刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 解封への鍵。

<<   作成日時 : 2011/03/25 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

忠誠度の低下を最低限に抑えるなら各チャプターの最終ピリオドに外すのが定石、だと思う五条です。さて今回はこちらも随分と放置してしまっていた銀雨の話題。





…よく見たらファイナルナイトメアの時のリアルタイム更新以来、全く銀雨の話題を書いてなかったコトに今気付きました。ほぼ二ヶ月とな…!
んーむ、忙しさにかまけて放置しすぎました。




さておき、その間の動きを大雑把に纏めてみます。


アリス嬢曰く、人狼達に刺さっていた螺子の正体はカリストが持っているメガリス「ニーベルングの指輪」の効果によるものだそうです。
なので、それを何とかすれば人狼達の螺子は何とかできるらしいとか。

しかし、その為にはまず外堀を埋めなければいけない、というワケで、アリス嬢と共に欧州各勢力の要人達から螺子を除去して回るシリーズ依頼が出てました。

で、その中で人狼と言うかカリストによるヨーロッパ蹂躙計画――メガリスを奪っては壊し奪っては壊しで大量のフェンリルを呼び出し、これでもって欧州各所を蹂躙して回る――の存在が明らかになったので、これらのフェンリルを撃破する全体依頼がリリース、結果結構な数のフェンリルの撃破に成功しました。
しかし人工島の戦い当時は全く歯が立たなかった完全体のフェンリルに、今やお供込みでも30人の能力者で対抗できるとは…学園の能力者は本当に化け物と化しつつあるのかも知れません。

続いて作戦の為に各地に散っていた人狼達を襲撃、これを撃破することによって人狼騎士団に対する情報封鎖にも成功。
ここぞ好機、というワケでいよいよ決戦を仕掛けるコトになった…のですが、直前になって大変な事態が発生。

というのは、先述のシリーズ依頼の中で螺子を抜かれた、人狼十騎士の一人にしてフェンリルを使役する能力を持った「狼使い」ローラ嬢なのですが。
そのローラ嬢が、同じく人狼十騎士の一人である(はずの)「無血宰相」トビアスによって拉致され再び螺子を埋め込まれてしまったそうで。
更にこのトビアス、時限TOPの描写からすると女性っぽいんですが、その頭部は全てが剥き出しの脳味噌になっているという実にグロい異形の姿で。どう見てもカリストの仲間っぽいですよねコレ。
しかしその実力は高く、ズィーベンさんやフォーヘンミア嬢など、かつて助け今は学園に協力してくれていた人狼騎士達の多くが彼女(?)とその配下により無残に殺されてしまいました。

また、何やらグレイプニルなるアイテムを所持している模様。グレイプニルと言えば北欧神話のアレですが、その下位種であるドローミやレーシングがメガリスである処からしてこれもメガリスなんでしょうかな。


ともあれ。
そんな異形連中から人狼騎士団を解放するべく、リアルタイムイベント「ヨーロッパ人狼戦線3」が決行と相成りました。
人狼戦線2から約2年、思えば長かったものですなぁ…。


敵は人狼騎士団全軍、1部隊が既に学園の総力に匹敵する力を持つという大軍勢。
しかし此方にもヤドリギ使い・処刑人・巡礼士の援軍が来るという、まさに総力戦と言って差し支えないと思われる戦いになるようです。
幸い、情報封鎖のおかげで今回は逆侵攻が無いとの事で、更に攻略すべき拠点の数も少ないので、一箇所一箇所に全力を投じられるものと思われます。

ともあれ、ここはきっちりと勝って、ついでに異形連中の謎にもちょっとくらいは迫りたいところですね。
またしても表明が遅くなってしまいましたが、私は今回も全PCフル投入にて1ターン目から参加予定。
恒例のリアルタイム更新も行います故、暇潰しにでもどうぞ。



…しかし、今TOPでうさぎ嬢が言ってる「正体不明の危機」とは一体何なのでしょうかな…?
何かこう、無限の最後の選択みたいなモノを想像してしまうんですが。




因みに、今回壊すメガリスは、決行告知少し前にゲットした「プラトン立体」なるメガリス。
…別に天然同胞宮殿遠近法の書とは関係ありません。 
魔術医学天文学、わたしあなた天然学、イェイ!

なお、その入手依頼は、まさかのサンダーバード限定依頼でした。勿論カシオリもといスティーブさんも同行。
畜生サンダーバードのPC作っておくべきだったか! 




ところで、現状最も大きな動きが起きているのはやはり欧州の人狼関連ではあるのですが。
最近あった中で今後に繋がりそうな動きと言えば…



・独鈷杵争奪戦終結?
闘神の独鈷杵のメガリスゴーストが引き起こしていた、他勢力との決闘結社シナは受注停止。
どうやら100戦消化しきったようですね…正直学園だけでも100戦は少ない気がするんだ。

その中でも、主に妖狐との戦いにおいて特徴的な出来事が二つありました。

対戦相手にいきなり七星将の一人・貪狼が出てきたとか、その貪狼がワイルドセクシーなお姉様だったとか、その得物がドリル(正確にはドリルガントレット)だったとか。 
あと、対戦相手の中に見たコト無い技を使う拳士が居たとか。恐らく朱雀拳士か玄武拳士ではないかと思われますが果たして。


・大帝の剣復活
再び大帝の剣が復活しましたが、如何もその回収依頼の状況が混沌としているようで。
カースブレイドも出てきたと聞きますが、さてここからどうなるのでしょうかな…。




…やっぱりちゃんとリプレイに目を通してみないと、ストーリー関係についてはあんまり書くコトが無いですね…。



あ、GT感想は近いうちに…書きたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
解封への鍵。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる