刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 我らが愛した此の世界を。

<<   作成日時 : 2008/09/24 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

愛しい者に遺そう。五条です。もしかして私を一番感動させる愛というのは郷土愛なんだろうか、と今日のベストハウスSPを見て思ったり。さて暫く富ゲの話題が多かったですが、今回は寺ゲ。主にCtS。





●CtS
大規模作戦第一ターンの結果は明日発表の模様。
今回は仁奈がちょっと思い切った行動に出てみたので、その辺りも含めて結果が気になってます。


一昨日見た夢の中でその結果が発表される位に。

因みにその夢の中では、仁奈はGMさん方の小鳥嬢と共に戦功点上位になってました。
ただし二人揃って重傷(重体ではない)になってましたが。
現実になるなら前半だけなって欲しい処。



その他の更新については。

まず、今日からショップにて新しいアイテムの販売が開始されています。
機械剣αは比較的安価に入手できる近接型非物理武器として、結構重宝しそうな気がしますが如何でしょう。
グラップラー向けの武器としては激熱がありますが…仁奈にはベルニクスがあるので、使うコトは無いかと。


また、明日から兵員輸送用KV「リッジウェイ」が発売予定だそうで。
バグアのビッグフィッシュに対抗する形でのリリースになったようにも感じますが、あれと同じくロクに戦闘力が無かったりするんでしょうか。
その辺も含め色々と気になる所は多いですが…はてさて。




さて、更新サボってる間にリプレイが一件完成しましたので報告と感想を。
レイチェルの初依頼である「【入学式】白衣の小悪魔(深紅蒼MS)」

例のエロい保険医ことケイト先生のお願いで、キメララットが出るという機材保管庫から必要な機材を持ってくる、という依頼。


プレイングに記述した内容から上手くレイチェルのキャラを掴んで頂けたようで、実に無邪気と言うか怖いもの知らずと言うか、そんな感じの描写になってました。
キメララットがいると分かっている機材保管庫に物怖じせず真っ先に入ってったり、邪気の無い笑みで見も蓋も無いコト言ってみたり。
若干小憎たらしさも含めた可愛さが一杯の描写で、私としては大満足です。深紅MS、GJ。


…が、一箇所だけちょーっと気になった部分があったので、そこだけ修正して貰えるようリテイクを申請。
まぁ文中の文字数にしたらたった1文字ですし、レイチェル以外のPCさん方には何ら関係の無いコトではあるのですが…個人的にはやっぱり修正して貰えるならして貰いたい処だったので。
やっぱり、あんまり細かい処をツッコむのはNGでしょうか?


まぁそこだけ除けば文句の付け所の無い出来でしたので、次回ケイト先生の関わる依頼が出たら是非参加したい処。
丁度今出ていますが、SCを確保できない関係上旗取りは不可能。2時間後には補充できるのですが、それまで枠が空いているコトを祈るのみ…。






●ソルパ
此方でもリアルタイムイベントが開始されました。




…が、ぶっちゃけ事件そのものには全くと言っていいほど興味がありません。
だってあまりにも導入が唐突すぎるじゃないですか!
それに、寺の全体シナリオのお約束からすれば、オチはNPC無双となるのがほぼ確定していますし。CtSよりは大人しいと思いますけど。

そんなワケなのでリアイベはスルー……の予定だったのですが。



:寝ている子にはあんなコトやこんなコトもヤりたい放題……こ、これは美味しい事態ですよぉ!!

???:蒼天の下にて見目良い娘子やむくつけき男子を玩弄するなど、滅多に出来ん体験じゃからのう…これは愉しまねばの♪




…という想像に至ったウチの娘二人が異常なヤる気を示したので、参加するコトにしました。
???の方は暫く名前を伏せておく方向。リアイベ1ターン目の結果発表と同時にバレると思いますが。

まぁでも、寝ている人達に如何こうは無理でも、概要を見る限り戦闘以外にも色々ヤれるコトはあるようなので、うちの娘達はそっちの方向で活動予定。



依頼の方も、一つ面白そうなモノが出ているので突撃するコトにしてます。





今の所誰も入ってませんしな!!
ギャグ依頼ですらロクに埋まらんとは、何だこの需要の無さは…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
我らが愛した此の世界を。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる