刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 生きることの意味、死ぬことの答え。

<<   作成日時 : 2012/07/22 09:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

以前に使ったネタかも知れませんが今回のリアイベにはピッタリな気がするので起用。五条です。さて本日は銀雨の最終決戦リアイベ「ラストバトル」の決行日です。(最終更新7/23 16:32)





少々寝坊しましたが私も1ターン目から全員参加するコトができました。
今回はポジションごとに行き先が固定なので、各人それに沿う形で行き先を決定。

どの戦場も戦力数は1200と、ポジションの人数の1.5倍くらいが相手。
最終的に一番人数の少ないコマンダーにも860人以上が集まったので、戦力比としては1.4倍くらいでしょうか。
基本3ポジとラススタは心配無さそうですが、コマンダーがどうなるかですよね…
なので今からポジション所属するコトを考えておられる方はコマンダーへ向かわれるコトを推奨。


しかし最後というコトもあってかTOPも特別仕様。
二つの三日月の威容が外枠もブチ抜いてでかでかと出ております。
乃々香嬢うしろうしろー!と思わないでもなく。
情報局も今回は各項ごとにスティーブさん・アーダンさん・遊君・文曲嬢・そして千春嬢がそれぞれ担当するという豪華仕様。
昨日はアーダンさんだけTOPに出そびれてました。そう言えばアーダンさん迷子キャラでしたっけ…


さて、決戦というコトで皆さんBGMを持参しておられると思われますが。
私も決戦に向けて気分を盛り上げるべく、戦闘用BGMをぽちりと再生。

♪:PARADISE LOST(Ryu☆ vs L.E.D.-G / beatmaniaIIDX18 ResortAnthem)

というワケで、空にそびえる二つの三日月に向かって駆け上るような、そんなイメージの本曲を最初のイメージ曲に持ってきてみました。
外殻を突破した辺りで、また次の曲に変えようかと。

ともあれ1ターン目、まずはどうなるやら…?


という処で一先ず朝食食べて参ります。




<10:27>

さて、朝食も食べたところで、前回のリアイベで中座したリアイベ思い出語りの続きでもしようかと思ったのですが……

敦賀市攻略戦のイメージ曲が思い浮かばないという悲劇。
何か思いついたコトは思いついたんですが、忘れてしまいました…。

敦賀市攻略戦は、当初神将関連に全く興味が無かったのもあって、人によって温度差の酷いリアイベだったような印象を受けました。
特定のPC(※)が居ないとその時点で敗北確定というのは流石に厳しいと思うんだ…。場合によってはその人に重傷特攻を強いる可能性もありましたし。
※:一応、8人のうち1人でも参加していればOKでしたが。
特定のPCがより大きな役割を果たすリアイベ、という意味で、富としては新たな試みだったのかも知れませんが…個人的に、そういうのは富ゲらしくない気がします。
とは言え無限ではこういう展開も結構あった気もしますが。


と、そろそろ1ターン目の結果が出る頃でしょうかな。




<11:19>

♪:AA(DJ Amuro / beatmaniaIIDX11 IIDXRED)
敦賀市解放戦のイメージ曲として考えてた曲、これでした。
絆が試される戦い、とイメージして思いついた曲がこれだったもので…ただ実際は絆に裏切られた男の曲、らしいですが。
でも裏切った対象が妖狐と考えれば合ってなくもない…のか?


♪:Ubertreffen(TAKA respect for J.S.B / pop'n music14)
でもって、続いてはファイナルナイトメアのイメージ曲。或いはジャックのテーマ、でしょうかな。
タイトルの意味が超越とかそんな感じの意味なので、色々超越しているっぽいジャックには合うんじゃないかなと。

しかしナイトメアは他の勢力にまして愉快な人達が多かったですね。と言うか寧ろジャックが愉快だったとも言いますが。
先日の生と死の境界線でジャックの分身漫才が見れなかったのが残念なくらい。
戦争そのものは、終わってみれば聖杯戦争の時よりは能力の脅威が薄かったのもあって快勝でしたが、しかしあの作戦図を見た時は驚愕したものです。のっけから攻略対象が10箇所以上でしたからねぇ。



さてラストバトル1ターン目の結果ですが。
流石に最初から躓いてはいられない、とばかり全戦域にて快勝。私の娘達も全員無傷です。

敵は、武器や車両や言葉や疫病など、人間に死を齎す要因たるものが形を得た存在。
生命の武器を模倣せしもの「○○」という名前になってます。
レベルは一律69なので、最近のリアイベの敵としては比較的弱い部類でしょうか。


さて2ターン目ですが、続いては光の塔の攻略。
今回は各拠点1800という結構な大軍勢。また、ボスとして各所の指揮に当たる異形がそれぞれ存在するようです。
最悪、制圧に2ターンかかる可能性も充分に考えられますが、果たしてどうなるか。

ともあれ、今度もそれぞれの所属ポジションに応じた戦場へ突撃してきました。
後は結果を座して待つのみですね。




<12:32>

♪:真実の戯言(「ヴァルキリープロファイル」スルト戦)
ヨーロッパ人狼戦線3のイメージ曲。寧ろカタストロフのイメージでしょうか。
異形の存在という大きな事実が明らかになったので、そのイメージで。

しかし人狼戦線3は、どちらかと言うと名前通りヨーロッパ編完結といった雰囲気でしたね。
あれ以降、ヨーロッパでは大規模な戦いはありませんでしたし。


さて2ターン目の結果ですが。
幾つかの戦場で敗北し、ボス格の異形も2体ほど逃してしまったものの全体としては全拠点で勝利。
これによって、二つの三日月の外殻へ攻め込むコトが可能となりました。

外殻が擁する戦力は6800、その中にはここまでで戦った武器達に加え、増殖した異形達も存在しているようで。一体一体は今まで現れた異形よりも格段に弱いようですが。
しかしこちらも全戦力を一点投入可能な状況ですし、負ける道理はありません。

というわけで、うちの娘全員を外殻に投入。
果たして、ここを突破した先に何があるのでしょうか…?




<13:13>

♪:Poison of snake(「沙羅曼蛇」ボス戦)
源平合戦のイメージ曲。実際のゲーム機で聴いたコトがあるのがFC版グラディウスIIのボスラッシュで使われたバージョンだけなので個人的にはそれのイメージが一番強いんですが、長さを鑑みれば、オトメディウスのZ.F.F.戦で使われたバージョンが一番良いかも。
寧ろトビアスのイメージでしょうか。あの脳味噌ヘッドを見て、沙羅曼蛇のゴーレムしか思い浮かばなかったもので…。

源平合戦は初めて抗体ゴーストと戦うコトになった戦争でしたが、早速その脅威を思い知らされたものです。火力パネェ。
不滅の災いを諦めざるを得なかったのは仕方なかったですが、今にしてみるとそれで正解だったような気がしないでもなく。まあ災いを倒したら倒したでまた別の行動の余地はあったかもですけれど。
それにしても、あそこでトビアスを捕らえられたのは本当に予想外。寧ろ石化させるだけで捕獲可能だったのが更に予想外。人狼戦線3でカリストを同様の方法で捕らえるのに失敗したばかりでしたし尚更に。

後、ゴチ娘を依頼に投入してなかったコトをちょっと後悔しました。
災い追撃依頼…。


さて、そろそろお腹も空いて来ましたし昼食の用意をしましょうか…。





<14:35>

♪:waxing and wanding(青龍 / beatmaniaIIDX13 DistorteD)
月よりの使者のイメージ曲。タイトルの意味が「月の満ち欠け(※)」なので、ルナエンプレスを迎えるイベントであるこの戦いに合うかなと。
※:正しくは「wax and wane」らしいですが、諸々の勘違いが重なった結果こうなったそうです。

アーリーデイズ連動ジョブの1つであるルナエンプレスの実装、友野MSによるイベシナと、リアイベ前に色々面白い要素のあったこの戦い。
私も早速とばかりアシュティールを登録し、イベシナにも参加してました。
ただ、リアイベに関しては突発だった故に途中参加であり、リアルタイム更新はできませんでしたが…。



さてラストバトル3ターン目ですが、実に7000人ものPCが集まったことでさっくりと外殻制圧成功。
雑魚異形はレベル96均一と、そこまで強くはなかった模様。これなら何とかなりそうですね。
私の娘達も全員無傷でありました。


というわけで外殻を突破し、いよいよ二つの三日月内部へ突入したワケですが…

「ぷんすか!」に噴いた。

…ではなく。


♪:YAKSHA(Neurakyussra / beatmaniaIIDX19 Lincle)

そこに存在したのは、数多の異形と、崇敬の対象として生み出されそれらを率いる4体の聖獣…リヴァイアサン・ベヒモス・ウロボロス・ジズ。神話にも名が伝わる4体の終末の獣達。
そして、その力は生と死を分かつものにすら匹敵するという2体の異形「豊穣をもたらすもの」と「静寂を生み出すもの」。
この2体によって、妖狐の尾のゴースト達と悪路王一党、そして真シルバーレインまでもが操られてしまい同士討ちを始めてしまいました。妖狐達もこれらを抑えるのに手一杯という状況です。

更に、二つの三日月は五行禁術を突破する手段として、無数の小さな二つの三日月を生み出し地球に降下させる、という行動に出ようとしています。
これは早いところ何とかしなければなりませんが、聖獣達の存在によって強化されており一気に突破、とは行かない状況。

何じゃこりゃー!?と叫ぶような状況ではないものの、なかなか大変な状態になっております。


この状況にコマンダーは、まず援軍を解放するため2体の異形を排除する方向で方針を決定。
まずは(23)の豊穣をもたらすものを攻撃。私もメイン級の娘を全員こっちに向かわせ、残りは逆侵攻阻止として各所に配分しておきました。

豊穣をもたらすものは分かつものと同等の存在らしいですが、ここで落とせないとかなり厳しいコトになりそうな予感…どうなりますやら。





<16:07>

♪:A.DOGMA(あさき / GuitarFreaks&DrummaniaV5)

伯爵戦争&善悪の彼岸のイメージ曲。どっちかって言うと善悪の彼岸の方でしょうか?タイトル的に秘されし大罪のイメージがあるので。
やはり吸血鬼関係はゴシックっぽい雰囲気の曲から選びたくなります。
ましてや伯爵との決戦と言っても良い戦いでしたしね。

伯爵戦争は、ニーナのマヨイガ結社が丁度すすきのにあったため前哨戦リアシナに参加できたり、そもそも敵の主力が七つの大罪を模した軍勢というコトで私の心の琴線を直撃したりで、色々と印象深いリアイベでした。
しかし善悪の彼岸への派生は本当に予想外でありましたさ…その後伯爵と共同戦線を張る展開があるのも含めて。



さてラストバトル4ターン目結果。

豊穣をもたらすものはきっちり撃破。
Lv350のHP35000と、確かに分かつもの並の強さでありました。

しかし、もたらすものは死に際に妖狐達の戦闘能力を奪っていき、それによって七星将までも戦闘力を喪失したため彼らは撤退を余儀なくされました。
となると、悪路王達や真シルバーレインも、助けられても援軍としては期待できないかもしれません…。

ですが敵の戦力は削らなければなりません。
というわけで5ターン目は残るもう1体・静寂を生み出すものへと攻撃。ただ、若干余裕がありそうではあったので、追加で聖獣4体のうちベヒモスを攻撃する方向に。
よく考えると、相手が分かつものと同格と考えるともうちょっと戦力が必要だったような気もしますが、一応生み出すものの方へ戦力を寄せる方向にはなったので、何とかならなくもない…のでしょうか?

私の娘達は、主力を生み出すもの方面・サブをベヒモス方面・残りを逆侵攻阻止へ配置。
15thは重傷喰らったので待機にしましたが。


ここが一番の正念場となりそうですね…果たして。




<17:55>

♪:風林火山(96 / pop'n music18)

関ヶ原の戦いのイメージ曲。戦国の戦いと言えばポップン18から持ってくるしかないだろうというコトで。
戦国絵巻?あれは何か違う気がするもので…。

しかし関ヶ原の戦いは、途中で水オロチが出てきたのに始まり、その後に続くオロチ大乱や諏訪湖決戦のせいで、微妙に印象が薄くなってしまったような気がします。
割と懐かしいゴーストが出てきたりと、見所もあるにはあったんですけどね。


さて5ターン目ですが、配分が良かったのか静寂を生み出すものと聖獣ベヒモス、共に撃破成功。
やはり悪路王達もかなり力を失ってしまったようで、有事に備え一度後退しました。
私のPCではゴチ娘が重傷を受けてしまいましたが、まだ16人動けますし無問題。


しかし、玄室の説明からするに、どうもここの三日月を倒してもまだ続きがありそうな気配。
一応戦力的にも一転集中すれば何とかならないでもない量ではある、というのもあり、コマンダーはここで玄室一転集中での撃破を指示。
逆侵攻阻止も有志による最低限とする、まさに決戦の構えです。

正直、聖獣をもう1体くらい倒してからの方が良いような気がしますが、まあ懸念は尤もなので私もそれに従う方向で決定。
最低限の逆侵攻阻止要員を残し、後は全員玄室に突っ込んできました。

これで落とせるとしたら、この後一体どうなるのでしょうか…?





<19:07>

♪:The true nature of all(「ヴァルキリープロファイル」ロキ戦)
諏訪湖決戦のイメージ曲。全ての生命を守るための戦い、という面もあったので、この曲はよく合う気がします。
後は、VPの曲を多めにイメ曲に振ってたカリストとの最終決戦だったというのもありますし。

一週間ぶっ続けのオロチ大乱の締めにして、長らくその正体が不明であったディアボロスランサーの存在も明らかになる等、まさに決戦といった雰囲気を強く醸していた戦い。
滅亡へのカウントダウンは割とギリギリだったのもあってか、最後まで緊張感溢れる戦いでもありました。



さて若干今更ながらラストバトル6ターン目の結果ですが。

二つの三日月は弱体化したとは言え、やはり倒しきるには至らず、戦力を3/4ほど削り込むに留まりました。
しかしその攻撃能力は凄まじく、大爆発範囲に石化を与える静謐に、単体攻撃ですが99999ダメージを与える死、と、流石ラスボスと言わんばかりの能力。

ですが、ここまで削り込めたならばやってやれないコトは無いでしょう。
というわけで、引き続き最低限の逆侵攻阻止戦力を除いて全員玄室へ突撃。
重傷を負った13thは9thの応援に回しましたが。


一応、現時点でまだ情報局は受け付けておりますが…今度はどうなるでしょうか。





<20:36>
しかし、何かさっきからウェブリブログが不安定です。何度か接続できなくなったりしましたしな…。
リアイベが終わるまでは頑張って欲しい処ですが。

さて、7ターン目結果帰って参りました……が。



♪:Almagest(Galdeira / beatmaniaIIDX17 SIRIUS)


宇宙キターーー!?

…というわけで、玄室の二つの三日月は打倒することに成功。
しかし、その直後、能力者達は何やら宇宙空間のような空間へと降下していきます…


そこにあったのは、幾千幾万もの輝く『宇宙』…莫大なエネルギーを内包した宇宙の輝き。
二つの三日月の存在を支えるそのエネルギーの前に、能力者も、悪路王も、七星将や女王達も為す術は無く……


…と、思われましたが。


直後、能力者達を『蒼い光』が包みます。

それは、生命の輝き。
数多の生命を繋ぐ、運命の糸が能力者達に、死の運命を打ち砕く力を与えたのです。
そして響く声。

『……その賛歌をもって、今こそ、終止符を……』


これならば、数多の『宇宙』を打ち破ることも可能でしょう。
というわけで最終8ターン目の目標は「生まれ出ずる宇宙」只一点。

戦力数は圧巻の10万
普段ならば絶望しか感じない数ではありますが、今なら間違いありません、勝てるはずです。
勿論、私も重傷の娘以外全員を突入させてきました。



これが、本当に最後の戦い。勝つのは果たして、生か、死か。




<7/23 16:32>
結局あの後、ウェブリブログの不具合によって更新ができなくなりました…。
何とか復旧したので締めの更新に入りますが、ちゃんとシステム管理して欲しいモノです。


さて最終8ターン目は、10万の戦力を完膚なきまでに打ち破る大勝利
と言うか敵戦力を構成する構造欠陥により消滅吸収を待つ宇宙とボス格である新たなる宇宙はいずれもレベルたったの10。一応、新たなる宇宙のHPは2000ありましたが。
多分、運命の糸によってPC達が強化された演出をする為、逆に敵の能力を弱くしたんでしょうかな。実際、運命の糸の加護を受けなかったと思われる妖狐や悪路王達はこのターン来てませんでしたし。

それ故に、このターンの戦闘は弱兵の群れを味方PC達がばったばったと薙ぎ倒す完全なる無双状態
レベル差ゆえ、全周アビが限界に引っかからないコトすらあったので、戦場によってはブラックヒストリーや封神十絶陣の一撃で消滅吸収を待つ宇宙ン十体が消し飛ぶ実に爽快な光景が拝めました。
と言うか9th(真モーラットピュア連れ)のおかげでモラ無双というある意味夢の光景が。


そんな感じで数多の宇宙は全て打ち砕かれ、二つの三日月はその力を完全に喪失…
後に残ったのは、二つの三日月のエネルギー源とされていなかった、真の「次なる宇宙」
新たなる世界として二つの三日月が生み出したのだろうそこは、本当に何も無い…完全なる無と静寂に包まれた宇宙。

…と、


♪:quaser(Outphase / beatmaniaIIDX 9thStyle)

そこに聞こえた声は、何とディアボロスランサーのもの。
彼女――女性の声音だったようなので女性として扱います――が言うには、その「次なる宇宙」とは、宇宙が寿命を迎えた時の為に用意されていたものであり、光の巨人…二つの三日月はこれへの生命の流入を防ぐために顕現したものだそうで。
そして、彼女はこの「次なる宇宙」へ生命を齎すべく旅立つとの事で…

そこで、最後の選択肢「ディアボロスランサー」が発生。
旅立つ彼女を見送るか、引き止めるか、或いは彼女と共に新たな宇宙へ旅立つかという三択です。


結果から言えば、ディアボロスランサーは次の宇宙へと旅立っていきました。
共に旅立つことを決めた、1141名の能力者達と共に。

私のPCからも、氷樹が次の宇宙へ旅立ちました。
今の世界での彼女の役目は終わった…と、思われたが故に。
後、この後この世界で彼女がどう生きていくのかが想像できなかったというのもあります。
新たな宇宙で何があるのか、は未だ分かりませんが…。



そんな感じで、激動の展開続きだったラストバトルもついに終了。
まだまだ諸々の問題はありますが、大きな戦いとしてはこれが最後だろうとの事。
早速、祝勝会イベシナが催されたり、情報局の募集も再開されております。

そして、4つの割ととんでもないお知らせ(公式ママ)がきてます。



1.戦争結果
戦争リアイベお馴染みの結果発表。
今回も破壊したのはミニメガリスだったので学園レベルは上がらず。
また、経験値と詠唱兵器の配布も行われましたが…1PCにつき3通きてます。
推測される理由は、戦場マップが変わった「3ターン目まで」「4〜7ターン目」「8ターン目」がそれぞれ別のリアイベとして処理されているため。
確か伯爵戦争でも同様の事態が発生していたかと思いますが、まああれは2通目でイベントタイトル自体が変わったので分かりやすかったんでしょうな。


2.「ゴーストタウン全曲集」発売決定
割と初期の頃から要望の高かったGTサントラが、ついに通販にて発売決定。タイトルは「S.R.WORKS」
こちらで申し込みと視聴が可能となっています。
Javaコンバート前のオリジナル音源というコトで、GTで実際に聴けるそれよりも音質がかなり良くなっており聴き応え抜群。

因みに、視聴で分かる収録楽曲は以下。

2.sweeties(ホテルいちご貴族)
5.f.d.t.d.(アミーゴ横須賀)
6.Whips & Candles(紫刻館)
10.silencekeeper(新戎地下街)
12.S.G.F.(森羅蒼鷺亭)
17.deepest blue(パシフィック・クイーン号)
19.Iron Spider(北関東セメント工業)
25.Show ur Spirits(学園黙示録・リアイベ戦闘)
26.DAYDREAM(GT通常戦闘)


他、全26曲を収録との事。
現在公開されているGTが全部で22箇所なので、22曲目までが各GTの曲とすると、23・24曲目は何になるのでしょうか?


3.全国「超」縦断・銀雨ファイナルオフのお知らせ
以前からオフイベ等で話のあった、全国縦断プチオフの開催が正式に決定したとの事。
流石に全部のリアイベの会場を回るのは無理だったようで、開催地は以下の9箇所となりました。

9/29(土):奈良県御所市(土蜘蛛戦争)
9/30(日):兵庫県神戸市(人工島の戦い・源平合戦・ブリュンヒルデの騎行)
10/1(月):愛媛県今治市(今治市解放戦)
10/2(火):静岡県熱海市(大いなる災い)
10/3(水):茨城県笠間市(武曲七星儀)
10/4(木):長崎県佐世保市(吸血鬼艦隊)
10/5(金):福井県敦賀市(敦賀市攻略戦)
10/6(土):神奈川県鎌倉市(フリーダムモンスタークリスマス・ファイナルナイトメア)
10/7(日):東京都(月よりの使者)


加えて、鎌倉は銀誓館学園の所在地であり、東京はTW4の学園の設立場所との事なので、締めに持ってくるにはうってつけですよね。
因みに、スタッフは上様はじめ全員参加との事。一本さんは体調次第だそうですが。
しかしこの一週間は西へ東へ大変そうだ…富スタッフも(居るかどうか分かりませんが)全会場参加を目指すPLさんも。

あと、現状富の方でもどれだけ参加者が集まるかの目算が立っていないので、会場確保の目安として参加予定アンケートの受付が行われています。
答えなくても当日の参加は自由との事ですが、何処かの会場に行けそうだという方は表明をなさると良いでしょう。

私は…恐らく参加できません。何しろ蔵の秋どさと日程が駄々被りなもので…。
ただ、9/30に蔵の大阪どさがあるので、その前日の御所市にはもしかしたら参加できるかも?参加しない可能性の方が高いので表明はしませんが…。




4.TW4「サイキックハーツ」8/12開始!
というわけで、以前から告知されていたTW4の正式タイトルと開始日が決定しました。

サイキックハーツ、公式略称は「サイファー」との事。
高機動紙装甲のバーチャロイドか、とか、逆に防御力自慢のナイトフォーゲルか、とか、ロ〜〜〜マンティックな夢を追うガンブレード使いか、とか、「貴様らにそんな玩具は必要ない」忍者の愛剣か、とか早速色々突っ込まれているようですが。
第二者は蔵のCtSやってた人じゃないと分かりませんが…。


それと同時に、先行告知ページにも読みづらい文字で情報が追加。
分かっててやってたんかい!

とりあえず簡単にざっくり纏めると…

・人類皆二重人格。
・その裏人格を「闇(ダークネス)」と呼ぶ。
・ダークネスが主人格を乗っ取ることを「闇堕ち」と呼ぶ模様。
・ダークネスは「サイキック」という異能を持つ。
・闇堕ちするとその肉体もまた変容・異形化する。
・ダークネスと総称してはいるが、ルーツの違うダークネスはそれぞれ全くの別物。


・1600年代前半には複数の有力ダークネス組織が休戦条約を結んだことで、彼らによる「人類分割統治」が行われるようになった。
・ダークネスは繁殖能力を持たず、人類を闇堕ちさせることでしか数を増やせないため、人類を密かに支配し虐げ、その営みを歪めることで闇堕ちしやすい環境を作り上げてきた模様。
・世界の矛盾や、人々を襲う悲劇も、全てはダークネスが齎したもの。


つまり「おのれディケイド!」的な。

・1990年、東京・武蔵野にて「サイキックアブソーバー」なるシステムが稼動開始。
・これにより世界に存在する「サイキックエナジー」が吸収され、日本に集束していった。
・強大なダークネスは、その存在を維持するためにサイキックエナジーが必要なのだが、サイキックアブソーバーのせいでそれが枯渇。
・それによりダークネス組織の上層部が機能不全に陥り、彼らに操られていた各国首脳も混乱に陥った。
・それでも未だ分割統治は続いているようだ。


となると、ダークネス組織は潤沢なサイキックエナジーを求めて日本へ集まってくるコトになるのでしょうな。
物語が進めば、サイキックアブソーバーの破壊を狙う敵も出てきそうです。

・サイキックアブソーバーの稼動開始以来「灼滅者(スレイヤー)」なる存在が急増。
・灼滅者は闇堕ちすることなくサイキックを行使しうる人類。
・闇堕ちの危険を孕んではいるが、ダークネスを滅ぼす(灼滅する)ことによりその危険を遠ざけることができる。
・身体能力の差は、サイキックエナジーにて生成される「殲術道具(キリングツール)」で補う。
・1995年以降生まれの灼滅者を集めた学園が武蔵野市に設立された。


この灼滅者(スレイヤー)がPCになるものと思われます。
殲術道具というのは銀雨で言うところの詠唱兵器と思われます。

・灼滅者達はそれぞれ、己のルーツに連なる宿敵と戦っていた。
・ヴァンパイアに対するダンピールとか、六六六人衆とか、ファイアブラッドに対するイフリートとか、宇都宮ぎょうざ怪人とか。
・殲術道具も色々存在。腕型祭壇「縛霊手」、実体を持たないサイキックエナジーの塊「バトルオーラ」、影を武器化する「影業」、他にも「バスターライフル」「WOKシールド」「日本刀」「鋼糸」「契約の指輪」「護符揃え」などなど。
・実戦においては、これらが新たなる力を齎すこともあるとか。
・銀雨と違って、自分達の正体を隠す必要は無い模様。
・戦いにおいては隊列とポジションの概念も存在する模様。前衛の「クラッシャー」「ディフェンダー」、中衛の「ジャマー」「キャスター」、後衛の「スナイパー」「メディック」。
・また、サーヴァントなる戦力たりうる存在も居るようだ。
・敵としては、アンブレイカブル・シャドウ・淫魔といった種類が存在。


ダークネス側がヴァンパイア・六六六人衆・イフリート、スレイヤー側がダンピール・ファイアブラッドでしょうか。
しかし宇都宮ぎょうざ怪人て…。
しかしヴァンパイアにダンピールが居るなら、メーベルナッハ一族の娘はダンピールとして作るべきかな…?

殲術道具は実にバリエーション豊かで、中には形の無いものもある模様。
また、殲術道具そのものにも何かしらの力…銀雨TRPGで詠唱兵器に備わっている力と似たようなものがあるようですな。
それとサーヴァント…殲術道具と共に列挙されている処からすると、銀雨の使役ゴーストのような存在だったりするのでしょうか?

ジョブとしては他に、魔法使い・神薙使い・エクスブレインといったものが存在するようです。
ポジションというのは、今度は依頼でも影響を与えるようです。ポジションによって能力が変動するとかそんな感じでしょうか?

そしてやっぱりエロ担当の敵は居るんですね。しかもやたら直球なネーミングで…。

・ダークネス組織の誘いに応じることもできる模様。
・窮地においては自ら闇堕ちを選ぶ選択肢もあるようだ。
・闇堕ちしたPCはやがて完全なダークネスと化すが、その前に仲間がそれを倒してくれれば元に戻れるとか。


時としてPCが闇堕ちしてしまう事もあるようですが、それを救出するコトもまた可能なようで。
エンブレの生死不明に更なるメリットを与えた形ですかな。


・TW4ではシナリオの遊びやすさ・使いやすさを念頭とした様々な新システムを採用。
・発言検索や発言一覧、クラブの副団長システム、★課金手段の増加。
・シナリオ難度によるプレイングとパフォーマンス文字数の変化、ポジション分け等による相談の円滑化。
・進化したサイキックシステム・リプレイ完成後にできる警戒行動もしくは事件の追跡、あるいは推理。
・また、自らが闇堕ちした後裏人格が何をするか、を闇堕ちシナリオとして発表できる。
・学園生活を楽しむシナリオも色々出る模様。


発言検索などは以前から話が出ていましたが、しかし銀雨やエンブレと★の使い回しができないのはちょっと辛い…。
プレイングの字数変化は、エンブレでプレ分割を嫌った人の意見をある程度汲み取った故の要素でしょうか。どう変化するかはまだ分かりませんが。
リプレイ完成後にできる行動というのは、エンブレのNEXTに似たようなものと思われます。今後を見据えた行動を作戦プレに組み込まなくても良いってのはちょっとした利点でしょうか?
後、闇堕ちシナリオはなかなか楽しそうな要素。裏人格がどんな方向性なのかも含めて想像が膨らみますな。


と、結局大分長くなりましたがこんな感じでしょうか。


そして開始日は8/12(日)……


って早いよ!?
もう後3週間くらいしか無いじゃないか…。BU発注資金を残しておきませんと。


ともあれ。
私は現状ではエンブレがメインとなりますので、サイファーの方はあちらが一段落するまでは様子見。それに銀雨メインの方は銀雨が完全に終わるまで本格的には動かないと思われますし、最初からそんな急には動かないだろうと予測もしている次第です。
ただ、エンブレ開始時にも「銀雨が一段落するまでは様子見」と言っておきながらエンブレメインに移行した前科があるので現状未知数。

作成するPCですが、以前から何度か話に出したガチ百合暴走大和撫子で現在予定中。
最初からダンピールのキャラが作れるなら、それでメーベルナッハ一族の娘を作ろうかとも思ってますが。
まあ、私のコトですからPC登録フォームを見た瞬間全く新しい娘が爆誕する可能性も大いにあります。
この辺は正式開始待ちですね。





ともあれ、終了後にも色々ありましたが、これにてリアルタイム更新を締めさせて頂きます。
参加なされていた皆様、お疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ラストバトルお疲れ様でした!
乃々香の宇宙ちちしりふとももに万歳!
武曲のぷんすかに萌えー

ディアボロスランサーの投票が突然かつ
〆切まで時間が短すぎかつ
旅立ったPCは隔離状態らしい
と諸々な理由で
結社では知り合いのキャラと
別れの会話ができなくて残念です…。
氷樹さんもお元気で!

新情報の纏めも分かりやすくて
助かりました、ありがとうございます!
新しく登録PCをどうするか考えるのも
PBWの面白さですよね。
今から妄想…もとい、ワクワクが
止まりませんよ!

長文になってしまいましたが、
改めて、お疲れ様でした。
金月水木
2012/07/23 22:12
えらく遅くなってしまいましたがお疲れ様でしたー。

ディアボロスランサーに関しては、せめてお別れを言う時間ぐらいは欲しかったですよねぇ。おかげで氷樹もその辺全くできませんでしたし…一応、ついていく旨を伝えるコトはできましたが。

現状、候補PCが5人ほど居ててんやわんやです(ぇ)<登録PC
五条
2012/08/04 04:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
生きることの意味、死ぬことの答え。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる