刹那記 −命、萌え尽きるまで−

アクセスカウンタ

zoom RSS これが勝利の鍵だ!

<<   作成日時 : 2005/09/10 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昔、オタク文化は日本を救うんじゃないかと本気で思ってた五条です。主に景気回復。まぁ、アニメ業界に関しては製作スタッフの育成が急務らしいですけどねぇ。声優になりたいって人はよく見ますが、アニメ製作者になりたいって人はあまり見ませんし。さて、そんなところで今日の話題。




アニメバトン。




実は密かに回ってくるコトを楽しみにしていました。
deltaさんとAvalonさんから渡されましたので、早速答えてみたいと思います。



…しかし私、アニメって結構断片的にしか見ないコトが多いんですよ。
代表的な例がエヴァで、初めて見たのが最終話の一話前。さっぱり意味分かりませんでした。「何故殺した」って言われましても。誰が殺されたのかさえ知らなかったのに。
(A.カヲル君)
その後再放送で見る機会があったのですが、それが第壱拾六話(初号機がゼルエルを捕食する回。話数うろ覚え)。
面白いと言われる前半は一度も見たコト無いです。



まぁ前置きはこの辺にして、回答をば。


1.コンピュータに入ってるアニメファイルの容量は?
0。そもそもパソへの保存方法が分からないPC素人(ぉ)


2.今見ているアニメは?
今は毎回欠かさず見ているモノはないですね…。
見たいものと言えば、「神無月の巫女」。一番最初に見たシーンが、チャンネルを変えた瞬間に出てきた「ヒロイン二人のキスシーン(第一話のラスト)」。まさに衝撃の出会いでした。
以後5〜6話くらいまでは見ていたのですが、年末アルバイトをやっていた関係で見る暇が無くなり後半は分からず。ビデオ借りたい。


3.最後に買ったアニメ関係のものは?
友人から格安で売ってもらったシスプリ第一期のDVD…でしょうか。最近お金使うほどハマったアニメが無いので…。

4.よく見る、または特別な思い入れのある5つのアニメ

●少女革命ウテナ
新番組予告で見た印象は「何この一昔前の少女漫画(失礼)」でしたが、何度か見ているうちにそんな印象吹き飛びました。

全体を占める独特の雰囲気がもう…ハマりました。基本的に耽美で奇妙でシュール。
そして百合をはじめ背徳な雰囲気も仄かに香る。
劇場版、見たコトが無いので是非見てみたく。コミック版は読んだんですけどね。

あと音楽も印象的でしたね。特に、決闘シーンで流れる数々の合唱曲。
歌詞は限りなく意味不明に近いのですが、不思議と雰囲気には符号していてサントラ買うほど気に入ってしまいました。
ちなみに私、サントラ第三弾「体内時計都市オルロイ」に収録されている合唱曲はほぼ全部ソラで歌えます。


●北斗の拳
昔はよくシティーハンターと交互に再放送されていたので、その度見てました。ラオウが天に還るトコまでですが。(=第二部にあたる2は見ていない)
最近放送されないのは、やっぱり「あべし!」の映像がバイオレンス過ぎるからでしょうか。
いいんですけどねー、雑魚があーやって無残に爆ぜていく様。見ていて色んな意味で爽快なので
悪人は爽快にブチ倒し、強敵(とも)とは熱く拳で語り合う。格闘モノの基本と思います。

とりあえず、ジュウザ燃え。彼のような生き方には憧れます。


●瓶詰妖精
OP・EDの構成から声優を前面に押し出した意図は見え隠れするんですが、それを差し引いても面白いアニメだと私は思います。
とにかくほのぼのムード全開で、肩肘張らず安心して見ていられるのが良いところ。眠くなりかけの深夜4時、まったりしながら見ておりました。
15分で一話という構成で、4〜3月までの各月ごとに一話の全12話(実質6話)とちょっと話数に欠けていたところが残念。各月2話の全24話くらいは欲しかったなぁと。


●ギャラクシーエンジェル
アクエリアンエイジをやっていた関係上で知った作品。
原作はシリアスらしいんですが、アニメはほぼギャグ一辺倒。たまにシリアスな話が混じっても「どこでオチがつくかな」と思いながら見てしまうくらいギャグ率高め。シリアスな時は最後までシリアスなのでオチつきませんが。
毎回爆笑しながら見てました。最新シリーズは深夜放送だったので笑いをこらえながら。
あと、ヴァニラ&ノーマッドの言動に注目しながら見ていたコトが多かったように思います。ズレた言動+毒舌という組み合わせが楽しいので。
と言いますか、同じ声優さんが演じているとは思えない。

ブロッコリーの看板作品の一つだと思うので、新シリーズの放送を期待しているのですが…どうだろう。



●シスタープリンセス(・リピュア)
自分史上唯一最大のハマりっぷりを発揮した美少女モノ。
はっきり言ってアニメとしての評価は悪いんですが(特に作画の酷さ)、それでも作品そのものが好きなので許せてしまったり。結局、リピュアの第一話以外全部見ましたし。
でももうちょっと製作に金と力かけようよメ●ィアワー●ス。あずまんがぐらい。
とりあえず第一期の前半、航(主人公で兄)の逃げ腰っぷりにイライラしながら見ていた記憶があるんですが、冷静に考えてみると…




いきなり「自分の妹だと称する女の子」が1ダース現れたら逃げたくなるよなぁ、普通。
第一話時点での4人だけならともかく。


そういう気に全くならなかった当時の私は「勿体無い」と思っていたものです。若かった。

ただ、アニメの評価は悪いと申しましたが、リピュアの後半パートは前半パートと別のスタッフが製作していて、これだけなら比較的良いアニメです。
特に白雪メインの回は、何と言うか…不思議と切なくて。それでも兄への慕情冷めやらぬ白雪の姿がいじらしくて。


要するに、激萌え。


思わず「白雪萌えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」と叫びだしたくなる程に。

私の中ではあまり評価の高くなかった白雪が、一気にマイシスター候補に跳ね上がった瞬間でした。

とまぁ、アニメに限ればこんなところですが、ゲームなどに範囲を広げればその思い出は無数。
私の中ではかなり記念碑的な作品です。



……北斗以外美少女モノ(一つは少女漫画だけど)……私も随分昔から染まってたんだなぁ…。


5.次に回したい5人
欲しい方どうぞー(ぉ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが勝利の鍵だ! 刹那記 −命、萌え尽きるまで−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる