刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の訪れはその司と共に。

<<   作成日時 : 2008/02/03 05:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

でもまだまだ寒いんですが!五条です。さて、暫く話題にしていなかった無限ですが、ここ一週間程で幾つか動きがありました。






まず、北の大陸コルドフリードの探索隊が結成されました。
現在は出発への準備段階にあるようでまだ普通に見れますが、もう暫くすれば出航する為隔離状態になるのでしょう。
入団なされた皆様が、無事目的を達成なされるコトをお祈り致します。



また、もう一つ存在が伝えられている大陸・フラウウィンドの調査隊も、近々募集がかかるとの噂。
この場合隔離開始はランララ後ぐらいになりますかね。




と、ランララと言えば。


今年のランララは、例年と違う点が二点あります。




まず、主な開催地がワイルドファイア大陸となる「ワイルドランララ」であるという事。
何でも、同大陸のヒトノソリン達がランドアースで行われているランララ祭の話を聞いて「甘いお菓子のお祭り」と解釈、それは楽しそうだというコトで開催の運びとなった…という話。

現在、酒場でも関連依頼が幾つか出ていますが、基本的に「巨大怪獣を退治してお菓子の材料を取ってきて」という依頼になっているようです。
私も、もうちょっと気付くのが早ければヤルダを投入したんですが…残念。


:お菓子食べたかったのだー……。




そしてもう一点は。



リアルランララ神が来ている


上記リンク先の依頼のOPを読む限り、主目的は千年世界樹にいる世界樹の幼生を止めるコトらしいのですが。何でも、放っておくとドラゴン界がまた生まれてしまうかも…とのコトで。
何かこのパターン増えてきた気がするな。

これを封印する儀式も、フォーナ祭の時同様、祭の当日に行われるのでしょうかねぇ。





さて、フォーナと言えば。

先日、円卓百旅団の団長だけが参加できるフォーナ神との交流会が行われました。

色々と興味深い話もありますので是非一読をお勧めしますが、一応私なりに纏めてみたものを書き連ねてみます。


・フォーナ神は、自らの神殿にいる限りドラゴンに見つかるコトは無いらしい。

・神々の住む世界は、平和と言えば平和。ただし意見の対立くらいはある様子。
・ランドアースに戻って来ようと思う神は、大体人間に対し好意的だと思われる。
・関わりの薄い神同士は、だんだんお互いを感じられなくなるらしい。
・希望のグリモアは神以外の存在によって作られた可能性がある。
・ただ、グリモアの誓いの内容そのものは間違ったモノではない、とザウス神は信じていたらしい。

・ドラゴンウォリアーは神々にとっても未知なる存在なので、その本質は神の力を以てしても読み解けない。
・ドラゴンは他の大陸まで飛ぶコトも不可能ではないが、かなり時間がかかる。
・ドラゴンが新たに姿を現すなら、彼らにとって縁の深い場所に現れる可能性が高い。
・その為、ヴァラケウスのドラゴン界がドラゴンズゲートに現れたからと言って、他のドラゴンも同様にドラゴンズゲートから現れるとは限らない。

・ディアスポラの神槍は、元々ホワイトガーデンを支える為の存在。
・現在も地下に向かって掘り進んでいるのは、単に止まらなくなっているかららしい。
・ホワイトガーデンの遺跡には「外敵からの防衛機能」「ホワイトガーデンを浮遊させる機能」「黄金の海を作り出す機能」など様々な機能が存在する。
・ただし、フォーナ神自身はホワイトガーデンの創造に関わっていないので、あまり詳しいコトは分からない。
・真なるギアに囚われているエンジェルは、黄金の海で眠っているのと同じ状態なので、生命の危険は無い。
・ギアは神が戻ってこない事を前提に自律行動するよう作られているので、今は神でさえ制御するコトができない。
・ピルグリムは恐らく異世界から現れた存在。ただし、ドラゴンと異なり元の世界との接点は無いので、今いるものを滅ぼせば絶滅すると思われる。

・フォーナ神のグリモアは同盟諸国領内にあるらしい。ただし、既にその力はかなり弱くなってしまっているとの事。
・伝承にある『猛毒』『魔石』のグリモアは、いずれも地獄に存在する。
・元々、地獄とは世界にとって害となるものを封じた場所であり、本来は形の無い存在だったらしい。
・かつて魔石のグリモアを奪ったヴァンダル一族が封印を解いたコトにより、地獄は物質的な形を得て今のようになっている。
・神にとって、地獄にある全てのものは醜く穢れた不快なモノである。
・基本的に、地獄のコトについてフォーナ神はノータッチの方針である模様。

・神がランドアースにいた頃は、ドラゴン以外に脅威となる存在はいなかった。
・大大怪獣ワイルドファイアは、神やドラゴンをも凌ぐ力を持つ世界の根源である。
・ワイルドファイア大陸は、その大大怪獣を模した形をしているらしい。
・というコトはカニの形?
・ランドアースの西には特に大陸は無いらしい。
・コルドフリード大陸はタロスが作り出した大陸である。
・タロスはかつて神々と共にドラゴンとの戦いに参じた種族であるので、対応さえ誤らなければきっと協力してくれる、との事。

・フラウウィンドはランドアースの北東の方に沈んでいる。
・どうやら、以前サンダース号が発見した沈んだ大陸(最初にレアと遭遇した辺り)がそれらしい。
・フラウウィンドの民がチキンレッグの祖先かどうかは不明。
・ただ、全ての種族は古代ヒト族が戦乱の中で姿を変えていったモノなので、チキンレッグも恐らくはその一種であろうとされる。
・現在フラウウィンドを海中に繋ぎ止めている『七柱の剣』は元々、対ドラゴン用の兵器として作られた剣で、それぞれ世界の根源を成す存在の名を冠している。



…纏まってねぇ。



ともあれ、今後を感じさせる内容に期待が沸いてきます。
これからどんな展開が待っているのか、楽しみなところですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の訪れはその司と共に。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる