刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 太平洋血に染めて。

<<   作成日時 : 2012/09/23 08:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

太平洋じゃありませんがおはようございます、五条です。さて本日はエンブレのリアイベ「ニニギア島沖海戦」の決行日でございます。<最終更新19:05>





前回の記事で書き忘れたのですが、どうやら火曜のTOP更新前に時限TOPが出ていたそうで。

何やら白い肉塊のような不気味な存在。海の魔王とはこれのコトなのでしょうかな?
「ニニギアメツチ」という言葉を鳴き声っぽく発していましたが、これがこの存在の名前なんでしょうか。
何となくアマツカグラっぽい響きを感じます。
漢字で書くなら邇邇芸天地、ぐらいでしょうか。
と言うか海賊島の正式名であるニニギア島の名も、この存在から命名されたような気がしないでも。

また、大魔女(=スリーピングビューティ?)とか『第二節』といった、例の伝説との関係を窺わせる言葉も出てきています。
どうやら大魔女とは敵対する存在のようですが、そうなるとエンドブレイカーにとってはどうなのか。
生贄海域周辺の生物が死滅しているという話からするに、少なくとも一概に善とは言えない存在のような気はしますが…。


ともあれ、まずは目の前の敵に対処せねばなりませんね。
そろそろ戦いも始まりますが、さて戦力はどうなっておりますやら。





<10:12>
EYNの大規模プレ提出完了。
いや、つい昨夜提出しないままに寝てしまったもので…。
メイン級の娘は金曜夜のうちに提出したので、今朝はサブ娘だけでしたが。


ともあれ、1ターン目の行動入力は完了しております。
敵戦力の数はどこも1000〜2000、全体的にちょっと数が多くてキツそうな感じですな。
あと、仕方ないといえばそうなんですがガブラス警戒にちょっと人数が偏り気味なのも気になる処。
全敗数がある程度増えるのは止むを得なさそうですが…さて、どうなるか。






<11:30>
1ターン目結果出ました。

撃破できたのはミュレアリア・グレートマンマ・魔王の怒り・デッドスカルの4軍団のみ。
ミュレアリアとグレートマンマに人数が偏り気味だったせいか、ちょっと立ち上がり躓いた感じでしょうか?
巨獣3軍団は1勝できたので、全敗数は3と少なく収まったのが幸い。


そして何よりガブラス警戒のすごい大人数

まさかの1000人突破。そりゃガブラスもビビりますな。


ともあれ、これだけ人数が居るなら…と、2ターン目はツクヨも攻撃に参加。
人数足りなさそうな戦場に適当にバラけさせてきましたが、さてどうなりますやら?





<13:05>
昼食より帰還。そして2ターン目結果出ました。

今回は7戦場にて勝利。
カリトリ相手に全敗し全敗数が4になりましたが、まだまだ大丈夫でしょう。

しかし今回気になるのは、若干侵攻ペースが遅い気がしないでもない点。
生贄海域軍は残り2軍団と割合順調ですが、首領軍は残り5軍団。
何よりイングレッサ軍がまだ1軍団しか倒せておらず7軍団残っており、グレーヌ軍も6軍団残ってます。
ガブラスが現れる可能性も考慮すると、1ターンあたり5〜6軍団は倒せないとちょっと厳しいペースですね…。
一応、敵戦力数の1/4以上が集まれば倒せる可能性はある、ぐらいの戦力比ではあるようですが。


ともあれ、やる事は常に同じ。ひたすら目前の敵を倒すだけです。
今回私の娘達は主に敵数の多い戦場…クルセルスやハスタリオンへ中心に戦力を配分してきました。
ガブラス警戒は9thのみで。

さて、どうなりますか…。





<14:13>
3ターン目結果出ました。

アウグストに全敗、クルセリスは削りきれなかったという処でしたが、残り8戦場全てで勝利。
これで、生贄海域軍は総大将である南氷洋の左手を残すのみ、他の軍団もボスの護衛たるガード・ウォール持ちを引きずり出すコトができました。

戦況は大分こちら側に傾いてきた感じですが、恐らく左手も1ターンでは落とせないでしょうし、かなりギリギリの戦いが続きそうです。
とりあえず私は、まだ負傷度の溜まっている娘も居ないので、引き続き敵数の多い戦場へ中心に振っていきましたが…果たしてどうなるか。





<16:04>
4ターン目の結果が出ました。


予想を良い意味で裏切り、今リアイベ初の全勝でございます
南氷洋の左手を撃破したコトにより、生贄海域軍は壊滅。これで戦域からの離脱も可能になりました。
しかしこの左手もまた魔女に対してやたら敵意を滾らせていましたが、果たして魔王はかの存在とどういう関係なんでしょうかね。

残る3軍も、首領軍はガルヴァルド、残り2軍もそれぞれ総大将ともう1軍団を残すのみ。
ガブラスの動きが不安ではありますが、このまま一気に押し切りたい処ですね。

私の娘達は2ndが負傷度80を超えたものの残りはまだまだ大丈夫。
そんなわけで、完全勝利目指しエリザベスとマイダス中心に戦力を振ってきました。
さて、どうなるでしょうか。





<17:46>
5ターン目の結果が出ました。
結果発表が5分ほど遅れたのでちょっと焦りましたが……


海賊首領ガルヴァルド、そのまさかの正体が判明。

何と、彼の得物であった、ジュウゾウの真打三本は全て喋る武器であり、彼らこそがガルヴァルドの正体だったというのです。
三体のリーダー格と思しきアックスソードの『軋る剣ガルヴァルド』、杖の『妬む杖ビュレファスト』、シールドスピアの『踊る盾槍ザングルム』
彼らが言うには、勇士号は元々、魔王…『邇邇藝天地我尊』の封印を維持するためのものであり。
彼らは、別の目的のためにその封印を解き、可能なら制御を行うつもりだったようです。

そして戦いの結果、これを倒すことはできましたが、三本の武器達はそれぞれ別々に逃げて行ってしまいました。
去り際に三塔戒律マギラントに行くがいいだろう」と言い残して。


…どうやら、この戦いが終わった後はマギラントを目指すことになりそうですね。
ラッドシティの戦いが終わって以来の、新たな都市国家が漸く登場というコトでいやがうえにも期待は高まりますが…



まずは、残る海賊を何とかしないといけません。
海賊首領軍は壊滅しキャプテンマイダスも仕留めましたが、まだイングレッサとエリザベス、それにグレーヌが残っています。
ガブラスは動かないようなので、この分なら向かってくることはなさそうでしょうか…?
というわけで、私も2nd以外の娘全員を突撃させてきました。
前ターンのリプレイから見て、グレーヌはもしかしたら拒絶体かも?という淡い予測が立ったのでちょっと説得するプレは入れてみましたが…ラッドシティでゼファー嬢の説得に失敗していますし、あわよくばというノリですね。

このターンが終わるといよいよ魔王復活となりそうですが、果たして?





<19:05>

完・全・勝・利!…かな?

残る3軍団もさっくりと撃破し、海賊軍を壊滅せしめるコトに成功。
グレーヌは残念ながら死んでしまいましたが…。

そして決着の後、いよいよ姿を現した魔王…ニニギアメツチノミコト(長いので以下ニニギと表記)。
圧倒的な恐怖を纏って現れた彼(?)ですが、これも勇士号の放った光の航跡によって再度封印するコトに成功。
しかし浮上しようとして即沈められるとは…何とも哀しい光景のような気がします。


後、ガブラスは「準備不足だ!」撤退していってしまいました。
部下の反応からするに、どうやらよくあるコトのようです…初登場時の威厳は一体何処へ行ったのか…。


まあそんなこんなで、一部の敵は逃してしまったものの敵軍団は完膚なきまでに叩き潰しての勝利。
長かった海賊との戦いも、やっと決着がついたと見て良さそうですね。本当に長かった…。

この結果、参加PCにそれぞれブースト経験値が配布。
フル参加で1192点です。

私も早速ナルに入った分をデスマで回収…しようと思ったのですが…ここで大変なコトに気付きました。


ナルの現在のレベルが57
次のレベルまで大体1000強
そして今のレベルキャップは58


…つまり、このブーストを回収したら…ナル、カンスト到達しちゃいます。
まさか私のプレイペースでカンストに到達できてしまうとは予想外ですが、そうなると安易にブースト回収はできない状況。
とりあえずギガは控えて、明日の闘技場で経験値を稼ぎ水曜のBR後にカンストさせる方向でいこうかと。
まだ勇士号のサブシナを開けていないので、こちらは月が変わってから開ける方向ですかな。

しかしこうなると、ナルでそこまで積極的に依頼受けなくても良い気がするので、今後はプリムやリリといったほかの娘達に積極的に経験値を稼がせたい処ですね。ナルだけ頭一つ抜けてますが、他の娘達は軒並みレベル40過ぎ程度なので…。
後、リリはもう一年近く依頼を受けていない…。


さて、今後はマギラントに向かうコトになりそうではありますが、果たしてかの都市では何が待ち構えているのでしょうか…その辺含め、色々Nextを妄想するのも面白そうですね。
ともあれ、今日は皆様お疲れ様でございました。これにて、本日のリアルタイム更新を終了致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
太平洋血に染めて。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる