刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS すれ違いの悲劇。

<<   作成日時 : 2009/10/14 23:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

そう言えば前のGTの探索感想書くのをすっかり忘れていた五条です。というワケで今回の記事は富ゲの話題とGT探索感想。





●無限
希望のグリモア感謝祭は結局全く参加できず。一応ソニアを組旅団へ入団はさせたのですが…。


さて、感謝祭も終わり、全体依頼でランドアースに残る脅威は全て一掃され。


いよいよPC登録終了…ではなく。いやそれもありますけど。



星の世界へ旅立つ時がやって参りました。



現実時間では二週間の旅ですが、ゲーム内では数年に及ぶ長旅になるそうで。
その間、ランドアースに残る人達とは会えなくなるので(ゲート転送も使えなくなるそうです)、一応彼氏持ちのクィスは居残りの方向。彼氏さんと連絡取れてませんけども…。

私のPCで一番高Lv+RP的にも好奇心旺盛なので向いているヤルダを参加させるコトに決定。
本人的には美味しい食べ物探しが目的らしいです。

いよいよ出発は明日となりますが、はてさてどんな冒険が待つのやら?



そういえば、モンスター等を完全に全滅させる事に成功したからなのか、全てのDGの説明文が変化しています。
その内容は、現在も変わらず探索可能ではあるものの現実には全てのモンスター等が滅んでいるという但し書きと、そのDGのネタバラシ的な記述。


その中で興味深かったものを幾つか列挙してみますと…

(以下ネタバレになります、注意)






・太陽よりも赤きモノ:ここのボス・クリムゾンキャリバーは、地獄第53層の列強種族レギオスブレイドが廃棄したパーツの一部だったらしい。
・毒蛇城:モンスターが全滅した事により、一般人の住居として使われているとか。
・蛇の抜け道:何故か商店街になっているらしい。
・ディアスポラの神槍:元々コルドフリード艦隊の質量兵器で、それをホワイトガーデンの基礎としてラウレック神が利用したものとの事。
・神槍の穂先:地底を掘り進んでいたのは、ホワイトガーデンの基礎を安定させるためだったらしい。
・闘神の楔:元々、闘技場とはそこでの勝者を元に「バルバ怪人」と云うコピーモンスターを作る為の場だったらしい。しかし、冒険者の強さが製作者の思惑を大幅に上回っていた為、その怪人達が本来の目的を果たすコトはできなかったそうで。
・ドゥーリルの灯台:現在、ここから出る光の道を使ってフラウウィンドまで行けるらしい。
・ピュアリィフォール:ここに現れるモンスターが女性型ばかりだったのは、(恐らくヒトだった頃の)パラダルクが行った実験の成果らしい。よくやったパラダルク。
・死者の祭壇:ノスフェラトゥのアンデッド制御能力は種族能力ではなく、王妃やアンデッドヴァンダルから地獄支配能力を借り受けていたものと見られる。
・エギュレ神殿図書館:元々は、古代ヒト族が神の知識を得ようとエギュレ神を捕らえた牢獄で、ここに所蔵されていた知識も彼から収奪した結果らしい。
・エンペラーズマインド:元々はラウレック神がエンジェルを危機から守る為に建造したものだったのだが、経年劣化により破損。その為エンペラーズマインドはギアを製造し、それによるエンジェルの保護とマインド内への収容を行っていたとの事。
・スィートメロディア:スィートメロディアは再生能力が限界に近くなってきたらしく、そのうち完全に死ぬらしい。
・ドラグナーズネスト:ここに棲息するドラグナーは、元々ヴァンダル一族の力を得ようとして、それを知ったゾフィラーガによって閉じ込められた古代ヒト族の成れの果てらしい。









ネタバレ終わり。




やたら見辛いですが、ネタバレが嫌な方が読み飛ばし易いよう敢えてこうしてみました。
反転表示にすると携帯から読めなくなるので…。








●銀雨
此方の運動会は、予定通り午前中のみですが参加してきました。
主に智恵理・唯花・イリス・3rdの絆PCで。


第一競技は、イリスが見事一位でゴール。唯花と絆娘も上位入賞を果たしました。
…その一方、智恵理はブービーでしたが。


第二競技は…全体的にあまりパッとする結果ではありませんでしたな。


その後の競技は仕事のため不参加だったのですが、最終的に優勝したのは4D椿。しかし直哉君テンション高いなぁ。
うちの娘達の所属チームは、絆娘の居た2B桃の3位が最高位。智恵理の1A梅は最下位でした…。



運動会も終わり、現状としては百鬼夜行依頼の結果待ち、でしょうかな。今週末には返却されると思われるのですが、果たしてどうなるのか…。





と、ここで以前出たGTの感想を書いていなかったのでここで書いてみます。

旧宙見村集落のサブシナリオその2「故郷に錦を飾る」


この村で育ち、産廃処分業界の第一人者になったらしい青年がきっかけとなって起きた事件にまつわるGTです。
今回もワタリ様の影がちらつきますが、それ自体は出ませんので御了承。


…しかし、岐阜県で産廃処分場建設絡みのトラブルと言うと、どうもリアルで起きたあの事件を思い出してしまって洒落になってない気がする、隣県住民の私。
詳しくは「御嵩町」でググって下さい。



ともあれ、ニーナで探索に行ってみました。


今回も降臨同様、メモを集めてボスの居場所を突き止めないとボスと戦えない仕様。
ただし今回はボスの居場所の手掛かりとなるメモが隠し通路の先にあり、他の場所でメモを集めないとそこへ行けないようになっているので、ちょっとややこしいかも。

他は特に目立った仕掛けは無かったと思います。


ボスは、OPの青年の成れの果てと思われるリビングデッド「塵塚怪王」
産廃処理業を営んでいるからといってゴミで肉体を構成したリビングデッドになってしまうとは何たる皮肉。

能力は気魄型で、全周気攻ダメ+猛毒のラリアットと、HP回復+気攻UPの再構成を使用。
中途半端にダメージを与えると再構成の回復量が増えてしまい余計面倒になるので、雑魚を一掃するまでは放置した方が良さそうです。
私はうっかりランペ当ててしまってその後泣きそうになった

因みに、メモを一定数回収していると、ボス撃破後の獲得詠唱兵器が◆5つに変化。さらにボス戦フィールド内の残留思念を回収しても数は減りません。
この辺も降臨と同様の性質ですね。

稼ぎ効率としては、全回収の際に戦わなくてはいけないボスの数が少ない分、降臨よりは楽かも知れません。
なので最近のGT巡りは主にここを使ってます。




博物館の稼ぎ効率は果たしてどんなモノでしょうかな。メインGTは基本あまり効率良くないコトが多いですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
すれ違いの悲劇。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる