刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄昏の宿命。

<<   作成日時 : 2011/03/27 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

果たしてこれが対人狼最後の戦いとなるのでしょうか。というわけでおはようございます、五条です。さて本日は銀雨のリアルタイムイベント「ヨーロッパ人狼戦線3」が行われております。(最終更新23:45)





各ポジションの評価はこんな感じとなっております。

サーチャー:70点
クラッシャー:86点
キャスター:86点
ポゼッショナー:90点
ディフェンダー:78点
ラストスタンド:83点
メディック:69点
コマンダー:90点


全体的にやや辛めの点数評価となっている気はします。
とは言え、コマンダーがかなり良い点を出してくれたおかげでメイン3ポジ+ラストスタンドは確実にポジション効果を発揮できますので、そういう意味では十全な結果と言えなくもありません。

…まぁ、今回に関しては私は全く相談に参加できなかったので、そんな偉そうなコトは到底言えないのですが…。


ともあれ、ここまで来たら後はぶつかるのみ。勝利を目指し邁進するだけですな。

コマンダーの作戦では、まず1ターン目は吸血鬼の先遣隊が現れる(4)水晶剣ルルモードの部隊に攻撃を仕掛ける予定との事。
吸血鬼がどう動くのかがイマイチ微妙な処ではありますが、もし(AI戦闘上)味方になるのなら、確かに1ターン目に戦闘を仕掛けるのが最良という気はしますな。
ただ相談を覗いてみた限りでは吸血鬼は敵として動くと仮定してた人が多いので、その辺考えると人数が割れる可能性はありそうです。
果たしてどうなるでしょうか…。


という処で、もうすぐ行動入力が始まりますのでスタンバイに入ります。





<9:31>
それにしてもアーダンさんは本当に焼きそばパンが好きだなぁ…。
そんなコトを考えた情報局でありました。


ともあれ1ターン目の行動入力完了。
私はコマンダーの指示通り、全軍をルルモードのもとへ突っ込んできました。
人狼主力軍はいずれも戦力12500を擁する大勢力。一つ一つが学園の総力に匹敵するというだけのコトはありますな。

今回は4ターン目までは特に戦力を分配する必要も無さそうなので、良く言えば気楽、悪く言えばやり甲斐に欠けると言えなくもない状況ではありますが、逆に言うと本番は5ターン目からというコトでもあり。
5ターン目以降を少しでも楽にできるよう、前半戦は確実に決めていきたいトコでありますなぁ…。





<11:08>
第一ターンの結果が出ましたが………


何じゃこいつぁーーーー!?


ルルモードの戦場に居たのは、クルースニクでもゴーストウルフでもなく、空間を人型に切り取ったかのような謎の存在。
個人的には某ポップン神の影かと…。
ともあれ、そんな存在が12500の戦力全てを占めておりました。

彼は確かに『水晶剣ルルモード』であったようなのではありますが、それは明らかに人狼ではない異形の存在。
そして実際は何なのかも当然不明。自己を『全ての来訪者が求めるもの』と名乗ったり、彼は学園の能力者達が彼のコトを知っていると思っていたっぽい辺りに、彼の正体を推測する鍵があるようではあるのですが。


とまぁ色々ド肝を抜くようなルルモードではありましたが、実力そのものはそう極端に高いワケではなかったようで(※)。
かなりの激戦とはなったものの、何とか彼の軍勢を退けるコトに成功。ただ、残った敵はカリストの下に撤退したようなので、あちらに辿り着いた時が今からちょっと怖いかも知れません…。

※:レベルは65。学園能力者に比すれば平均クラスでしょうか。 

ともあれ、まだ戦いは始まったばかり。気を取り直して次いってみましょう。
コマンダーの指示する処によれば、次に狙うは背徳のラダガスト。私は全PC無傷で前ターンを終えられたので、全員そちらに突っ込んできました。
今回ははっきり味方のヤドリギ使いが加勢してくれるようなので、これで何処まで戦いを有利にできるでしょうか。





<11:21>
Javaでルルモードの戦闘能力をちょっと見てみました。
攻撃は近接単体攻撃の水晶剣と、20m直線攻撃の次元断裂。どちらも気術神それぞれの属性があるっぽく、また命中率に関してもいずれも奥義アビ相当であるようです。
ただ、そのためにパラメータがフラットになっているのか、Javaで見る限り殆ど攻撃が避けられていない印象。
また幸運度も低く設定されているらしく、BSからの復帰率も低かったり、一応凌駕はできるものの殆どできなかったりするようです。
あとHPゲージを見る限り、どうも防具HPが設定されているようです。

こうやって考えると、確かにそこまで脅威は高くない感じではありますが…。




<12:25>
2ターン目の結果が出ました。


だから何でこう人狼騎士には愉快な人材が多いんですか。 
こんな処でリア充爆発しろとか言われるとは思わなかったとですよ。しかし言った本人も割とリア充っぽい。


それはさておき。
ラダガストさん本人は普通に人狼だったようですが、彼の得物である槍がカリストによる特別製だったらしく、その力で人狼達に暗示的なモノをかけていました。
何でも、カリスト達が異形であるコトには気付いていたものの、彼らに逆らわず恭順するコトを選んだため、螺子を埋め込まれる事が無かったようです。割と長い物には巻かれる性分だったようですね。

それなら彼を殺さず生かす選択肢もあったのかも知れませんが、残念ながら戦闘の結果彼は死亡してしまいました。
プレイングで殺さず捕らえる件に言及すべきだったのでしょうかな。



さて3ターン目は紫煙公エリザベートのもとへ攻め込むべしとのコマンダーからの通達。
私のPCではほぼ初期レベルの12thが重傷を受けたものの残りの面子はまだまだ大丈夫。というワケで全員こちらへ突撃しました。
果たして彼女は人狼なのか異形なのか…?


という処で昼飯食べてきます。





<14:07> 

天むすうめぇ(帰宅の挨拶)

というのはさておき3ターン目の結果が出てました。

エリザベート嬢は「紫煙公」と言うだけあって煙草の似合うクールビューティーでありました。ええ、普通に人狼のようです。
銀雨ではPCが喫煙できないから煙草キャラは本当に貴重。

何とか制圧には成功したものの、流石にかなりの激戦となったせいもあってか重傷者も多数。
また、前2ターンと併せそれぞれ1000体ちょっとの敵を逃がしているので、カリストのもとにはこれで3500体以上の敵が集まっているのが間違いない状況です。
こりゃ流石に完全攻略は不可能でしょうかねぇ…?


というのはさておき4ターン目ですが、当然の如く行き先はシュルツ一択。
シュルツという名で戦略家…と聞くと、FF11をやっていた身としては学者を思い出さざるを得ないワケなのですが如何でしょうか。
学者と言っても本で殴ったりはしません。残念。

まぁそんなコトはさておき、私のPC達も既に突撃完了。
ただしイリスが重傷を喰らったので、彼女はニーナの応援に回っていますが。


ここを突破したら次はいよいよ決戦指令発動。
果たしてどんな敵がどれだけ待ち構えているのやら…。




…そう言えば。
大騎士長であるビスマルクも異形なんじゃないか、とコマンダーで話が出ているのを見かけたのですが、何かその推測の根拠である情報って何処かに出てましたっけ?





<14:38>
昼飯を買ってくるついでに、ちょっと運試しとばかりMtGのブースターパックを4つ買ってきました。
4パック全てミラディン包囲戦です。

出たレアはこんな感じ。

・虐殺のワーム
・赤の太陽の頂点
・知識槽
・ボーラスの工作員、テゼレット


…4パック買って神話レア2枚とは結構良い確率ですな。モノとしても悪くはない…でしょうか?
しかしやはりと言うか何と言うか、一番欲しいレアであるファイレクシアの十字軍は引けず。こんな処にも物欲センサーは仕掛けられているとでも言うのか…!

アンコモンは信号の邪魔者が出たのでまぁ良いかな、という感。喉首狙いが出ない…!


因みに、現状MtGは以前から顔を出させて頂いている某チャットの方とチャットデュエルをする形で楽しんでいる状況。
如何せん復帰したのがつい最近なので、まだカード資産も乏しいためリアルでデュエルするには心許ないんですよね…。

とりあえず、7月の基本セット2012が出る頃までモチベーションが尽きてなければ、そこから復帰していくコトはできるかも…?





<15:43>
そんなこんなで(?)4ターン目の結果出ました。


だから処刑人の皆さん怖いよ!!

如何やら、シュルツさんに止めを刺したのが援軍の処刑人だった為にこうなってしまったらしく。
処刑人に止めを刺されたせいなのか、シュルツさんは残念ながら死亡。これもAI戦闘の恐ろしさと言うべきか…。

そんな微妙に重い展開になっていた一方、別の戦場では貴方何処の先任軍曹ですかと言わざるを得ない人狼騎士がガチホモっぽい絶叫を上げていたとか何とか。
だから何でこう人狼騎士は(略)


ともあれ、またしても1300体ほどの敵を逃してしまったものの、こちらの戦域も攻略成功。
そしてコマンダーの決戦指令が発令、人狼騎士団中枢部への攻撃が開始となりました。

カリストが残存勢力を再配分したため、最初に攻略するローラ嬢のエリアとビスマルク大騎士長のエリアは共に戦力4300程。
コマンダーの指示ではローラ嬢の方へ全軍投入との事だったので、私のPC達も全員そのように。
今度は15thが重傷を受けてしまったものの未だ主力組は無傷。Lv64オーバーのニーナ・智恵理・絆娘も全員健在です。

ここからは敵の質も格段に高くなるので、一筋縄ではいかない戦いになると思われますが…果たしてどんな結果になるでしょうかな。





<17:13>
6ターン目の結果が出ましたが。


何か異形多いよ!?


人狼騎士に混じって、妙な鳥頭の騎士…その名も改造人狼騎士という異形の存在が多数出現。
使うアビはクルースニクのそれに順じ、また倒すと元の人狼の姿に戻る辺り、これも螺子の効果の一部なんでしょうかなと思う処ではありますが。
これによってビスマルク大騎士長も既に異形と化してしまっている模様。いやJavaのドット的に。


戦闘の方は地味に今回初めてのほぼ完全勝利。4体のフェンリルのうち1体が逃げてしまいましたが。
また、無事ローラ嬢の保護にも成功しております。

ともあれ、これでカリスト・トビアスのもとへと侵攻するコトが可能になったワケですが、次ターンはまずトビアスを狙う方向。
彼女(?)が持つと思われるグレイプニルの奪取を狙う形でしょうかな。
今回新たに重傷を負った娘は居ないので、全員揃ってそちらへ向かいました。
途中いきなり超重力が発生したのでちょっと焦りましたが、何とか全員プレ提出は完了。


このターンの結果によらず、残り2ターンはカリストへと総攻撃をかけるコトになると思われますが、果たして制圧できるのでしょうか。制圧できると良いですが。






<18:54>
6ターン目結果出ました。


トビアスこれ絶対死んでねぇ。
あまりにもやられ方がわざとらし過ぎますしね。

しかし、人狼達の中に異形が混じっていたのは如何やらトビアスの仕業だったようで。
ビスマルクを実験台にしてやってたコトを、他の人狼達にも適用した結果がアレだそうな。
その上、複数の人狼達の死体を集めて作ったスクラップフェンリルやら、時限TOPでトビアスの足止めにかかったレオンハルトをゴースト化させたモノやらと、トビアスは物凄い勢いで生命を玩弄していました。


成程、吐き気を催す邪悪とは、こいつの事を指すのか…という感想が思わず頭に浮かんだり。
でも実は寺で似たようなキャラ作ったんですけどね私!

ともあれ、トビアスの戦域は制圧したものの僅かながら取りこぼしもあったから、というコトで、もう次のターンでカリストを一気に攻め倒す方向でコマンダーの決定が出ました。
私のPCも重傷負った4人以外は全員総出でそちらへ吶喊。


しかし…
この戦い、上手く行けば次ターンには決着がつくワケなのですが、そうなると気になってくるのが件の正体不明の危機。
トビアスやルルモードの発言から考えると、ここにきて新たな展開のフラグが立ったりするんでしょうかな。
無限で言えばドラゴンウォリアー的な…。

とりあえず私の娘達は全員備えはしておいたのですが、果たして何が起こるのでしょうか…。
メールは逐一チェックしないといけませんな。






<19:39>
30分を過ぎてもまだ結果が来ない辺り、終戦フラグのようですが……




思わず「清廉騎士カリスト」「清騎士カリスト」と空目した私は疲れているんでしょうか。






<23:45>
色々やっててこっちの更新が遅くなってしまいましたが……


なんか大変な事態きたーー!?

予想通りと言うか何と言うか、カリストはさっくり撃破に成功。
そしてニーベルングの指輪も入手に成功し、今回の戦争も学園の勝利。

と思ったのですが…


直後、そのカリストとトビアス、ルルモードの手によって、全く異形のゴーストが大量に発生。
この異形連中、何とゴーストだったらしいです。
そりゃその発想は無いですわよ。
今までのゴーストとは何もかもが異なると言うか、詠唱兵器とは似て非なる性質の武器「抗体兵器」などという武器を携えているのが最大の違い。

兎も角、その異形ゴースト連中を何とかして退けないと生還も儘ならないという状況。
おまけにビスマルクの部隊もまだ健在であり、学園のみならずヤドリギ使いや処刑人、巡礼士の負傷者も守ってやらないといけません。
幸いなのは、効果時間後僅かながら生命賛歌の効果が残っているという点でありましょうか。


そんな突発リアルタイムシナリオ「カタストロフ」が現在発生しております。
如何やら戦争前に話の出ていた正体不明の危機とはこれのコトであったらしく、私の処にも危機に備えたPCの数だけ連絡メールが届いておりました。

異形ゴーストの退治に最低4000PC以上が集まらないと、例え今回のリアシナに参加しなくてもリアイベに1ターンでも参加していれば重傷・死亡の可能性が発生するというかなりハードな仕様。
一応プレイング〆切は木曜の朝となっているので、リアイベに参加できなかった人でも参加が可能となっておりますが、時間軸は7ターン目終了後に固定されるようです。
ですので、システム上重傷が治ってもリアイベ中に重傷喰らったPCは重傷状態でリアシナに参加するコトになりますので注意。
それとこの関係上、いつもは戦争終了直後に行われる、メガリスの破壊&入手に伴う学園レベルの上昇と特別EXPの配布も、リアシナの〆切後に変更されております。


とりあえず、私は智恵理以外の面子のうち無傷な面子はゴーストの撃破、重傷者は防衛行動と分けて行動する方向で既に何人かプレ提出済。
よりによってゴチ娘と絆娘が最終ターンで重傷を受けるという間の悪さを発揮してしまいましたが、私の用意できる戦力で出来るだけのコトはしようかと。


…しかしこの絶望感漂うシチュエーション、やっぱり無限のドラゴンウォリアー覚醒前を思い出さないでもないですね…。
この戦いを越えた先に、果たしてどんな展開が待っているというのでしょうか。
その辺は恐らく早くても週末にならないと分からないと思われますが……。




ともあれ、一先ずリアルタイムイベントは終了、というコトで本日のリアルタイム更新はこれにて終了。
皆様、お疲れ様でございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄昏の宿命。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる