刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼我の狭間の深淵。

<<   作成日時 : 2008/08/07 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

なんか飛び越えようという気にならないのは何ででしょうねぇ。五条です。さて今回は寺ゲの話題。






…にしても、相変わらずこの時間帯は犯罪的に重い。本当にサーバメンテしたんですかね。




●AFO
結局、今後については半撤退というコトに決めました。
具体的には、現持ちPC中エル・哀音・ころりの三名のみを引き続き稼動し残りは凍結。
基本依頼は受けずリアイベ等のみの参加。SCに余裕があれば、ころりかエル辺りで依頼を受けるかも…っという形ですね。

やっぱり最終的にどんな結果が待っているのか…が気になるというのもあり、結局完全撤退はできませんでした。
せめて、少しでも納得のいく終わり方になれば良いんですけどねぇ…。



で、何に備えればいいんですか?






●CtS
大規模作戦の結果が出ました。



映画の方は相変わらずのカオスぶりでしたが、その中でレギオンの皆さんがちょっとだけ描写を貰えました。
まぁ、個人で名前が出たのはセエレだけでしたけどね。

多少ながら輸送行動を評価して頂けたので、今後レギオンは輸送部隊として動かしていきましょうかねぇ。



しかし、幾らか他の方も仰っていたのですが、正直『軍事訓練』抜きでやりたかったなぁ…と思います。
そのお題目がついたおかげで経験値や報酬が貰えるのは長所なんですが、そのせいで行動に制約が出てしまうのは確かに痛いな、と言われて気付きました。
確かに、特にUPC側はそのお題目があるせいで『実際の作戦行動において可能』な範囲でしか作戦行動を取れません。だからカオスが足りなくて、少々物足りなくなってしまうんでしょうな。


後は余計な偵察行動まで入ってしまったのが、お祭りムードに水を差したように思います。
しかも前回鹵獲したファームライドを奪還されるという予定調和臭に満ち満ちたオマケ付きで。
乙女座の人の台詞が運営の言い訳に聞こえたのは私だけだろうか。



何かプロパガンダ映画撮ってたハズなのに、PL的には寧ろ厭戦感情が高まる結果になってしまったワケですが。
私が望んでいるのは、ああいう連中をその慢心ごと完膚なきまでに叩きのめす展開なんですが……それを望むのは少数派なんですかねぇ。




愚痴っぽくなりましたが、気を取り直して。

先日仁奈で狙っていたコスプレライヴ依頼は無事参加成功、先程出発致しました。
で、改めて一覧を眺めてみた所……



制服聖戦第二弾来てるーーーーーーーー!?



受けたい、受けたいけどSCが足りない!!後300円分!!

…いきなりミカガミを買ったコトを後悔しました。
何とか頑張ってSCを確保……できるかなぁ…。





●ソルパ
何かHP・MPとか所持金とか色んなトコに不具合が出ていた模様。
HPに至ってはペットのモノが適用されてたという、前衛職には致命的すぎるような不具合があったそうで。
逆に、どうやったらそんな不具合が出るのかと問いたい。



そんな中、先日エレミアで受けた(お試し依頼を除けば)初の依頼が返ってきました。
天音SD「遺された命の為の挽歌」。


両親を暴走エレメントに殺されたという少年の為、その仇討ちと両親の弔いをしてやろうという依頼。
所謂心情系依頼なワケなのですが……


「あんな可愛い男の子にそんな酷い仕打ちをするなんてぇ、許されるモノじゃありませんよねぇ‥‥このお仕事、絶対成功させてみせますよぉー!」
 豊かな胸を揺らして、叫ぶように決意を込めたエレミア・エルドナーシュ(ha0185)だったが、どこかなんだか下心が透けて見えるのは気のせいだろうか。うん、きっと気のせいだよね?

(リプレイより抜粋)



そんなの関係なさげなエレミアさん。



肝心のエレメント退治はつつがなく完了。両親の遺体は持ち帰れる状態になかったので、遺品のみを持って帰るコトになったのですが……


ソルパの世界って眼鏡あるんですね。
まぁ有無の確認ができた、という以上に語るコトは無いワケですが…


閑話休題。

エカリスに戻り結果報告。
他の方々が口々に少年に対し励ましの言葉を贈る中、エレミアさんは。


「あ〜ん、可愛いですぅ〜‥‥私の家にお持ち帰りしちゃ、ダメですか〜?」
 エレミアの言葉の意味がわからなかったのだろう。少年はきょとんとした様子で彼女を見つめる。仲間達もそれは冗談の一種だと思ったのだろう、特に止めるような言葉をかける者はいなかった。
 今にも少年を抱きしめそうなエレミア。その時、少年が口を開いた。
「お姉ちゃんも、遊びに来てくれると、うれしいな」
 そこに浮かんだ小さな笑顔。思わずエレミアが少年を抱きしめたのは言うまでもない。

(リプレイより抜粋)



空気読めてませんねエレミアさん。

:だってぇ、ホントに可愛かったんですものぉ〜…。


ってか引き取り手がいなかった場合限定にしといた方が良かったですな、お持ち帰り発言は。
まぁ、さすがにその前提が満たされている状況では少年が救われないでしょうし、こうなるのも已む無しか。




依頼の結果、経験値を1140取得。
CtSと同じ計算式が適用されているとすれば、1.2の大成功判定のようですね。



しかし、相変わらず閑古鳥の鳴きまくっているこの状況。何とかならないモンですかねぇ…。
コミュニティの新規作成も可能になったコトですし、これを機にPC間の交流が盛んになってくれればいいなと思います。



早速エレミアさんもコミュニティを一つ申請したそうなので、宜しければ覗きに行ってやって下さいませ。


:いや〜ん♪覗きだなんてえっちぃですぅ♪



貴女が言うな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>訓練抜き
終わってみればそれが良かった気がします。こう、もっとうちのPCにも弾けさせたかったですよ。

>FR奪還
(建前):失敗した輸送依頼もあった以上こういう展開も致し方ないでしょう。全部成功してなお取り返されていたら予定調和ですが、失敗したものもありましたから文句は言えません。
(本音):なにが悲しゅーて一年間延々相手がいい気になりっぱなしやっちゅ−ねん。わてそこまでマゾやないですえ。そもそもどの依頼で奪還されたか特定されるような描写したらその依頼参加した人に追い討ち掛けてることになりますやんな(ぐぎぎ)

>覗きなんてえっちぃですぅ
「見るなら堂々と視○しろ」とおっしゃいましたか(○には好きな漢字を入れてください)
α―米
2008/08/08 08:13
>訓練抜き
どうしても設定的に無理がある、とは思うのですが…。
そこで伯爵が無茶な金持ちっぷりを発揮するぜ!とか駄目なのかなあ。
完全に彼の道楽で、傭兵全てを貸し切る映画撮影。
せっかくの貴族(笑)設定なんですし、ルネッサーンス!!

>FR奪還
(建前):αさんと同じくです。
(本音):もはや寺の伝統と言っても良いとは思いますが…
無双NPCがいい気になり過ぎ、と言うヤツですね。
しかも今回は全体通してとうとう1年間も。いくら地球奪還モノとは言え…

うーん、運営が「ぼくのすごいNPC」を愛しちゃってるのかなあ。
みそか氏1人に原因を求めるのも無理はありますが、統括されている以上そう言う雰囲気を醸しだしてしまうであろう事も事実。
まだクエストシナリオとかならば楽しいのですけどねえ。

ゲーム的な判定の厳密さよりも、そろそろPL側に溜飲を下げさせてほしい、と言うのが偽らざる本音であります。

>制服聖戦
その依頼に入らない五条さんなんて五条さんじゃない!
四条さん、いや三条さんだ!!

…と無茶を言ってみる(ぇー
田吾作
2008/08/08 11:37
>NPCTueeeeee
奪還は予定調和って訳じゃないでしょう、多分。
敵NPCが無双するのはいつもの事というか……
例のごとくシナリオ進行するまでは全く攻撃が効かないという。
エンヴィー@ルナフィリア
2008/08/08 22:22
>訓練抜き
ですな、是非カプロイア伯爵にお願いしたい。…会社は傾きそうですが(ぉ)

>FR奪還の予定調和疑惑
まぁ実際は予定調和ではなかった、と信じたいのですが…正直信用しきれません。
一つでも失敗すれば「その依頼が本命だった」というコトにするつもりだった、という疑念がどうしても晴れないんですよな。
せめて、どれが本命か(PL情報としてでも)事前に分かればそんな疑いも持たずに済んだのですが…。

>NPC無双
言いたいコトは大体田吾作さんと同意見。こんなフラストレーションばかり溜まる展開は望んでないのですよ。
一人二人が無双やるならまだいいんですが、現状15人ぐらいいますからなぁ…。
正直敵NPCは生き死に別としても毎回使い捨てるつもりでやって欲しいな、と思う私。北斗の拳的なノリで。

>覗きなんて〜
いえ、覗きでも一行に無問題です。本人嫌がってません(ぇ)

>制服聖戦
そこまで仰るならば参加するしかありませんな!
いえ、元より入るつもりではありましたが…。

宜しければ皆さんも参加しませんか、と誘ってみるテスト(何)
五条
2008/08/09 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼我の狭間の深淵。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる