刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 人の敵は人。

<<   作成日時 : 2008/05/23 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ある種どんな化物よりも恐ろしい。五条です。最近多忙だったのに加え最近体調が崩れかけており、各方面の動きが鈍りつつありますが、この週末で取り戻したく。さて、今回は寺ゲの話題を。






●AFO
リアイベ1ターン目の結果が発表され、水曜に2ターン目の行動入力が締め切られました。
今日の夕方あたり結果が出る見込みとか。


状況としては。



・叡山の非戦闘員脱出は完了。
叡山側のみならず平織側からも非戦闘員の脱出を願う意見が相次いだ為、割合スムーズに脱出させるコトができました。
まぁ一部の人はそんなの関係ねぇとばかり非戦闘員や僧侶を捕縛してたようですが。

とりあえず、これで戦闘準備は万端。お互い遠慮なく戦えますな。



・叡山、徹底抗戦を決定。
延暦寺座主の慈円和尚、最初の方針選択において半数以上の冒険者が和睦を勧めたにも拘らず、緒戦において戦果が挙がったコトで調子に乗ったのか徹底抗戦を決定しました。
この事によって叡山側に対する心証を悪くし平織側についたPCも結構いた模様。話が通じないって確かに嫌ですよねぇ。
私は元より和睦は完全敗北と同義と考えていた身の上故、あまり気にはしていないのですが。



・鉄の御所の鬼達が参戦。
先日ギルドに出ていた酒呑童子への援軍依頼が上手くいった為か、彼とその指揮下にある鉄の御所の鬼達が叡山側の援軍として参戦しました。
人喰鬼一体で一般兵百人分の戦力…というのは少々買い被りすぎのような気はしますが、それでも強力な援軍である事には変わりないでしょう。とりあえず酒呑童子一人だけでも文字通り一騎当千ではありますし。
故にか、2ターン目の平織側PCはその多くがこれへの対処に動いた模様。



・平織軍へのレミエラ浸透率は異常。
ある意味現時点での最大の衝撃となる情報がこちら。
報告書によれば、平織兵の実に半数以上(足軽に至るまで)がレミエラを使用していたという話で。
しかも、うち一部の将兵はヒューマンスレイヤーなる対人戦闘に特化した効果を持ったレミエラを備えており、おかげで多くの人が雑兵相手ですら相当な深手を負ってしまう羽目に。
このヒューマンスレイヤーの存在は、AFONEWS第五回においても大々的に取り上げられ、文字通り「悪魔の兵器」としての印象を多くのプレイヤーに与えたようです。
個人的には正直レミエラの宣伝と思えてならないんですけどな。





まぁそんなエチゴヤの販促に見事引っ掛かっている私も私なんですが。
ころりには是非ヒューマンスレイヤーを与えてやりたいので、彼女で何度かレミエラの合成を試してました。

その結果……


アンチヒューマンスレイヤーが出来ました。

…まぁ、悪くはないので防具にセットしておきましたけども。





私のPC達の2ターン目の行動ですが、全員叡山側で行動。
ころりが作戦立案、哀音とエリゴールが直接戦闘、虚雪はトラップ設置、エルは士気高揚、ひずみは撹乱という形で動いてます。
戦力的には恐らく不利は否めない今回の戦い、はてさてどうなるやら。





ところで、昨日から新しい課金アイテムとして、アイテム合成用の素材やペット用進化アイテムが販売され始めています。
進化アイテムはどれも★1個が必要というかなりの高額品ですが。

因みに私のPC達のペットでこれら進化アイテムが必要なのは……虚雪ぐらいでしょうか。
他は条件が合わなかったり売ってない進化アイテムが必要だったりで、あまり利用価値が無いというのが現実。





さて依頼の報告書は一件完成していますが、今回は感想省略。






●CtS
大規模作戦の最終結果が出ました。


人類として初の失地回復が成ったワケなのですが、どうも「勝たせてもらった」感を受けてしまうのはシェイドと戦いに行ったせいでしょうか。
何とかファームライド1機を鹵獲するコトには成功したものの、パイロットには逃げられてしまいましたし。
これは超強化フラグだろうか、GSD的に考えて。

今回も勝ったは良いがスッキリしない勝ちだなぁ、というのが正直な感想です。
多分快勝などさせる気は無いと思いますがね、運営陣には。




さておき。
PCの個人結果としては、まぁ可も無く不可も無くといった処。50位〜100位ぐらいに集まってる感じですかね。
ただ全員無傷で帰ってきたコトは幸いであります。

個人的には、自分の結果よりも小隊がシェイド戦において評価されたコトの方が嬉しかったり。
小隊長であるMISTさんちのロッテ嬢が勲章を授与されたのに加え、小隊員全員に追加の経験点が入るそうです。
次は全員で勲章貰いましょうぞ!



しかしシェイドの中の人の駄目出しをどう解釈すべきかちょっと悩む。
連携にもっと自由度を持たせろというコトなのか、中途半端な実力の奴集めて数合わせするよりエースだけの少数精鋭で挑めというコトなのか。
今回シェイドに有効打を与えた某博士の例からするに、両方とも取れそうな感じではありますが…。


なら仁奈ももっと強くならないといけないな、というコトで、依頼を受けようかと思ったのですが……こういう時に限って面白そうな依頼が無い。
まぁ焦らず待ちますか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人の敵は人。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる