刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 野馳の理。

<<   作成日時 : 2008/10/08 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

即ち「貴様らにそんな玩具は必要ない」と。五条です。さて今回はCtSの話題がメインとなります。






大規模作戦最終ターンの結果が出ましたが、やっぱりアレですな。




スッキリしねぇ。



結局ゾディアック誰も殺せなかった上に、ラインホールドにも逃げられてしまいましたからねぇ。
一応、双子座の片方を戦闘不能に追い込むコトはできたものの、もう片方に邪魔されてトドメは刺せず。


まぁラインホールドを落とせなかったのは作戦の不備のせい、とも言える気はした=作戦が完璧だったら落とせるように思われたので、そういう意味でなら妥当と言えますかね。
ぶっちゃけアレ無しで落とせなかったら予定調和と決め付けるトコでしたが。



いやまぁ、そのどれにも関わってなかった私が偉そうに言うのも何ですけど。




しかし、本部内部侵攻に出てきた室内型ワーム……アレって以前から見られてましたっけ?
そうでなかったら、後出しジャンケンだと鬼の首を取ったが如く言ってやれるのですが。




個人の結果としては……妙に捨てキャラ達が活躍目覚しい件について。
特に6thとドラグーン娘に至っては、本部防衛50位以内という凄まじい結果を叩き出してました。リプレイにも出てましたし。
前者はバイパーでヘビーガトリング連射、後者はひたすら友軍に幻霧の回避効果を付与し続けただけだったんですが…他の何が良かったんだろう。
後者に至っては、前のターンにレイチェルがやってた行動をほぼそのままやっただけだと言うのにこの差は何だ。


後、α―米さん方の映君は一位おめでとうございます。



受勲者情報とOPの更新は明日になるとの事。どうなってますかねぇ。







●ソルパ
2ターン目の行動入力が開始されました。
しかし今回のリアイベはこのターンで終了ですか…物足りないなぁ。

基本的には1ターン目の状況の延長線上。
ただ、シュネイテーシス側では所謂ボス戦が待っているようです。
まぁ寺のやり方的に考えて、今回は撤退に追い込むのがやっとでありましょうが…。

今回も、私のPC達は防衛に回る方向です。
とりあえずエレミアさんは今回どんな方向でイってみましょうか……さすがに前回と同じネタは通じないだろうしなぁ。
今度は真面目にやろうか、というのも視野に入れつつ考えてみます。


〆切は13日(月)の朝10時。土日で何処まで相談を進められるかが肝でしょうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
・・・エレミアさんはあくまで「イってみる」わけですね(ぉ)
RGM-179
2008/10/09 13:17
祝辞有難う御座います。

>室内型ワーム
こっちにはAU−KVがあるのに敵のパワードスーツっぽいものはまるで思考に上らなかった辺り当方も発想が弱いです。
こちらもこのワームの存在は大規模リプレイが初耳でしたが、脱出装置がわりの超小型HWはあったのでそっちの方から警戒すべきだったかも…

>本部防衛で幻霧の回避効果付与
 防衛ラインが狭く、多数のKVが密集して足を止めて射撃しがち
→一度の幻霧で恩恵を受けるKVが多くなる
→その分功績として評価される
ではないかと思います。
銀雨で言うと「一度に5人ずつサイコフィールドやるより、一度に10人ずつサイコフィールドに巻き込むほうがポイント高い」という感じでしょうか。
α―米
2008/10/09 20:11
>GMさん
無論のコト(ぉ)
…ネタが思いつかなかったら普通に行くかもですが。

>α―米さん
勲章も頂けたようで、改めておめでとうございますー。
>室内型ワーム
いや、それでもそんなモノの存在が思いつけるような人は異常です(ぉ)
それに「あるかもしれない」モノならまだしも「あるかどうかどうか分からない」モノの存在を前提にした作戦なんぞ立てられませんしなぁ。
更にぶっちゃけると「どっちにしろやるコトは同じ」な気もしますし(ぁ)
>幻霧の回避効果付与
あー、言われてみれば確かに。戦場の性質の影響か。
…それにしたってあの順位は異常な気がしましたが(ぉ)
五条
2008/10/10 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
野馳の理。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる