刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄金と灰銀の砂嵐。

<<   作成日時 : 2011/05/31 04:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京砂漠という言い回しは何処から来たんでしょうかな。五条です。さて今回も蔵ゲの話題です。何か一週間ばかりブログ放置してしまってましたが…。





●CtS
東京攻略作戦はいよいよ最終段階に入った模様。
ってかユダも配備されてましたのね。

現在はその前段階に当たる、秋葉原解放作戦が進行中。
先立って以前のWTRPG11に登場していたサッカー少年ことエミール君が仕掛けた、秋葉原の洗脳装置を破壊しようというモノですな。
全て、先日出たラススポやCTR9でネタに使われてたアニメの要素が含まれております。

この作戦は、Heart○○秋葉と題された4つの連動依頼にて進行します。
まず姫野SDの「E」において陽動作戦を行い、ここに敵(主にエミール君)を引き付けておいた後、残り三箇所(村井MS担当の「T」、稲田MS担当の「J」、クダモノネコMS担当の「M」)のいずれかに仕掛けられた洗脳装置を破壊する…というのが作戦の流れ。
因みにハズレの場所にも洗脳装置の増幅装置が設置されており、これを破壊することで洗脳の効果を弱めるコトが可能なので決して無駄にはならないとの事。

私もちょっと興味を引かれたので、クダモノネコMSの「M」に参加してみました。

何を思ったかレイチェルで。
クダモノネコMSの依頼なら仁奈かヴィネだろうとは一応思ったんですが、どっちもどうも依頼の方向性とかみ合わない気がしたモノで…。
レイチェルで真面目な依頼に参加するのは初めてですし私もCtSでガチな依頼に参加するのはかなり久々ではありますが、今後の情勢にも関わる重要な依頼ですし一つ頑張って参ります。



ところで、以前から話のあった蒼空とのコラボ企画ですが、先日ついにそのコラボ機体が登場と相成りました。

KS-123ガネット。

蒼空のワールドガイドのイコン図鑑には載ってない機体ですが、α―米さんの仰られている処から察するに蒼空の方でも現在開発中の機体、なんでしょうかな。
CtSで言えばまだ開発依頼が進行中の機体、と。

CtSの設定上では、如何やらスチムソン博士の中の人(エミタ)ことスッチーの思いつき作られた機体のようですね。
どうやらCtS世界では蒼空がアニメとして放送されている設定らしく、スッチーもそれに影響されて製作を思いついたそうです。
しかしアニメに出てくるようなロボットをリアルで実際に作ってしまうとか、パネェ。

一応設備はカプロイア社が提供したそうなので、形式上はカプロイア社製となってます。

設定上、搭乗者のエミタAIに合わせて機体が調整されるという前代未聞の仕様が導入されており、専用機という色合いのかなり強い機体になっている模様。
その一方、外部音声に無駄なエコーがかかったり、動作のたびに無駄な音を発したり、特に意味も無くAU-KVとの合体システムが組み込まれていたりと演出性を重視した部分もあります。
ドラグーン的には非常に美味しいKVですな。

固定兵装としてガネットファングというミサイルを持ちますが、これも予めエミタAI経由で軌道パターンを入力して飛ばせるという変わったシステムを採用。目の前の敵の背中に着弾させるコトすら可能という面白い品です。

機体能力はカプロイアお馴染みのツインブーストの他、ガネットオーラなる謎の能力を搭載。
超簡単に言えば、攻撃に際してオーラとか光とか炎とか巨大な自分自身とか(の幻影)を発生させるコトができるというもの。
ただし戦闘には一切有利な効果の無い、演出専用の能力です。あと1シナリオ1回しか発動できないので、決め技を繰り出す時の演出として使うのが一番でしょうな。

因みに素能力の方は、何と攻撃から抵抗まで全て300という超フラットぶり。
生命・練力も共に250、装備も600とかなりの高性能です。


ただこの機体、ショップには並んでおりません。
ではどうやって入手するかと言うと…



先日のCTR9の1000ポイント景品である機体引換券との交換。

要するに、ほぼ万単位のSCを注ぎ込んで籤を引きまくる事が購入必須条件となってます。
しかも今では完全に入手不可能


…コラボ機体がここまで入手難度高くて良いんでしょうか。




まぁそれはさておき。
ほぼ同時期に店頭販売機にも新しい機体が追加されたのでそちらも軽く紹介。

こちらはPT-058Eサヴァー、プチロフ社よりリリースとなった初の電子戦機体でございます。
プチロフ社らしい武骨なフォルムが魅力。

性能の方もプチロフらしく、防御300に抵抗220、生命200と非常に堅牢な装甲を持つコトが売りとなっております。
回避も160とまずまずですが、その代わり攻撃120・知覚90、おまけに副兵装スロットがたった1の上に後述の固定武装があるので実質武装は主兵装の1つしか装備できないという、攻撃を完全に放棄した仕様。
ただし命中は240と結構高め。

その固定武装というのは可動盾「ジェレゾ」
重量100に対し受防60と性能は微妙ですが、特筆すべきはその機体能力「可動シールド」。
超簡単に言えば、空戦でも受けが可能になります。更に練力10消費により知覚攻撃に対しても抵抗+30するという形で受けを行うコトが可能。

その他の特殊能力としては、電子戦機ゆえにジャミング中和装置を搭載。
今まで骸龍しか無かったカテゴリCのジャミング中和装置であり、岩龍・ウーフーと並べば合計80の修正を与えられます。
ただし骸龍のそれと違いジャミング発生源の探知能力はありませんので注意。

更にもう一つ、プチロフの特徴であるIRSTに連動した索敵装備。
前方90度コーンの範囲内にいる敵を索敵可能。IRSTなので要するに熱源レーダーになるようですな。
ただ、結構制度の落ちる場面が多いようではあるので過信は禁物です。

お値段は110万+固定兵装20万の計130万と比較的手頃な価格。ウーフーとどちらを買うかでなかなか迷いそうかも。
私もヴィネで買おうかどうかと検討中です。






●DTS
合戦第2ターンの結果が返って参りました。

私のPCからは真沙羅・シュラハ・ロイエン・計都姉さんが描写ゲット。
真沙羅は犬神隊にて前線で戦う仲間の援護、ロイエンは幽霊船への警戒。計都姉さんは千響衆を率いての空中戦に活躍しておりました。
シュラハはジャウアドさんが艦橋に到達し神砂船を起動させようとするのに対し、アヤカシの襲撃を警戒する振りして彼に警戒していたようでしたが…

私のプレだとあくまでアヤカシにだけ警戒してたんですよねシュラハ。
如何やらその辺が伝わらなかったようであります。


さて3ターン目ですが、いよいよ決着という局面のようですね。
どうせ全員生き延びるんでしょうけれど。

真沙羅は犬神隊にてラマ・シュトゥとの交戦に当たるコトとしました。如何に彼女の機動力を対策できるかが鍵になりそうな気がしますが如何でしょうか。
シュラハは引き続きジャウアドさんトコで行動。最終的に彼が神砂船を入手してしまえば個人的には勝利条件を満たせたと言えますが、果たしてどうなりますか。
計都姉さんは再び空の雑魚アヤカシ退治へ。今回は陽動も兼ねるので、火力を前面に押し出して派手に仕掛けていくつもり。

果たしてどうなりますやら?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄金と灰銀の砂嵐。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる