刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 新世紀救世主伝説。

<<   作成日時 : 2009/09/27 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

七星将の登場以来、どうも妖狐に北斗ネタを振りたくなる五条です。さて本日はリアルタイムイベント「武曲七星儀」の決行日でございます。(最終更新24:23)





これに先立ち、金曜にポジション評価が発表されているのですが…今回はどのポジションもかなり採点が辛くなっている印象。
特にコマンダーが66点のため、ポジション効果の発動率が4%とは言え落ちてしまっている のが厳しい処です。
私の感覚としても、今回のポジション相談は些か低調な印象があったので、仕方ないのかなぁという気はしておりますが…



ともあれ、こうなってしまった以上は仕方ありません。当日の作戦を全力で遂行するのみですね。



そんなワケで1ターン目は全員で笠間駅の攻略。
敵がゴースト主体だからなのか、いきなり8800というかなりの大軍勢を相手取るコトになりますが、こんな処で躓いてはおれません。きっちり制圧していきましょう。






<11:25>
先生、Java版結果のローディング画面が何故か一時デスサガ仕様になってたんですが!!
今は修正されてますが。


ともあれ、最初というのもあってか制圧は滞りなく完了。
割合楽勝ムードではあったのですが、それでも重傷者は結構出ているようで…若干不安は残りますね。


敵ゴーストは百鬼夜行というのもあってか森羅蒼鷺亭原産のゴーストが主体のようですが。
何か見慣れないゴーストも沢山いるので、ちょっと列記してみます。
因みにレベルは一律41です。

塗り壁
突進(気魄・近接単体・ダメージ+吹き飛ばし!)

輪入道
魔炎波(気魄・近接全周・ダメージ+魔炎・命中▲)

お歯黒女房
麻痺射撃(術式・20m単体・ダメージ+JC麻痺+JCブレイク)

煙鬼
巧打(気魄・近接単体・ダメージ+回避困難)
強打(気魄・近接単体・ダメージ)

堤燈持ち
魔炎射撃(術式・20m単体・ダメージ+魔炎)

黒仏
強打(術式・近接単体・ダメージ)


イラストもちゃんとしたものでありますし、今月末〜来月頭にリリースされると予測される新GTの出現ゴーストでしょうかな?




貢献点はメイン級のPCが悉くショボかった割に、半凍結or放置状態のPCが結構頑張ってました。
本当にどうやって算出しているんだろう。


それは兎も角、きさとさん方の玲樹君は一位おめでとうございます。




さて2ターン目ですが。

2の笠間高等学校・3の光照寺の両拠点はかなりの敵数。
コマンダーの作戦方針では、4の三すくみ地蔵周辺に対し逆侵攻誘発をかける予定なのですが、そこだけ妙に敵が少ないのが不安。これ浮動票で逆侵攻止まりませんかねぇ…。

まぁ逆らった処であまり良いコトは無いと思いますので、私の娘達はこの方針に従い2・3の両拠点に配置。
最低どっちかは落ちないと厳しいですが、果たして。





<13:10>
って、ティルとニーナは1ターン目きさとさん方の芽衣嬢と同じ戦場だったのですな。気付いていませんでした…。


さて、2ターン目の結果ですが…



いきなり正念場の様相。

2・3・4のうち落ちたのは2だけ。いきなり予定が狂い始めましたが、果たして修正しきれるのか。

更に今回はやたら重傷者が多いようです。私のPCもニーナ以下4名が重傷喰らってしまいました。
本当にニーナの重傷率の高さは異常。


とりあえず4ターン目は、4へ重点的に戦力を配置。
何かコマンダーが「レベル高い人推奨」と言ったせいなのかどうか分かりませんが、ポジションのアンケを見る限り4へ行った人があまり居ないっぽい感じなのがちと不安…。

ともあれ、どうなりますやら。





<13:55>
これは本気でヤバくないか?

何とか3は落とせたものの、4がまたも落ちず。5が落ちなかったのは想定内でしたが…除霊建築士マジパネェ。

幸い、私の娘達で新たに重傷を負った娘はいませんが、全体として更に重傷者が増えてきているようで。
覚悟していた以上に厳しい戦いになってきてます…。


さて4ターン目ですが、何故か7の敵戦力が妙に少ない。たった700強。
何でこんなに少ないのだろう、と疑問に思う処ではありますが…それならば、落とせるものなら落としておきたい処ですな。
主戦力はムカデ妖獣らしいので、ティル以下術式型の娘達は此方へ主に回してみました。
後は残り二拠点に等分。

ここで二箇所以上落とせないと正直敗北も見えてくる気もしてますが…どうなるか。



といった処で昼食買ってきます。





<16:21>
昼食買うついでにボーダー上げてたら行動入力遅れそうになった。
やっぱり剣も使えるようにならないと駄目か。

というのはさておき4ターン目の結果ですが。




ムカデがヤバ過ぎる。


何がヤバいって、そのキモい外見もといその強さ。
まさかのレベル141、おまけに気攻依存の範囲攻撃持ち。
倍以上の戦力を送り込んで1/5程度しか削れないという、圧倒的にも程がある強さです。

それが群れを為して襲い掛かってくるのですから…何と言うか、富の本気を見た気がします。


幸いと言うか何と言うか、他2箇所は無事攻略に成功しましたが…最早武曲の捕縛は諦めるべきか、という雰囲気がポジション内に漂いつつある状況。
せめて7を落とすコトが出来れば、まだ捕縛の目はありそうな気がしますが。


とりあえず私の娘達で新たに重傷を受けた娘は居ないので、気魄系の智恵理・輝沙羅とラススタ所属の面子は10:笠間稲荷神社へ。
後の面子は全員6:玄勝院…のつもりだったのですが。
思う処あって、3rdだけ今後全ターン佐白山麓方面へ突撃するコトにしました。戦況次第では、他の娘も向かわせるかも知れませんが。


はてさて、どうなりましたやら。





<17:34>
つい前ターンまで、智恵理が水着で戦ってたコトに今気付いた。
ええ、慌てて設定し直しましたとも。


さて5ターン目の結果ですが、とりあえず玄勝院は制圧成功。
後はもう11→12一点狙い以外眼中に無し、といった処のようです。


つーか「たんたんタヌキのゴールデンボールアタック」噴いた。
風も無いのにブーラブラ、ですね分かr(略)



私の娘達は、上述の3rdが重傷喰らった以外は全員無事。
しかし妖狐精鋭の尾獣穿奥義は痛い…。命中▲なのが嘘のように当たってきます。


さて6ターン目ですが、私の娘達もコマンダーに従い神社へ吶喊。3rdも。
ええ、死亡の危険がある事は私も承知です。承知してはいましたが…彼女は、それでも止まる気がありませんでしたから。
所属結社の方々に御迷惑をおかけする等の件に関して言い訳する気はありませんが、これも「彼女」としての行動の結果である、という点だけは言い訳させて頂きたい。


処で、その時に気付いたのですが、いつの間にか重傷特攻を行う際に合言葉(「決死の覚悟で参加する」)の入力が必要になってたんですな。
携帯参加者が重傷だと気付かないまま突っ込んで死んでしまう悲劇を予防する為でしょうか?



ともあれ、3rdの生死含め6ターン目の結果を待つと致しましょう。






<18:50>
アーダンさんが妙にハジケてる件。(情報局15号参照)


というのはさておき6ターン目の結果が出ました。
流石に全軍投じたおかげか神社はつつがなく制圧完了、あとは奥の宮を残すのみです。

私のPCは輝沙羅と9thが重傷を喰らったものの後は3rd含め皆無事。


幻影の古戦場に出現する幻影能力者は、リプレイでは水刃手裏剣超奥義なんてのを使ってましたが、AI戦闘においては基本的に強打か射撃しか使わない模様。
ただしレベルが123らしい。
ある程度頭数が揃ってれば落とせないコトも無さそうですが…現状ではそんな時間は無いでしょうな。


そして次はいよいよ武曲の待つ奥の宮への攻撃ですが…
果たして武曲がどれぐらいパワーアップしているのかが気になる処。まさか伯爵級とまで行ってしまうのでしょうか。
覚醒の暁にはあのムカデ王や龍脈ゴーストなんかも従えるみたいなので、可能性としては大いに有り得そうですが…

あと、もし1ターンで制圧しきってしまうと武曲が死んでしまう可能性が高いというのも一つの懸念材料。
理想はギリギリまで削るコトなんですが、今の状況でそれを狙うのは明らかにハイリスク。

でも私は分の悪い賭けは嫌いじゃないので、一部のPCは戦力調整として佐白山麓に突っ込ませちゃいました。
さて、これで何処まで削れますやら?






<19:07>
と思ったら、何か時限TOPらしきものが出現してました。



〜佐白山・天主台〜

「廉貞(れんちょう)様! 敵軍、佐白山を回避し、奥の宮に戦力を集中する模様!」
 妖狐の伝令に答えて、廉貞が口を開く。
「試練を己が牙で砕きし者のみ、七星将が一に相応しい。武曲に真の将たる器あらば、魯陽の戈と相対するにせよ敗北の道理なし。されど蜘蛛の糸を我自らが断つ事は無し」

 妖狐の精鋭が揃った天主台が、静寂に包まれる。

「……ムカデ王と龍脈による支援は続けますが、武曲が負けたら撤退します」
 再度の廉貞の言葉に、妖狐達は了承の頷きで答え、戦後処理についての計画立案と、撤退準備を始めるのであった。


画像は廉貞。黒髪ストレートロングのお兄さんです。
何故か彼の台詞が石田彰氏の声で脳内再生される私。


廉貞らが撤退準備を始めた事と、情報局の投稿が締め切られた処からすると、このターンで終わり…なんでしょうかね?
そうなると武曲は捕縛できない可能性が高そうですが。
果たしてどうなったのか…。





<20:30>
と思ったらまだ続きがあり申した。

流石に5000体以上のゴーストのバックアップを受けた武曲の戦闘力は半端無く(Lv192・HP14400)、倒しきるには至りませんでした。
が、彼女以外の敵はほぼ全滅せしめる事に成功。


これで武曲捕獲フラグ立った!!と思う。


現状、奥の宮にいる敵ゴーストの数は僅か103。武曲の戦闘力も精鋭以下まで落ち込んでしまったそうで。

こうなると逆に、戦力の過剰供給が勿体無く思えてくるので、それなら他の戦域のゴーストも可能な限り倒しておきたい気になってきます。
古戦場は無理でもせめて山のムカデの群れぐらいは。


そんなワケで、私の娘達は全員佐白山麓へ向かわせました。
増援がムカデ王や龍脈ゴーストといった強敵ばかりとは言え、放っておいても奥の院に向かう人は沢山居るだろうしいいかな、と。
これでギリ武曲倒せなくて敗北、とかなったら責任感じざるを得ませんが…。



ともあれ賽は既に壷の中。後は良き目が出る事を信じ待つのみですな。





<24:23>
武曲捕縛成功!

前ターンでギリギリまで敵の戦力を削り倒したおかげで、武曲の戦闘力は最低限まで減少。
圧勝というべき勢いで撃破、捕縛するコトができました。
一時は敗北の可能性すら見えていた戦いでしたが、何とか武曲の捕縛だけは果たすコトができ幸いです。
後の説得はまぁ、文曲嬢次第でしょうかな。


しかし、私の娘達が向かった佐白山麓は結局殆ど人が集まらずに全敗。
智恵理が重傷を喰らい、何より、



3rdが死にました…。

いや、重傷特攻だったんで6ターン目以降はそうなる事覚悟の上でやってはいたのですが。
それでもいざ実際に死なれてみると、やっぱり凹みます。
結果発表からこの更新まで間が開いたのも、死亡に伴う身辺整理と凹んだ心の応急処置に時間を費やしてた為で。
案の定3rdの所属してた結社の空気をしんみりさせてしまった事も、申し訳ないと思いつつ。


ところで、多分この記述で3rdが誰なのかは特定可能だと思うので、近々公開しようかと思ってます。
ってか人狼戦線2直後に公開予定だった11thをまだ公開してなかった…。




さて今後についてですが。
武曲の説得は文曲嬢にお任せするとして…

現在、幻影の古戦場の幻影能力者達がそのまんま残っている状態らしいので、近々これに対処する依頼が出るそうです。
私も★の都合ができたら参加してみたい処。



そんなこんなで、今回のリアルタイム更新はこれにて終了。
皆様、お疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新世紀救世主伝説。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる