刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 一難去ってまた一難。

<<   作成日時 : 2007/07/29 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

っていうレベルじゃねぇぞ。五条です。無限のリアイベ「蒼き光流ザムザグリード」は昨日無事終了したのですが…







今日もまたドラゴン襲撃リアイベです。
何かFF6のキングベヒーモス思い出した。





続いて襲撃してきたドラゴンは「波濤さかまくヴァーゼルゼ」
海面を物凄い勢いで低空飛行してそうなイメージの名前ですな。


今回はザムザグリードの二の轍を踏まない為なのか、妨害には目もくれずひたすらインフィニティゲート最深部を目指して進行する心算のようです。


その辺を反映してか、勝利条件・敗北条件もちょっと特殊。

勝利条件:7ターンを耐え抜くか、ヴァーゼルゼのHPを3000まで減らす(初期値10000)
敗北条件:各ターンごとのヴァーゼルゼの突破力の合計値が3000を超える(初期値2000)



突破力削りを重視するにしても、毎ターン最低501以上削らなくては3ターン目で敗北条件が満たされてしまいます。
(500削る場合、1ターン目1500+2ターン目1000+3ターン目500=3000到達)

なので、少なくとも最初は全力で突破力を削る必要がある、という事。
私は放置PCまで総動員して突破力削りに突っ込んで来ました。ヤルダだけ「死守」で、残りの面子は「要撃」。


さて、初撃でどれだけ削れたでしょうかねぇ…。






<12:15>

削れすぎ。

1ターン目も2ターン目も、まさか完全に進撃を跳ね除けるとは思わなんだ。
これが同盟諸国の底力(≒凍結PCまで動員しての全力死守)というヤツか。


しかしちょっと無茶しすぎたのか、私のPCにおける主力と言うべきヤルダが重傷。あとウルも。



3ターン目は初期突破力が減少したので、一部のPCを攻撃に回す方針。
上空からの攻撃に重点を置くとのコト故、ちょっとプレイングを変える必要がありそうですな。




<14:55>


次のターンで決着の公算。


全然突破できない上にダメージがかなり蓄積してきたヴァーゼルゼ、次で特攻を仕掛けてくるようです。

いくら予想外に人が集まったからって、ちょっとあっさりしすぎな気がしないでもない…。


ここは今後のコトを考えて、確実にヴァーゼルゼを仕留めておきたい気がするのですが、二度あるコトが三度ありそうな気もするので、3と4のいずれを選ぶかで少々悩みました。


結局、ソニア・リーシュ・クィスともう一人を4に、残りの無傷PCを3に向かわせるコトに。

…これで終わればいいなぁ。




<18:15>


更新サボってました、すみません。

ヴァーゼルゼは残りHPの倍近いダメージを受けてオーバーキル、したのですが……



【ドラゴン襲来】


〜ドラゴン界の内部、ドラグナー達の集う場所〜

 2体のドラグナーが、雑談をしている……。
 「ヴァーゼルゼとザムザグリードが死んだらしいわよ」
 「ふーん。どのドラゴンが奴等を殺したんだ?」
 「いいえ、ドラゴン同士の戦いでは無くて、人間達の軍団にやられたそうよ」
 「ギャハハ、何だそれ! ドラゴンのクセに情けねー」
 「まったくね、みっともないわ」

 「でもまぁ、今の人間達も結構やるもんだ! ……明日には死滅するかと思うと、ちょっと惜しいな」
 「そうね、1体2体で勝てない相手と分かったら……」
 「10匹ぐらいまとめて送り込んで、グシャッ!」
 「ええ、その通り。既に12体のドラゴンが、人間どものグリモアに向かったらしいわ」
 「いいなそれ! ドラゴンの群れを見て絶望に歪む奴等の顔を想像するのは、凄く愉快だ!」
 「そうね。だってもう、どうしようもないのですから」



以上、時限トップ。




えーと、これは何だ。



「いいか!海が3でドラゴンが7だ!!」をやれと申すか。
元ネタ失念。


ではなく。


まさか明日はドラゴン12体を纏めて相手にしろと言うんじゃなかろうか。
ヴァーゼルゼだって結構な数の死傷者出して撃破したってのに、どうすれば良いのやら。
おまけに明日は平日。



これは…何かの超展開なくしては勝利も無さそうですな。
まぁ、超展開があるならあるで、それが何なのかって点にちょっと期待したりもするのですが。

まぁ、今後の動きを座して待つと致しましょう……ってな処でリアルタイム更新終了。


























…だがもうちょっとだけ続くのじゃよ。


先程更新したところ、早速進展がありました。



最後の選択。


どうやらリアシナ形式で冒険者の意思を問うモノのようです。


選択肢は超シンプル。



・ 絶望する
・ それでも戦う




…シンプルってレベルじゃねぇぞ。


私(のPC達)の選択はもう決まってます。






全員「戦う」に決まってんだろーがよ。



:最後まで諦めない、それが「希望」の意味…!

:敗北は必定、されど戦いを投げ出す理由には不足です。

:まだまだヤり足りないのだーッ!

:もっと彼氏とイチャつかせろーッ!!



…後半二人は置いておくとして。
まぁメタなコト言うようですが、富としてもこんな形で終わらすのは極めて愚かなモノであると分かっているハズなので、戦う選択を選んだPC数がある程度行けば何とかなるでしょう。
個人的にはこんな結末も悪くはない気がしますけど。



ま、結果を座して待つと致しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一難去ってまた一難。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる