刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 必勝祈念祭。

<<   作成日時 : 2008/08/23 05:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

っというワケではないと思いますが五条です。来週からはもう少し動けるようになるといいなという希望的観測のもとにエントリ。さて週末になって寺富ともに動きが出たワケですが、まずは富から。






●無限
ワイルドファイア大運動会の概要が発表され、各組の作戦旅団への入団受付も開始されました。
一昨年の大運動会は誕生月ごとの12チームに分かれての争いでしたが、今回は過去のザウス大祭とかと同じく季節ごとの4チームに分かれます。
やっぱり稼動PL数が減ったのが原因でしょうか…。


ところで、この形式ですと私の場合、

ソニア:夏組
リーシュ:冬組
ヤルダ:秋組
クィス:春組



っというように、主要PCが綺麗に各組に分かれるんですよね。
まぁ、おかげで どの組が優勝しても勝利の美酒が味わえるという寸法ですが。



で、競技の方を確認したのですが……


ドラグナーガール討伐って競技に入ってたんですね。

しかし得点にも関係しない辺り、運動会の競技と言うには少々語弊がある気がするのですが如何だろう。



後もう一点……すみません、以前の記事で私嘘吐きました。


30日は土曜31日が日曜でした…。


となると、参加可能な競技や出現時間帯も少々変わってきます。
土曜は昼から仕事なので、第1・第2競技には参加できますが第3・第4競技には参加できず。
応援合戦は兎も角、ペアマラソンは出来れば参加したい処。何せクィスの彼氏さんもクィスと同じ春組ですので、折角の機会をふいにはしたくないのです……。
でもあんまり仕事は休みたくないしなぁ。



まぁ、後一週間ばかり考えてみます。






●銀雨
本日(日付上は昨日)の正午頃に時限TOPが出ておりました。
結局解放されたらしいエレイン嬢の独白。銀雨Wikiよりの転載です。


 私を、解放する……? 処刑も、取引材料にすることも無く!?
 銀誓館学園の奴等にとって、私など何の価値も無い、取るに足りぬ存在だと言う事か……!
 ……これほどまでの屈辱を、与えられるとは!

 まずは急ぎヨーロッパへと戻り、手勢を携え速やかに貴様等に報復してやろう。
 我等吸血鬼の総勢が揃えば、貴様等などものの数ではない! 目にもの見せてくれる!




プライドを傷つけられ怒り心頭のエレイン嬢、即時報復を決意したようです。


……何と言う小物臭、これはどう見ても鉄砲玉フラグ。

遠からず、欧州吸血鬼全軍とまでは言わずとも、手勢を率いて逆襲に来そうですな。学園の戦力を測る為の捨て駒として。

何で捨て駒か、と云うと、その後更新されたTOPにて治子さんがこんなコトを仰っていた為。


 前回のヨーロッパにおける戦争で捕まえた吸血姫エレインですが、皆さんからの投書も受けて、
「何もせずそのまま解放する」ことになったそうです。
 ……私は、悪くない選択だったと思いますよ。「敵に捕まったが、何もされなかった」などという荒唐無稽な処遇を受けた人間の言う事に、説得力などありませんからね。エレインの組織における彼女の発言力は、これで完全に失墜する事でしょう



そんな人間に出来るコトと言えば鉄砲玉ぐらいしかありませんしなー。全軍が動くとしても、先鋒は間違いなく彼女でしょう。


それにしてもこの治子さん、真っ黒である。だがそれがいい。
まぁ、解放に投票した人にはこの辺意図して投票してた人も多かったと思うので、ある意味狙い通りではあったでしょうか?
しかし得票も圧倒的でしたな。処刑と幽閉の票数合わせてやっと解放票の6割ぐらいとか。




…ところで、欧州吸血鬼との戦いが勃発したとして。
彼らの説得が難しいor不可能であるコトが分かっているワケなのですが、それでも可能な限りは助命するんでしょうかね。
それとも、説得が不可能な以上は皆殺ししか無いとばかり見敵必殺の姿勢で行くのか。

…まぁ、無限のリアイベもありますし、恐らく動きが出るのは来月になってからでしょう。その時をゆっくり待つと致しましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
必勝祈念祭。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる