刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS いのち、かがやくとき。

<<   作成日時 : 2012/04/15 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瞳に満ちる光、究極の魂、そして我が魂の螺旋…五条です。さて本日は銀雨のリアルタイムイベント「諏訪湖決戦」でございます。(最終更新23:34)





危うく1ターン目寝坊しかけましたが、とりあえず行動入力は全員分完了。
コマンダーの方針に従い、主力を大神官、サブをプラトン戦車隊、逆侵攻阻止に何名かオシリスの処へ向かわせました。

流石に侵攻先が多いせいか1箇所あたりの敵の数は大したコト無い感じですが、編成事故が起きないとも分かりませんし決して楽観はできない状況。
まずはここを確実に乗り越えなければこの先もありません。どちらか片方だけでも突破できているコトを祈るのみです。


また、コマンダーの要請の結果、大陸妖狐の援軍も来てくれています。
廉貞、貪狼、巨門、破軍と、七星将勢揃いの豪華な布陣。なかなか壮観ですね。
しかしURLに噴いた。もうちょっと捻ったタイトル付けようよ!
何故か破軍のテンションが異様に高く、巨門がツッコミに回らざるを得ない愉快な事態になってます。
その巨門もオロチ相手に結構殺る気になっているようなので、とりあえず今回に関しては暴走の心配は少なそうでしょうか。一度異形につきかけた奴ですから油断はできない気もしないでもないですが。

ともあれ、今日一日全力でやっていくと致しましょう。





<11:54>
色々調べたりしてたらえらく遅くなってしまいました…。

ともあれ、1ターン目結果出ました。
プラトン戦車隊・サメルフ共に完全勝利。悪路王の援軍がとても頼もしいです。何しろLv195ですからなぁ。

続くゲブ・プラトン立体もそこまで無茶な数ではない、というコトでここでコマンダーは賭けに出た模様。
即ち、情熱軍・ゲブ・プラトン立体同時攻めです。

なかなか無謀な賭けのような気はしますが、完全攻略を目指すならそれくらいの無茶は必要というコトでしょう。
確かに、どれも逃したくはない敵ですしね。


というワケで、私もそれに従って戦力を配分。心情的にプラトン立体ちょっと厚めにしましたが。

これで躓くと大変不利なコトになってしまいそうですが…果たしてどうなるのか。
もうすぐ結果が出ますが。





<12:53>
神配分きたーー!?

というわけで2ターン目は三面攻略成功、それも全戦場完全勝利というパーフェクトな結果に。
悪路王や大陸妖狐の援護のおかげもありましょうが、いっそ怖すぎるくらい順調ですな…。

ともあれ、次はいよいよオロチとの戦い。
戦力もそれぞれ2900とそこまで無茶な数ではありませんし悪路王の援護もあるので、これは二面いけるかも、とコマンダーは光・雷同時攻略を指示。
私もそれに従い戦力を等分、残りは樹オロチへの逆侵攻阻止に当ててきました。

ここで落とせなければ全てが終わってしまいますが、果たしてどうなるのでしょうか…?





<13:15>
今回の敵戦力に関してちょっと纏め。

エジプト神魔軍
アヌビスゴースト(Lv95):オロチ大乱にて現れたものと同様。
ホルスの残影(Lv95):術式型。隼斬り(術式・近接単体・ダメージ・回避困難)を使用。
従神官(Lv95):保護魔術(術式・自身・HP回復+ガードアップ)撲錫(気魄・近接単体・ダメージ)を使用。
スフィンクスソウル(Lv105):術式型。烈風を巻き起こす攻撃(術式・20m直線・ダメージ・命中▲)を使用。
黄金のファラオ(分身)(Lv128):気魄型。砂金嵐(気魄・近接全周・ダメージ・命中▲)を使用。

プラトン立体軍
デッドエンド(Lv99):旋剣の構え・ライカンスロープ・ヤドリギの祝福・森王の槍・スラッシュロンド・ジャンクプレス・虚空ギロチン・原罪ストームの使用を確認。
最終先行者(Lv110):神秘型。エレキパンチ(神秘・近接単体・ダメージ)と排ガス地獄(神秘・近接全周・ダメージ・命中▲)を使用。
学天則(Lv110):気魄型。メガトンパンチ(気魄・近接単体・ダメージ)と破壊光線(気魄・20m直線・ダメージ・命中▲)を使用。
バケットホイールエクスカベーター(Lv128):メガロクラッシャーと同質の模様。

尚、情熱軍に関しては伯爵戦争のときと大体同様の構成。


…しかし先行者て。また懐かしいモノを持ち出してきましたなセーマも。
ですが中華キャノンもドリルも無かった。残念。


因みに味方は。
悪路王の武者(Lv192):一刀両断(気魄・近接単体・ダメージ)を使う個体と剛弓(術式・20m単体・ダメージ)を使う個体が存在。
妖狐精鋭(Lv92):妖狐アビを使用。主に幻楼火。

あとは悪路王やオロチ鈴鹿の戦いぶりが気になりますが、さてどうなっているのでしょうか?




<14:30>

何この怪獣大決戦
(光オロチvsオロチ鈴鹿のJava戦見た感想)

というわけで光オロチ・雷オロチ共に討伐成功。これで1ターンの余裕ができましたね。
どちらもレベルは300のままですが、HPは10000まで下がってました。

オロチ鈴鹿はLv250のHP15000、悪路王はLv240のHP30000。256Lv成功が出せないので地力はちょっと劣りますが、それでも充分すぎる戦力です。何せ範囲攻撃でオロチ小分体の大半が瀕死になってましたからなぁ…。
ってかレベルの上だと悪路王より鈴鹿御前の方が(オロチ効果もありましょうが)高いんですのね。

私のPCは全員無事…ではなくニーナが2ターン目に重傷貰ってました
最近重傷受けてなくて調子いいなと思ってたらこれだよ!!
流石に3ターン目からはイリスの応援に回してました。


さて4ターン目ですが、前ターン逆侵攻阻止に留めていた樹オロチと、更にブリュンヒルデの攻撃に向かうコトになりました。
ブリュンヒルデの方は貪狼率いる大陸妖狐の援軍があるものの、過去二回討伐に失敗している相手ですし余裕をもって相手したいなとも思う処。
一方、攻略可能になったオロチカリストは援軍を受けているのもあって5600とかなりの大軍勢。
これは頑張って逆侵攻止めないと、というワケで私も逆侵攻阻止要員の大半をこちらに回してきました。
一応、オシリスにもちょっと逆侵攻阻止を送ってありますが。


ともあれ、ちょっと戦況に余裕は出てきたもののまだまだ安心はできない状況。さて、どうなりますやら。


という処でお昼ご飯タイムでございます。




<15:52>
4ターン目結果出ました。
樹オロチ、ブリュンヒルデともに撃破成功。これで後はエジプト神魔軍とオロチ3体を残すのみですね。
また、オロチカリストは話によればLv320のHP30000との事。弱体化前のオロチよりも少し強いくらいと思われるので、2ターンかければ恐らく倒せる、ぐらいの強さでしょうか。そこまで無茶な強さではないようなので一安心。
単にオロチ始め無茶な強さの敵が相次いだせいで慣れただけ、なのかもしれませんが。

しかし流石にカリスト相手の逆侵攻阻止はハードだったようで、あちらに回したうちの娘達のうち3名が重傷。
主力組はいまだ無事ではありますが。


さて5T目ですが、火オロチと水オロチのうちまずは火オロチを倒すコトに。それとここまで放置していたオシリスもターゲットだそうです。
水オロチはとりあえず放置の方向。逆侵攻阻止も必要ではありますが、下手に数送ると大陸妖狐の被害が大変なコトになるでしょうしね。
もし水オロチの援軍フラグを満たしてしまうと大変なコトになりそうですが、上手く調整いくでしょうか…?





<17:20>
腹減った。

というのはさておき5ターン目結果出ました。
オシリス、火オロチともに撃破成功。水オロチの方も無難な数で収まったようです。
ってか火オロチ倒したのwikiの管理人さんじゃないですか。おめでとうございます&いつもお世話になってます。

私の娘達は、逆侵攻阻止に向かった12thが重傷を負いましたがメインはまだまだ大丈夫。

そんなわけで次は残る水オロチと、エジプト神魔軍の残り一軍・ヌートを攻撃。
主に範囲攻撃持ちを後者、単体射撃使いを前者に回してきました。


大分余力が出てきた感じではありますが、対オロチカリスト戦を考えると2ターンは残しておきたい処。
はてさえ、うまく突破できるでしょうか。
どうもコマンダーに楽観論が出てきているのが気になるんですよねぇ…。





<17:56>
因みに今回のBGMはヴァルキリープロファイルのサントラDisc2でお送りしております。
特にThe true nature of all(ロキ戦の曲)は今回のイメージ曲としてピッタリだと思います。何しろ全ての生命の明日が懸かった戦いという共通点がありますしね。
他にも共通点のあるゲームは色々ありそうですが知ってるのがまずこれというコトで。

さて、そろそろ6ターン目の結果が出ますがどうなったでしょうか。





<18:31>
またしてもアフィリエイトが遊戯王で埋まった件。
オロチかエジプトか、どっちが原因なんだろう。


というのはさておき6ターン目の結果。
水オロチ、ヌート共に撃破成功。これにより、残るはオロチカリスト・闇オロチ・バステトのみとなりました。
これで援軍が来る戦場は全て制圧したので、後は廉貞の言うとおり学園能力者のみで決着をつけねばなりませんが、今の状況ならば充分いけるでしょう。

…しかし、バステトの戦場がどういうワケか6000もの軍勢を揃えていた件。
落とさなくても影響は無いらしいものの、何かあるなら落としておきたい処ではあるのですが、しかし流石にこの数は少々厳しいか。


とコマンダーも判断したようなので、7ターン目は闇オロチ・オロチカリスト同時攻撃。
闇オロチを倒しつつ、オロチカリストの戦力を削る意味合いですね。カリストは絶対1ターンじゃ倒せそうにないように思うので、予め削るのならば今のうちにやっておくべきでしょう。

さて、どうなるでしょうか…?



という処で、1時間ほど外出に。





<20:23>
The Sampling Paradise(H)を落として私涙目。
指がついていかなかったとです…。ある程度いけそうではあったのでいずれリベンジを!

そしてやっぱりRyu☆氏の曲は私の感覚によくマッチするなと再確認。
waxing and wanding→532nm→I'm so happyとプレイしたら何か脳汁出そうでした。
ボスフォルダでNNRTやれれば完璧だったんですがまだ解禁してなかった…!


って、そういう話ではないんでした。

ともあれ7ターン目ですが、順当に闇オロチを撃破。
しかしカリストはあんまり減らせず、増援を断った分を引いても2000ちょっとは残ってしまいました。

これは流石に全力でぶつからなければ倒しきれないか、というワケで8ターン目は全軍カリストのもとに吶喊。
最後だからメイン級の娘だけでも、とプレ書いてたら時間がえらくカツカツになった…。
バステトを放置せざるを得ないコトは残念ですが、状況的にしょうがない処です。
せめてゴーストチェイスで行方を追えないか、という提案もあったので、私もゴチ娘だけバステトの処へ向かわせその旨プレに書いておきましたが、さてどうなるか。


ともあれ、これで終わらなければ次は生命賛歌抜きでの延長戦、出来るだけここで終わらせたい処です…
21時の結果を座して待つと致しましょう。





<23:06>
そして、生命は守られました。

見事オロチカリストは倒され、その巨体は崩壊。
ってか彼にトドメ刺したの唯花の旧知の方で噴いた。今回友人知人が活躍するコトが多くて何よりです。
この姿となるために己の姿を還元したカリストは、もはや復活は不可能…更に、今回の戦いの為に彼が受け取った生と死を分かつものの力も失われ、異形は地上に干渉する手段を完全に失った模様。

即ち、この戦いを以て、異形との戦いは決着。
結局、異形との戦いはカリストに始まりカリストに終わった…という感じでしたね。

因みにエジプト神魔軍で唯一残ったバステトは、どうやら悪路王のもとへ向かうコトにした模様。
彼のもとでも何か悶着ありそうですが…



…が、それよりももっと大きな問題は。

最後に残ったランドルフさんは、『ディアボロスランサーの発動』を宣言。
直後、彼を守るために降り注いだ銀色の雨…それは、今まで語られていたシルバーレインとは全く性質を異にする、あらゆる神秘を否定する力。
そして、その雨が彼のもとへと集い、現れた銀色の兵士。ランドルフさんはそれこそを『シルバーレイン』と呼んでいました。
その銀の兵士に守られ、ランドルフさんは空の彼方へ去っていきました…既に役目は果たしたとばかり、ディアボロスランサーを残して。


…まさかのランドルフさんがラスボスっぽい、という超展開には驚きましたが、ともあれ生命の根絶は避けられました。
その戦いには、間違いなく勝利したと言えます。
これからどうするのか、は今後考えるとしまして、まずはこの8日間連続の戦いの勝利を噛みしめつつ、この連戦の終結に一安心すると致しましょう。


皆様、一週間の長い戦い、本当にお疲れ様でありました。
これにて、リアルタイム更新を終了致します。






…本当に今回はこれで終わりですよね?





<23:34>

…最後に、これだけツッコミ入れたかったので一点だけツッコミ。



ディアボロスランサー人力で持ち帰るのかよーーーーーーーーーー!!?

この展開は予想外だった。さすが富と言うべきか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いのち、かがやくとき。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる