刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰かの庭に咲く一輪の花。

<<   作成日時 : 2011/02/16 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

それとも花籠に束ねられて。五条です。酒天って名前の鬼を見るとやっぱり俺屍を思い出します。あちらは朱点ですが。さて大分間が空いてしまいましたが、今回は寺ゲの話題を纏めて。






●DTS
先日、第六回合戦「修羅と天儀」が開催の運びと相成りました。


正直、修羅と言うか酒天には「お祭りイベントにシリアスを持ち込んだ空気の読めない子という印象があって、そのせいで修羅にも全く興味が無かった身としてはなかなかモチベーションが上がらず、不参加すらも視野に入っていた程なのですが。
単純に戦うだけで良いならそこそこ活躍の目もありそうだ、というワケで今回も全PCでの参加を決定しました。
まぁリプレイの描写は酒天に関わるプレかけたPC優先でしょうけどな。

今回の概要としては…

酒天が遭都まで会談を行うとのコトで、それに際する警護を行う選択肢と。
それと、このタイミングで石鏡・北面・武天へアヤカシの大規模攻勢が確認されたとの事で、これらへの迎撃行動。
その背後に大アヤカシの存在も確認・または示唆されているようですな。

また、今回から賞金首システムが導入されたようです。
要するに、賞金首とされたアヤカシや人間を倒せば、それにかかっていた賞金を討伐に関わっていたPC間で折半する形で頂けるというモノですな。
今回の合戦で登場する可能性の高いものも居るので、一度確認しておくと宜しいかと。


さて私ですが。
とりあえず真沙羅・リーデさん・イゥラはそれぞれ所属小隊の方針に従うとして、残りのソロ行動組をどうするかですな。
いい加減、シュラハ辺りは小隊を組むのも手かなぁとも思うのですが、交流コンテンツに殆ど顔を出さない身ではPL単位で交流のあるPCさんぐらいしか入ってこない気がするのと、小隊として動く場合大穴狙いの行動はなかなか取りづらいという理由にて躊躇している処。

まぁ、どちらにせよ1ターン目には間に合いませんし、これは今後の課題としておくべきですかな。




●CtS
こちらでも大規模作戦「北極圏制圧作戦」が発令と相成りました。
作戦名通り、北極圏を制圧し同域のバグア戦力を完全に駆逐してしまおう、という作戦ですな。
って、配布される経験値が明記されている…?

また、話によればチューレ基地には強化人間の保守施設があるとの事で、ここを確保できれば強化人間の救済も可能かもしれないという話が、先日のスチムソン博士(の姿をした存在)との対話にて明らかになってます。
尤も、UPC全体としては施設の所在が不明なことなどもあり、そちらの目的に対する優先度は低いという話。

私自身も、正直な処施設の確保には消極的です。
大局的に見て、リスクとリターンが釣り合っているとは思えない…というのがまぁ論理の観点からの理由ですが。
個人的な思想と言うか感情における観点から言えば「例え敵でも共存の目があるなら助け出したい」という思想が気に入らないというのが一番大きいでしょうか。

と言うか、そういう助命に値する強化人間にしても、助けたいと思う理由というのが感情的なもの以外に無い気がするんですよね。なので、彼らに関わったコトの無い身の上にとってはどうでも良い…と思わざるを得ません。
関わったことの無い相手を助けたいと思う動機というのが、私には安易な同情か自己満足ぐらいしか思いつかないというのも。
後は、ごく一部ではあるのですが、こうやって強化人間の助命に消極的な考えを述べる人に対し冷血漢だの殺人狂だのと的外れな非難をする人間が居る事に対する反感もありましょうか。
まぁ私個人はそうした輩にどう思われようが構わないんですが…。


尤も、私とてそうした方々の想いを理由も無く踏み躙るのは趣味ではありませんし、そうした方々の邪魔はしないようにしようとは思ってます。
協力も(作戦上必要な分以外は)一切しないつもりですが。

とりあえず私が危惧するのは、ツォイコフ大佐もOPで仰ってるように、それに拘るあまりに攻撃の手が緩むことではあります。
キャラコミュを見る限り、某大規模小隊は施設の確保を重視して動きそうな気がしますし。
あんまり多くの人が施設確保を重視した動きを取るようだと、それで作戦に障りが出るように思われまして。


まぁその辺は行動入力が始まってから悩むべきことでしょうかな。
まだ行動入力開始までは一週間ありますし、今はとりあえずそのための準備を整えておきませんとね。



と、そう言えば。

今回の大規模作戦決行に先立って、寺スタッフがこんな動画を作成・投稿してました。



大規模ページにもある通り「出撃前に熱いコメントをどうぞ」だそうで。
各々方の熱いコメントを投稿なされるのが良いかと思われます。
私も折角ですので幾つか投稿。とりあえず、オリム親衛隊に混じってジーク・マウルと叫んでいるのが私です。






それとオンイベの話ですが。
リプレイはまだ完成していないものの、既に月曜の時点で機械判定は終わっていたらしく、各PCの戦闘結果と点数発表が行われておりました。
点数上は予想通りと言うか何と言うか、大勢派が一位。まぁこのイベントにおいてチームの意味というのは無いに等しいので気にするようなものではないでしょう。

私のPC達ですが、全体的に妙に良い結果だったのが印象的でした。
特に勇花に至っては一人派三位という、何でここまでという程の大戦果を挙げておりまして。
色んな意味で酷いプレ(主に性的な意味で)だったのですが、何が良かったのでしょうか…。

ただ、順位が良かったからといって描写されるとは限らないのがオンイベ。
果たしてリプレイでは何人描写を頂けるのか…今から楽しみなような不安なような。





ともあれ、まずはDTSの合戦プレを出してきませんと。まだ誰も出してない…!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰かの庭に咲く一輪の花。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる