刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史を駆け下りる獣。

<<   作成日時 : 2012/06/12 04:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最後のページ目掛けて。五条です。さて今回は(も?)富ゲの話題です。





●銀雨
悪路王との勉強会イベシナ
が返ってきました。

内容が膨大なので、また後から改めて読み返す必要がありそうですが、とりあえず軽く一読した限りでも人魔共存の道が想像以上に険しいという実感は得られた感。
全世界に通信障害が発生するコトにより情報産業をはじめ世界の文明レベルが後退する可能性が高いとか、最悪、全人類を敵に回す可能性があるというのは確かに想像が及びませんでしたなぁ…。
何か、物凄い勢いで課題が増えた感じです。
いや、そもそもそれを洗い出す為の勉強会だったとも言いますが。


そして勉強会が終わったところで、早速悪路王は次の行動を決定。
異空間に潜む生と死を分かつものを打倒するコトになりました。

今は転移門となったルルモードを擁する彼らは、それによってディアボロスランサーのもとに大戦力を送り込み、これを破壊するコトが可能。
現時点で目立った動きが無いのも、そのための準備をしているからに過ぎないというわけですな。
つまり、時間の経過は異形に有利。ならばこちらから打って出て、生と死を分かつものを倒さなければなりません。


幸い、分かつもののもとへ向かうのに必要な詠唱銀約91億は既に集まってます…


と言うか集まりすぎです。

必要数約91億に対し、集まった量何と約873億。
91億の時点でも途方もない量だったというのに、その更に10倍近い量が集まったという銀誓館本気出しすぎ状態。
先週末TOPに立っておられたPCさんに至っては、約77億という量をお一人で送られたそうで…必要量の実に85%程をお一人で賄ってしまわれてました。パネェ。
私が送った量は結局、全PC合計約4000万でしたから…これに比べるとほぼ誤差の範囲のような。まあでもこういうのはやるというコトこそが重要ですよね!


ともあれ、これを用いて生と死を分かつものの討伐に挑む戦争リアイベ生と死の境界線が決行と相成りました。
開催日は17日(日)。

今回のリアイベの特徴は何と言っても、敵が過去のリアイベで戦った敵達であるということ。
土蜘蛛戦争から天空の戦いまで、過去24度の戦争リアイベそれぞれの敵を再現した戦場24箇所+生と死を分かつものが待つ無間域と、実に25箇所もの攻略拠点が存在します。
また、これら過去のリアイベの敵達は、PC達の記憶をもとに再現された幻影であり、その能力も当時と変わらないそうです。

侵攻ルートも特殊で、地獄の階層名を冠した6つの階層にそれぞれの攻略拠点が配置されており、各階層2箇所を制圧するコトにより次の階層の拠点が攻略可能になるという形。
こんな感じ。

・等活域
(1)土蜘蛛戦争・(2)竜宮城決戦・【3】人工島の戦い・(4)狂鬼戦争

・黒縄域
(5)ヨーロッパ人狼戦線1・(6)今治市解放戦・(7)大いなる災い・【8】ヨーロッパ人狼戦線2・(9)武曲七星儀

・衆合域
(10)吸血鬼艦隊・(11)聖杯戦争・(12)マヨイガの戦い・(13)アリストライアングル・(14)敦賀市攻略戦・(15)ファイナルナイトメア・【16】ヨーロッパ人狼戦線3

・叫喚域
(17)源平合戦・(18)月よりの使者・【19】伯爵戦争〜善悪の彼岸・(20)ブリュンヒルデの騎行・(21)関ヶ原の戦い

・焦熱域
(22)オロチ大乱・【23】諏訪湖決戦・(24)天空の戦い


また、転移門となっても尚ルルモードは暗躍しているようで、鬼の手を切断して此方の帰路を奪おうとしてきます。
具体的には、↑で戦場番号を【】で括った戦場を規定ターン内に制圧できないとその時点で敗北、という形ですね。

そして今回の戦いも、悪路王軍と妖狐軍との共同作戦となります。
更に妖狐からは対異形の切り札として伯爵も参戦。生と死を分かつものを倒した際に伯爵が生き残っていれば、彼が分かつものを取り込んでくれるそうです。
が、彼が倒されてしまうと分かつものを倒す手段が失われてしまうらしいので、その時点で敗北となってしまいます。


とまぁ、戦場の多さ・侵攻ルートの特殊さもあってなかなか考えることも多そうな戦いですが、しかし勝たねばならない戦いでもあります。
ってか銀雨の戦争って大体そうですよね。
そんなワケで今回も全PC動員にてフル参加予定。恒例のリアルタイム更新も行う予定でおりますので、結果待ちの間にでも是非どうぞ。


しかし今回のリアイベは、過去のリアイベでの敵と戦うというのもあって、キャラロール的にもなかなか燃える処ではあります。

唯花:土蜘蛛戦争に土蜘蛛側で参戦していました。(その直前に眞由璃嬢が発動した無限繁栄の効果で能力者になったという設定)
イリス:人工島の戦いの時、影の城に居ました。(アル君達と一緒に来日したという設定)
氷樹:絆元のPCである悠姫が武曲七星儀で死亡している+元々笠間市付近の山で眠っていた設定。
ニーナ:ティルが聖杯戦争で死亡+自身も死亡の可能性があった。
アシュティール:月生まれのルナエンプレスなので、月よりの使者では当初救助対象だった。


ざっと列挙するとこんな感じ。
余裕があれば、この辺のRPも何かしらの形で反映させてみたい処ですね。





●エンブレ
幾つか重要依頼も出ていますが、現時点で一番重要なコトといえばやはり…



Lv55で第8アビ解禁

というコトでしょう。
第6アビから第7アビまでが10レベル、そこから第8アビまで9レベルと、なんか間隔が安定していませんが、気にしたら負けというコトですかな。


公式ではまだ武芸者とハンマーのアビしか公開されていませんが、やっぱりハンマーアビの画像がラフ状態でした。
東原絵師さんのキャパが追いついてないよ…!


尚、Lv55一番乗りを果たしたPCさんの調査により、既に一通りのアビリティの情報は判明しております。
こちらで紹介するのは公式で全て出揃ってからとしますが。

私も人伝にソーンイーターとアイスレイピアのアビは確認しましたが…

ソーンイーターの8アビ、3目のアクション名が「下腹部をなぞる」であるのに噴いた。

あと、アイスレイピアの8アビが3目自チャージというコトでなかなか使いでありそうな感。

また新たな戦法の構築を考える日々が来そうで楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史を駆け下りる獣。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる