刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘘から出た真実。

<<   作成日時 : 2009/04/15 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

でも実際、夢の中とかの出来事であるのに報酬があるというのもおかしい気はしないでもない。五条です。さて今回は、昨日話題にし損ねた寺ゲの話題。




と言うのもこの記事、一部は月曜昼の時点で書いたモノでして。
元々は夜にエイプリルフールイベントの結果の感想を付記してアップする予定だったのですが、まさかのDTS開始告知によって先送りになってしまった格好。
いやはや参りました。




まぁさておき本題参りましょう。





●CtS
大規模作戦3ターン目の行動入力が終了。
今回は少々プレの詰めがイマイチな気がするので、あんまり結果に期待は出来ないのですが…。
ともあれ、何とか勝てるといいですな。


また、レイチェルで参加していた依頼も今朝出発。
とりあえず予定していたネタは全部詰め込み、あと参加者さんの一人が大規模で重体を受けられてしまっていたので、それに絡めたネタも一つ。
いくらネタ依頼でも戦闘はガチなんだし流石に重体の方に無理はさせられませんからな…。





月曜夜には、延期になっていたエイプリルフールイベントのリプレイが公開。




内容は、……うん。



カオスになる事自体は予想してた。



が。




ここまでカオスになるとは予想以上でした。 





正直そうとしか言えない勢い。これは是非一読して頂きたい。




今回のリプレイ、私のPCからはペルツィとヴァサーゴがリプレイに登場できました。



ペルツィは、先日公約(?)した通り触手生物をけしかけ攻撃。

しかも如何いうワケかエネミー側の一番手、それも10行程もの出番を頂くというやたら高待遇。

おまけにこの触手、何故かミユ社長まで襲ってるし。おっぱいに惹かれたか!



ヴァサーゴは………目からビーム鼻から毒ガスを出しながらメイドさんを追い掛け回していました。

我ながら何でこんなカオスな方向にキャラ壊したんだろう。

:……不明……。



しかし、そのヴァサーゴの出番のすぐ後に登場し8人斬りを成し遂げてた人を見てちょっと悔しい思いがしました。



エロネタで負けた!!と。


いや、一応レイチェルでそういうプレはかけてたと思うんですが、残念ながらその描写が無く。
くそう、リアルラックが及ばなかったか。




ともあれ、実に混沌としたリプレイでございました。





ここからは個人的な話題ですが。

昨日夜から今朝にかけて、エイプリルフール依頼の結果が反映されております。



まずはヴァサーゴ。


経験値:1482
称号獲得:楽園へ説く者



MISTさん方の冬無嬢と、その相方さんと共にMVP獲得。

まさかのトリプルMVPでございます。

いやまぁ三人で相談してた当初、取れたら良いなーとは言ってましたが。
正直流石にそれは無理だろうと思っていたので、これは驚いた。


そして称号。
一瞬何処の地平線からの使者かと思いましたが、果たしてリプレイで一体ナニをしたのか。
極めて気になる処でございます。
相方さんの称号的にも…。




続いてソルパのリーデさん。


経験値:1140
称号獲得:夢に戯る戦巫女

此方は残念ながらMVPならず。んーむ、まだハジケ足りなかったか?


しかし称号は実にリーデさんらしいモノを頂けたので満足。「戯る」ってのがメーベルナッハの娘らしくていいよね!!

:と言われても同意できる者はあまり居らん気がするがの。

それはそうですが。
ともあれ、此方も報告書が楽しみです。







●DTS
2PC目登録しました。
早ぇよ!!というツッコミは受け付けます…が、友人には既に3PC登録した人もいたり。



2PC目は陰陽師、そしてメーベルナッハ一族


その最狂の座を占めるに値するであろう娘が降臨しました。



詳細はこれまたBUが出来てから公開しますが…
基本「アヤカシ=敵」という図式を持たない、というのが第一歩のイメージ。
寧ろ「可愛い」とか言ってしまう娘。

そんな感じの異端ロールを主軸に動かしていく予定です。

ただ、この方向性の先駆者には、その異端な自分の考えを他人に強要するような輩も居りました故、彼らのような存在にはならぬよう注意を払って参らねばなりません。



ともあれ、お会い致しましたらば一つ良しなに願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嘘から出た真実。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる