、まあテーマを外れたり公序良俗に反したりしない程度に楽しむのが良いんでないでしょうか。
私も早速、タシェを詩部門に突入させてきました。ええ、タシェですから勿論そういう方向の詩になると思います。


それとそのタシェですが、ちょっとクラブを立ち上げてみました。
「宵闇教室-D.Z.Klasse-」
テーマは「夜の課外授業」、有り体に言えばエロです。
銀雨が終わってから本格稼動開始の予定なので、現在は銀雨やエンブレでの友人知人方のみの受け入れとなっていますが、本格的に動く時に備えて既に看板も発注してあったり。
ってか富で看板頼んだの初めてだよ…!
本格稼動は年明けを予定しておりますので、そういう方向に興味のある方は来年になりましたらばいらして下さいませ。





●銀雨
九尾女王とのデートもつつがなく終わり、いよいよ来るべき未来に向けての準備が始まりました。
具体的には、そのための準備を行う依頼のリリース開始ですね。

大まかには…

・IMS構築のため、リベレイションの「能力者の力を切り離して封じることができる」という点を利用したい。そのために、メダリオンの英霊達とアイデアを出し合いその実践をしてほしい、という依頼。
メダリオンの英霊を呼び出す関係上、リベレイション実験依頼同様、各依頼ごとに本業ジョブが限定されています。

・今後の活動をスムーズにするため、一般人の組織と協力関係を築いてきて欲しい、という依頼。
具体的な行動は依頼によって様々。しかし対象の組織が(割合真っ当とは言え)ヤクザだったり新興宗教だったりと結構ヤバげなんですがそこは大丈夫なんでしょうか。
いやまあ古典芸能関係の方とか真っ当な処もあるんですが。

何か富らしからぬ幅広いバリエーションの依頼群となっていてなかなか楽しげですが、私は多分入れなさそうです…。





●エンブレ
塔主の試練の全体依頼はつつがなく成功し、いよいよマギラント編が開幕と相成りました。

昨月28日はマギラント大祭が行われていましたが、今回は何故かモチベーションが上がらず、結局最低限の参加に留まりました。
最強勇者決定戦へのエントリーをうっかり行い忘れたのが痛かった…。

しかしそれでも三塔塔主の鎧――マスターメイガスを纏った姿はしっかり拝んでこれましたが。
やはり塔主達は全員女性、それも少女という実にご褒美な事実が判明しました。
だがこれは仮に彼女達がマスカレイド化した時のコトを考えると…という富の罠かもしれない?

後、黒の塔の塔主が明らかに全裸でマスターメイガス搭乗してる件。


閑話休題。
でもって、その二日後からマギラントを舞台にした依頼のリリースが始まりました。

特徴的な依頼としては、はぐれ従者兵器の依頼が挙げられましょうか。
黒の塔の「レッサーデモン」、銀の塔の「マシンフェアリー」、緑の塔の「アサルトバグ」
これらが各塔の制御を離れ、他の二塔の領地で暴れているというのです。
元々三塔は互いに緊張関係にあるのですが、この事件のせいで更に緊張が高まってきているという状況だそうで。
一応これら従者兵器はマスカレイドではないものの、狙ったように元々制御していた塔の領地以外を攻撃しているというのはやはり陰謀の匂いを感じざるを得ない処。
NEXTでどう派生していくのか、興味深い処ですね。


現状ですと人気MSの依頼や内容が特徴的な依頼以外は枠が余り気味ですので、☆の許す限り積極的に参加するのが良いかと思われます。
サイファーもいいけどエンブレもね!

私も現在、ナルとリリが依頼リプ待ち中。加えて3rdと四女も依頼に参加してます。



さて一方、アマツカグラ調査隊のほうですが。
道中、シャチの巨獣や海賊の残党に襲われたりしつつも何とか上陸に成功し、予定通り神隠しが原に到着しました。

と、そこでアマツカグラから逃げてきた難民の青年を救助。
話によれば、消えた難民達を探してマスカレイド達の部隊が神隠しが原一帯を捜索して回っているとの事で。
アマツカグラに向かう前に、まずこれらを倒してしまおうというコトになりました。

今回の依頼から、3MSによる連動依頼という形が取られています。
まず、捜索部隊を率いる武芸者のマスカレイド・ナガヨシとその側近を倒してしまう急襲部隊(刑部MS担当)。
次に、神隠しが原一帯に散開する捜索部隊を引き付けつつ掃討する囮部隊(雨山MS担当)。
最後に、アマツカグラの様子を偵察しつつ、捜索部隊の生き残りを逃さず仕留める偵察部隊(愛染MS担当)。

敵は総勢80体とかなりの数、しかしこれを逃さず倒しきらないとアマツカグラでの調査活動がやり難くなってしまうので、何としても成功させねば…というなかなかに重要な依頼。
ですが相談期間が実質3日しか無く難易度もやや難と、色んな意味で大変な依頼でもあり。

とりあえず何とか形には纏ったと思うのですが…果たして上手くいったかどうか。
リプレイは来週水曜頃完成の予定ですので、今は座して待つと致しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見えざる未来へ手を伸ばす。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる