刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐突の帰還。

<<   作成日時 : 2010/02/07 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

また随分と間を開けてしまいましたな…五条です。さて今回は寺ゲの話題を。何やらどちらでも大きな動きの予兆が出てきましたよ。






●CtS
そう言えば、先日のオフで販売されたミユ社長の抱き枕ですが、2日に発送が開始されたとの事。
そろそろ、発注なされた勇者の方々の下に届いているのではないでしょうかな。


…とりあえず、きつねさんは既に遠い処へ旅立たれた模様。




さて本題。

DTSでもなのですが、何やらスタッフの人事異動があったそうで。



それによると…




CTSにおきまして、新しくGSDとして紀藤トキMSが就任いたします。




……なんですとーーーーーーーーー!!?


いや、本気で驚きましたですわ。先日の引退宣言から、てっきりもうWTからは完全に手を引かれるものとばかり思っていたもので。
まさかこんな形で復帰なされるとは、この海のリh(略)
…さておき。GSDとしての復帰なので、依頼は出されないとは思うのですが、それでもこれは嬉しいところ。
今後どんな風にCtSを運営なされていくのか、その手腕に期待ですな。



で、早速紀藤MS改めGSDの初仕事となるであろう大規模作戦の告知が来ました。



バレンタイン強襲戦。


つまるところ、去年のバレンタインイベを今度はグリーンランドのゴットホープで行おうというイベントですな。
正直存在そのものを失念しかけてました、ゴットホープ。

何か今回はガチ要素も備えているみたいですが、個人的にそっちには全く興味が無いので全PCイベント方面に突っ込む予定。今回も全員バレンタイン推進派で。
ネタリアイベにガチ要素を持ち込むとロクなコトにならないのはMNSの前例がありますし、おまけに今回はSDの問題もありますし


今回はイベント方面でも小隊行動も取れるようですが、小隊参加組はどうしたものですかな。
所属小隊が推進派で行動する場合以外は、別行動を取らせて貰おうかなと予定してますが。
何せガチ方面に関しては全くやる気が無いので、その状態で参加しても迷惑にしかならない…。


依頼もここ暫く面白そうなものが出てませんし…と言うか依頼の絶対数自体が最近少ないような気がするんですが如何でしょうか。






●DTS
アッーーーーーーーー!!!
(西川MSのMSコメに対する反応)



こちらでも新GSDが就任したそうですが…御神楽SDがGSD昇格だそうな。
これは正直微妙なような…。主に運営なされてた血の掟のクオリティ的に考えて。
正直DTSを「ぼくがやりたかったAFO」にしてしまいそうな気がしないでもない。

さて、こちらでは何やら次回合戦の情報が出てきてます。
今度の合戦は、ジルベリアの反乱鎮圧…なんでしょうかな。
あそこの王はかなり覇道気質のように見受けられるので、王道気質を好む人が多いと思われるPCにはついていけない人も多くなりそうな気がしないでもありませんが…その辺は反乱の内情次第でしょうか。
これに合わせてか、西洋エリア…要するにジルベリアを舞台にしたシナリオも今月下旬あたりからリリースされるようですね。今までジルベリアの依頼というと望月MSぐらいしかリリースなされていなかったので、その辺も楽しみな処。

しかし…「過去最大級のボリュームで」っていう売り文句は些か誇大広告的な匂いがしないでもない。



さて、ここで依頼のリプレイが一本完成しておりますので御報告。
シュラハで参加しておりました「狂父愛(小風MS)」でございます。
妻子に死なれたことで狂ってしまった巫女の男性と、屍人として甦った娘を倒せ、という何とも救いようの無い依頼。

広いところに誘い出して戦った方が良いよな、という理由で策を講じたのはいいのですが、実際リプレイになってみると実に穴だらけな策で。
相手が狂っていてくれたおかげで上手くいったようなものかも知れません。

また、戦闘においても後衛型のPCが多かったせいか、抵抗の高い相手にはなかなか決定打を与えられず。
結局、トドメになったのは…皮肉にも、娘でした。


と、色々反省の多い依頼。シュラハも作戦上の立ち回りを主体としていたせいか、あまり活躍してなかった感がありましたし…。




さて、西川MSの依頼の旗取りは勝てただろうか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
唐突の帰還。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる