刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 為さねばならぬ理由。

<<   作成日時 : 2009/02/02 06:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若干テンション微下降気味の処へ寺富双方にてリアイベ告知が来たモノですから大忙しの五条です。寺で依頼二件受けてますし。そんなワケで今回はリアイベの話題、まずは銀雨。






というワケでリアルタイムイベント「大いなる災い」の決行が告知され、ポジション結社も立ちました。



私のPCは、現状こんな感じで配置。



ティル:ラストスタンド

ニーナ:ディフェンダー

3rd:キャスター

智恵理:クラッシャー

唯花:ポゼッショナー

イリス:サーチャー


メディックとコマンダー以外の全ポジションに1PCずつ配置した形ですな。
後のPCについては、前日に然るべきポジションへ其々配置予定。

ティルは以前までクラッシャーに所属させていたのですが、術式型にシフトしたためクラッシャーは合わなくなってしまったので、今回からラストスタンドに転向。
イリスは攻撃が術式・回復が神秘のため、JC時限定ながら両方を強化できるサーチャーの方が良いかな、という理由で此方に所属。CPの軽い符術士アビですから奥義を持参するのも苦ではありませんし。

後はいつも通り。



さて今回の作戦なのですが、従来とは大きく異なる点として『防衛戦』であるという点が挙げられます。

今回の作戦図は『大いなる災い』を中心とする妖獣達の布陣であり、これがターン毎に伊豆半島の各エリアを進軍していくという設定。
これに合わせて、此方も逐次拠点を移動、これを一部分ずつ撃破していく…という流れ。
また、1ターンに2部隊ずつ撃破するコトができれば、その進軍を1ターンの間止められるようになってます。


今回の戦いには、時限TOPで姿を見せていたゴーストチェイサーと妖狐達も参戦。
妖狐達は此方の足止めを行うべく「我鳴鬼」と言う鬼を召喚してきます。
この我鳴鬼、直接攻撃も移動もできませんが、限界の無い範囲麻痺攻撃を繰り出してくるという実に厄介な相手。
また、幹部クラスである武曲・文曲は撃破すれば捕縛が可能ですが、自身が滞在するエリアで戦闘が発生すると次のターンには逃亡してしまうとの事。
なので、捕縛を狙うなら進軍可能になった次のターンの一発勝負になるでしょう。

ゴーストチェイサー達は友軍として此方を助けてくれる他、本隊が大いなる災いを撃破する為の作戦を準備しており、これが実行される時のみ災いが大きく弱体化されるそうです。
どうやって、そのタイミングで災いを討てるようにするか…が、作戦の最大の肝となるでしょうな。


で、その作戦を実行する場所が……天城峠


…かの演歌の名曲を思い出さざるを得ない。
でもアレと一緒に越えたくはない。



冗談はさておき。
勝利は勿論、今まで謎だらけだった妖狐についての情報を得たり、ゴーストチェイサーと良い関係を築けるよう頑張っていきたい処ですな。




…しかし。
そう言えば、今回のリアイベで壊す予定のメガリス……お喋りからすなんですよね。
これ壊してしまったら、今度欧州に行くコトがあった場合に大変困るコトになりそうな気がするんですが…如何するんだろう。

或いは、武闘大会依頼でメガリスが入手できれば、破壊するメガリスがそっちに変更になる可能性も無いではない気もしていますが…。
うーむ。




あ、ちなみに。
恒例のリアルタイム更新は今回もやります。
ご覧になって下さる方も多少はいらっしゃるようですし、私としてもこれが一番の暇潰しになってますし。
と言いつつニコニコ見てたりソリティアやってたりもしますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
為さねばならぬ理由。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる