刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS 天啓の幻。

<<   作成日時 : 2006/12/04 05:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いやまぁ現実なんですけども。五条です。今度は富ゲの話。と言っても無限メインですが。




●無限
今日(日付の上では昨日)はリアイベ「トロウル最終決戦」が行われていました。




レルヴァでの敗戦以来、同盟の最強の敵として立ちはだかり続けたトロウル。
その大王であり、今やピルグリムの力をも得たオグバーン。
先日のボルテリオン戦役によって疲弊した彼に今こそ引導を渡さん、という円卓表決により発動したのがこのリアイベ…のハズだったのですが。




色んな意味で展開巻き過ぎな気が。



いや、当初はオグバーンを倒して終わり、というイベントだった気がするのですが、何故か彼との戦いは前哨戦扱い。
その余勢を駆ってトロウル本国へ侵攻、あわよくば彼らのグリモアを奪い取ってしまおうという展開。
いくら何でも性急すぎやしないか、と思ったものですが。
しかも肝心のオグバーンには逃げられたし。



リプレイを読んでいると、どうもトロウルに手応えが無い。
今までのリアイベ等で見せていた圧倒的な力強さはどこへやら、次々に倒されていくトロウル達。
罠とかの変化に頼っていた感じで、何だからしくないなぁと。




しかし、聖域へ通じる最後の関門に至ったトコで、恐ろしいモノが出てきました。



キングスマインド。



かのエンプレスマインドと同型の超巨大兵器。
その力もほぼ同等らしく、拡散女神砲と同質の必殺兵器「拡散轟雷砲」にて第四砦に突撃したPCの8割近く(でしたっけ?)を重傷or死亡に追い込みました。



つーか何でこんなモン使えるんだよトロウル、というツッコミもそこそこに撤退。
結局、戦刃峡谷の半ばまでを占領した状態でイベントは終了。




しかし、その後のアルカナ嬢の話もまた驚くべきモノで。


曰く、現在トロウルの冒険者は200人くらいしか残ってないらしく。
よって、当分トロウルは同盟にとり脅威たりえない、との事。
因みに、キングスマインドは第四砦から動かせないらしいです。




…え?これで対トロウルほぼ終わり?


後はボルテリオンGGがオグバーンを追討するだけ、という雰囲気で。

背後に大神が控えていたりもして、あれだけ強大っぷりを見せた敵の最期にしてはあまりに呆気なさ過ぎる。
キングスマインドにしても、同盟冒険者の地力が上がっているコトを考えると、十全の状態から挑めば少なくともエンプレスマインドの時よりは楽に勝てそうですし。


…まぁ、背後に大神が控えている分、何が起こるか分からないので、今後の動向にも注意すべき相手ではあるのですが。





さて、その他ですが、久々に闘技場に参加するコトになりました。
今度は自PCで固めたチームではなく、他PLさん達のPCも交えた本来の参加スタイルです。

リーシュは自らリーダーとなって参戦。武人1・医術士3というやたら偏ったチーム編成ですが、まぁ武人の人は召喚獣持ちですし、万全の状態からなら慈悲の聖槍三連射とかできるので何とかならないでもなさそうです。
尚、参加に先立って武人の人から装備を頂きました。ありがとうございます。

ヤルダは最近入団した旅団から参戦。こっちは狂戦士・重騎士・紋章術士・邪竜導士という比較的バランスの良い編成です。不安があるとすれば、前衛のレベルが低いコトですが。
ヤルダのCPだと凌駕が活性化できないし…。



ともあれ、どこまで行けるか楽しみです。





●銀雨
特に大きな動きは無し。

ティルとニーナでそれぞれ依頼相談中。ニーナの方、班編成が最終的にどうなるかちょっと不安ですが…。




早く銀雨でもプール実装されませんかねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天啓の幻。 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる