刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 風王の逆襲。

<<   作成日時 : 2010/06/10 05:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

何、気にする事は無い。五条です。いや気にしますから!さてそんなワケで今回はCtSの話題。但しワリと全力でネガキャンかましてますので注意。






大規模作戦最終ターンのリプレイが返ってきましたが。





…ええ、まぁいつも通りの大規模最終ターンでした。無論悪い意味で。
個人的には、ユダデビュー戦最終ターン並につまらないリプレイだったと思います。



結果として、本ターン最大の目的だったバリウス中将の救出は成らず。
殺害された上に遺体を持ち去られてしまう=バグアのヨリシロとされる事になったという、凡そ最悪の結果。

…と言うか。


中将の護衛についてたアナートリィさんがまさかジャックの化けてた偽者だなんて誰が予想できるかと!
いや、確かにアナートリィさん2T目リプでブリュンヒルデの護衛してて負傷してましたけど!
3T目OPで中将のトコに現れた時点でなんか違和感感じましたけど!

そもそも、ここ暫く名前すら聞いておらず存在そのものを忘却していたジャックが今更出てくるなんて予想できませんわ、と言うか変身能力を持ってる事自体初耳でした。
正直このままフェードアウトしてくれればよかったのに。


正直この展開は全く予想できませんでした。できなかった余り予定調和を疑ったぐらいには。
寧ろ、正直言って色々矛盾点が多すぎてもう私の中じゃ予定調和としか思えないです。
全く、折角の新人大量参入後の大規模なんですから気持ち良く勝たせてくれたっていいじゃないですか。
次の大規模では十中八九バリウス中将が又つまらんバグアのヨリシロにされて敵として出てくるんだろうなと思うと、もう次も絶対面白い大規模にはならないだろうなという諦念しか湧きません。
「今まで味方だった人と敵対する事になる」というシチュエーションに燃える人なら面白くなるかも知れませんが。




それにしましても、今回の大規模で思ったコトなんですが…現状、大規模で(全体としての)良い結果を出すためのハードルがあまりに高すぎる気がします。
具体的には、関連依頼全リプレイ熟読+内容全把握が必須と言うか。出来なければ今回のように漏れなく足元を掬われる。

正直、現在の大規模の仕様は初心者お断りと言うも同然のような気がします。
最大の結果を出すために必要な負担があまりにも高すぎます。
大規模専用ページに纏められている情報から全ての事態に対応できるように出来なければ、折角増えた新人さん達も極一部の特にやる気のある人以外は皆離れていくと思うのですよ。
流石にその辺の面倒まで(古参の)PLに見ろというのは酷というものでしょうし。少なくとも私には無理。





とまぁ、全体の出来としては極めて残念な結果に終わりましたが、個人的なレベルで言えば今回は大勝利と言える結果だったりします。

描写面では仁奈・ヴィネ・レイチェルとメイン級の娘が一通り描写ゲット。
仁奈はブリュンヒルデの艦翼にて、魔弾小隊の皆さんと共に強化人間を迎撃してました。流石に強化人間相手はキツかったのか、重体喰らってしまいましたが。
ヴィネは今回から所属した8246小隊にて索敵を担当。
レイチェルは、増殖型キメラがイソギンチャク型と聞いて居ても立ってもいられずその触手を堪能してました。今回は前回のバイオステアー分裂体のようにはいかなかったようで重体喰らってしまいましたが、まぁヤりたいコトはヤれたので本望です。


戦功においても、第1フェイズのヴィンシアに続き、今回はヴィネと仁奈がランクイン。
ヴィネに至っては3位という高順位。と言うか先行部隊、上位10名中6名が8246の隊員とかパネェですな。

しかしプレ自体はワリと平凡だった気がするんですが、それでここまでの高順位とは一体何が良かったのだろうか…と思う所が無いでもないです。
あんまり考えすぎず、肩の力抜いてプレ書いた方が良い結果には繋がるのかも知れませんね。



ともあれ、これで合計3つの特別支給品引換券が貰えるコトになったワケですが…何が引けるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>ジャック
変装がうまい、という設定は、NPCドーデモイー党の私でも知ってましたけど、キャラ自体の登場頻度が、ですよねぇ。
あかい
2010/06/11 07:04
あぁ、そんな設定があったコトを今思い出しました。
しかしあそこまで完璧だと、もはや変装ってレベルじゃなかった気がします。
五条
2010/06/12 06:05
うん。
これまで「変装」って(戦前の常識にとらわれた情報では)言われてたけど、こういうかたちで実物を見せられて、「変装なんてものじゃない」という認識の変化をはじめてもよさそう、と言えるかも。
あかい
2010/06/12 13:28
それはそれでバリウス中将の死に対する予定調和臭が強くなってしまうような。
後は、何と言いましょうか…何でもアリというのは、正直、面白くないとも。
五条
2010/06/19 06:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
風王の逆襲。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる