刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の夜はバーニング。

<<   作成日時 : 2008/07/27 08:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あまりの暑さに一時間程度しか寝れなかった五条です。この調子でこの夏きのこれるのだろうか。さて今回は暫く取り上げてなかった寺ゲの話題。主にCtSです。







●CtS
以前取り上げたドラグーンについてですが。

何でも、AU-KV=生身に直接装備するパワードスーツのようなものによって性能を拡張するタイプのクラスだそうで。
ステータス自体はAU-KVの着用を前提に設定されているらしく、他クラスと比較してブッちぎりで劣ってます。

その代わり、AU-KVによるステータスの上昇値が凄まじく、特に受防は+50という驚異的な数値。
今後リリースされるAU-KV次第で色々な運用が考えられそうですな。


専用支給KVの「HA-118 翔幻」もかなり高性能。
価格こそ他二種の初期KVと同額の70万ですが、性能はそれを上回ります。正直奉天製とは思えん。
簡単に言えば、ハヤブサの命中・回避力雷電の知覚・抵抗を得たS-01。基本スペックだけなら非常にバランスの良い機体に仕上がってます。

…が、一つだけ重大な欠点がありまして。


装備力が120しかありません。

装備力100のスカイスクレイパーよりはマシですが、それでもこの値では装備が制限されすぎると言わざるを得ません。
強化を行う際は、装備力優先で行うのが良さそうですな。







さて、前々から話のあった映画撮影の件ですが、この度正式に大作戦として告知されました。




「Mid Night Summer! 巨大蟹襲来」。



先日のワールドガイド「敵戦力」の更新で追加された、あの蟹型ワームを主な敵とした戦意高揚目的の映画を撮影しよう、というイベントですな。
一応軍事演習としての側面もあるようですが、個人的にはあくまでついでと考えてます。


とりあえず小隊に入っているメンバーは各小隊の方針に従って動くとして、レギオンの皆さんはどうするか。
演者は足りると思いますし、裏方ですかね?






また、大作戦の開始に合わせてなのでしょうか、新KVのリリースも行われました。


「XF-08A ミカガミ」


単純な性能としてはハヤブサの上位機種といった趣で、回避力は現状単独トップの230。
その分防御力は150と弱いですが。
欠点としては装備力が140と低く、また副兵装とアクセサリのスロットが2しか無いので拡張性に劣る点ですが、実はこの機体、実質副兵装については3あったりします。


というのは、かの『雪村』が固定装備として内蔵されているというコト。
何気に試作型よりも錬力消費が大きいので劣化していると言わざるを得ませんが、それでもわざわざ別個に購入する必要が無いというのは悪くない処。強化できないのは試作型も同様ですし。

何より、恐らくナイチンゲール以来となるであろう高機動型KVというコトで、なかなか浪漫を感じさせる機体となってます。
是非仁奈をこの機体に載せたい処。無理して金銀銅白金塊を今月・来月と買えば来月頭にはゲットできるのですが…どうしよう。






●AFO
何やら、釣りシステムとやらが導入された模様。
何でまたいきなりそんなシステムを導入したのか、相変わらずテラの仕事は謎な処がありますが、システム自体はそこそこ良い感じだそうで。
何より、ゲーム内通貨だけでプレイ可能なのは良いですな。

私はまだ試していませんが、時間が出来たらやってみようと思います。




また、ウォールブレイクの方はとうとう壁の突破に成功。これでアトランティスとジ・アースが繋がったのでしょうか。

しかし、何故か壁掘り自体はまだできるようになってます。まぁ突破できたとは言ってもまだ掘ってない部分もあるでしょうし、そこを掘っていると考えればいいんですかね。
私もまだリウが大量にスコップを残しているので、せめてそれを使いきってしまいたい処です。

…だが相変わらず微妙に重い。






●ソルパ
シナリオ開始されたのは良いのですが……何この閑古鳥。
現時点で満員御礼の依頼が九本中二本しか無いという、開始直後の状態としては非常に寂しい状況です。
やっぱり色々未実装のままで見切り発車したのが裏目に出ましたな…。


しかし、何とか金曜に全クラスのスキル販売が開始、戦闘ルールも公開され、何とかゲームの形はできてきました。
これを機にもっと盛り上がってくれるといいんですけどねー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の夜はバーニング。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる